OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

映画プチ感想文

「不良番長・出たとこ勝負」 (公開日:1970/8/1〜)

 暴力団との抗争から東京を追われ磐梯熱海へやって来たカポネ団。おりしも来日したアメリカの大富豪ドックフェラー三世と谷(谷隼人)がソックリな事に目をつけ三世一行に成り済ましたカポネ団が温泉街で騒動を巻き起こす。その三世が犯罪心理学の大家(たいか)との噂を聞き込んだ警察署署長が谷を講師として招き、三世の心理学を応用した武道と柔道の達人である部下とを手合わせさせる。
 
 柔道の猛者にボコボコにされた谷が次に対戦させられたのが宮内洋扮する剣道の達人。黒い剣道着に茶髪が妙に似合う(^^;若手警官の宮内は面も着けずに真剣勝負。逃げる谷を追いかけ回し相手にされていないと勘違いして「おのれ〜」と唸っている姿はコミカル。ついに谷に重傷を負わせ試合は終了。
 
 全身包帯だらけの谷を前に「反省しろ」と署長に言われても全く反省の色ナシの二人。じっと谷を見つめるその表情はどうも三世を疑っているように見える(苦笑)。警官の制服が良く似合う宮内は壇俊介がスライド登板したようなイメージに仕上がっているが、そう言えばこのシーンはキイハンターチームの共演だった(笑)。


「ハイティーン・ブギ」 (公開日:1982/8/7〜)

 大手メーカーレーシングチーム監督・平山として登場。テストライダーに応募して来た重(田原俊彦)を鼻で笑い軽くあしらってしまう宮内の衣装は赤いシャツと白のパンツにサングラスの定番コスチューム。でもピンクのジャケットだけは絶対似合わない。


「夏の秘密」 (公開日:1982/9/18〜)

 アイドル系作品なので、はなっから期待していなかったのだが、主役はってるアイドル3人組「パンジー」の大根ぶりは期待以上(!)のモノ。アイドルやるくらいならもうちょっと芝居っ気があってもいいはずなのだが、台詞の棒読みは当たり前、感情の出ない表情とぎこちないボディランゲージはまるで小学生の学芸会。それでも主人公・佐和子を演じたパンジーの1人、北原佐和子は3人の中ではまだマシな方だった。
 
 大根の3人をカバーするためと言う訳じゃないだろうが、もったいないくらいの豪華俳優陣が脇を固めていて、若山富三郎、松尾嘉代、岡本富士太、丘みつ子、ビートたけし・・・ほんのワンシーンでも小林亜星、仲谷昇、橋爪功、などなど名前だけ聞くと「どんなサスペンスが!?」と期待させられてしまうキャスティング。そう、この作品はサスペンス、確かにそのはずだったのだが・・・。
 
 父は殺人犯人として射殺され生まれたばかりで母に捨てられた北原佐和子は、転校した先の高校で担任教師の殺人事件に巻き込まれ自らも何者かに狙われる。偽装自殺で姿を隠す佐和子と彼女を探すクラスメート。そして第2の殺人事件。そこには佐和子を捨てた母の暗い過去が隠されていた・・・。
 
 これだけ書くとサスペンスなのだが、実際は伏線が見え見えで作品前半から犯人はわかってしまうし、若山富三郎扮する元老刑事がひとりで謎解きしちゃうし・・・それもモノローグで説明させるという、一番やっちゃイケネイ手法使って(^^;
 
 じゃあ、肝心のパンジー3人娘は何やってるかってぇと、水着姿(スクール水着なのはご愛敬)で観客にサービス、サービス。事件がばれ半乱狂になった佐和子の実母(松尾嘉代)に追われて逃げ惑うくらいがせいぜいで・・・う〜ん・・・しょせんアイドル映画なんてこんなモノよね。あれから15年、彼女たちは今どうしているんだろう。私と同じくらいの歳だと思うんだが。
 
 宮内洋は刑事役として半袖のYシャツに半袖ジャケットのちょっと風見志郎風の衣装で登場。関係者の事情聴取には、あまり感情を出さず冷静なキャラクターとなっている。


 「誘拐報道」 (公開日:1982/9/25〜)

 A紙本署詰め新聞記者として事件に関し刑事部長に突っ込んだ質問をする。肩に羽織ったトレンチコートとボリボリと頭を掻く仕草が新聞記者そのものでなかなか良い雰囲気を醸し出している。


「制覇」 (公開日:1982/10/30〜)

 谷口組組長の長男・孝の友人吉田は詐欺師。突然現れ孝の妻冬子を騙し契約書(偽造)に無理矢理印鑑を押させ契約金を持ち逃げ(したらしい)。逮捕されたかどうかは定かではない。刑事役とも犯人役とも違う、とってもフツーっぽい宮内洋が見られる。


「大奥十八景」 (公開日:1986/6/14〜)

 一応「成人向」って事になっているが東映京都の制作なので描き方が綺麗だし表現もソフト。「最近の未成年はもっとスゴイの見てるよ」って程度。大奥が舞台なので登場するのは女、女、女ばっかり。男性諸氏には目の保養になるのでは・・・?
 
 そして宮内洋は12代将軍として即位後に江戸城入城のワンカットに出演している。台詞なし!


「首都消失」 (公開日:1987/1/17〜)

 関西放送の報道部員で常に報道部長(財津一郎)の後ろにいて目立たないが、よく見ると4回位衣裳替えしている。台詞は一言!

['99/10/22 up date]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事