OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

 どういう経緯かは不明だが、突然コウモリ男とショッカーの戦闘員(2名)が現れイベント会場は大混乱!(・・・の予定だったんだろうなあ(^^;)ステージに居たロボコンとロビーナちゃん、MCの悠乃さんを人質に高らかに勝利宣言をするコウモリ男。そこへ「待て待て〜!」の声。「風見志郎、見参!」の台詞と共に現れた宮内洋。両手を広げてゆっくり舞台のセンターを数歩進む、その姿はかなり早川健が入っている(苦笑)。戦闘員達との軽い立ち回りでは アクション自体はそれほど大きくないがまだまだ足が上がるのを見て感心(おいおい(^^;;)左手を下へ
向け右手を胸の斜め下に置く「風見志郎の構え」はやはりサマになる。
 
 さすがに悠乃さんは場面を心得たもので、サッ!と風見志郎の後ろへ回り込みタイミング良く舞台裏へ掃けるのだが やはり現役中学生アイドルのロビーナちゃんにはこの呼吸が難しかったらしい。「動くとロビーナの命はないぞ!」と言われて身動きの取れない風見志郎を容赦なく襲うコウモリ男。蹴られ殴られた勢いで横に転がりながらロビーナちゃんの側に行った風見は呆然と立ち尽くして見ているロビーナちゃんの腕を強引に引っ張り舞台裏へ。でも、この演出は私的にはNG。風見はロビーナちゃんを自分とコウモリ男の間を通して裏へ入れてしまったのだ。こういう場合、ヒーローの動作としてはヒロインをかばうように自分の後ろを通すのが普通だろう。それを考えると悠乃さんのように自発的に動いてくれるヒロインだとヒーローがカッコ良く見えるのだが(笑)。舞台は魔物だ。
 
 ヒロインたちを逃がしたものの(あれ?ロボコンはどうなったんだろう(^^;)追いつめられた風見はV3に変身!応援に駆け付けたライダー1号と共にショッカーと戦う!(でも、基本的にショッカーって1号の敵だったはずじゃ・・・史実曲げてるよ、このステージ(爆))ショッカーを追い払った1号と変身を解いた風見志郎がステージに戻って来る。「(ショッカーが)まだその辺りにいるかも知れません。1号!パトロール頼む!」風見ーーーっ!あんたはいつから先輩ライダーをアゴで使うようになってしまったんだ〜!(泣)
 
 ここでやっと「風見志郎」から「宮内洋」へと戻りトークショーが始まる。「キイハンター」でデビューした事、お子様番組専門でやって来た事、来春発売が決定した「ズバットメモリアル」の話、etc・・・これまでと大差ない内容だが本人はとても楽しそうで、寒いオヤジギャグも見ていて微笑ましくすらなってしまう(苦笑)。最も、太陽が照り付ける夏空の下のイベントであり、宮内本人も観客も暑さで相当ハイテンションになっていた可能性はあるが(爆)。

 ハイテンションな勢いで「斗え!仮面ライダーV3」を歌う宮内洋。マイクを持ちながらも右手のグローブをはずしている。2番、3番を歌いながら観客席を回り握手をするつもりだったらしいが時間の関係で1番だけでフェイドアウト(苦笑)。何とも尻切れトンボな「生歌」であったが、時間をフルに使って少しでもファンサービスをしようとする「気持ち」が実に良く現れたイベントだった。

['04/7/1 up date]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事