OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

第103話「ダイヤルMに呼ばれた男」 (放送日:1970/3/21)

 死刑執行まであと二十四時間 無実の暗殺犯を救出せよ!
 キイハンターの事務所にかかった密告の電話で、島と国際警察の壇は、平和運動の黒人指導者キングの暗殺犯人として早見秀治を捕え、獄におくった。早見は犯行を否認するが、揃った証拠のために死刑が確定。
 だが、島は、無実を叫ぶ彼の姿、揃いすぎた証拠、謎の密告者などから、無実では?と、不審をいだく。そこで壇を促して捜査を再開した。あすの朝には刑が執行される。残された二十四時間で黒白をつけなければならない。島は、早見の部屋にあったマッチをたよりに彼の出入りをしていたクラブへ。壇は、死刑のきめ手になった凶器のライフルを調べに武器保管へ飛んだ。すると、二人の前に、真犯人と名乗る男と無気味なスパイ組織が浮かび上がった・・・。
 [1970/3 週刊TVガイド]


第122話「殺し屋候補生 NO.1」 (放送日:1970/8/1)

 秘密結社の内幕を暴露した男 殺人シンジケートが死の報復
 黒々としたビルの窓を叩くかのように降りしきる雨。夜の路上にひっそりと駐車している一台の車。乗っているのは、混血のトムと殺し屋だ。二人は獲物を狙う狼のようにおし黙っていた。
 近くのビルの一室では特派員ドライザーが、精力的にタイプを叩いていた。二人が狙っているのは、ドライザーの命なのだ。ドライザーはこれまでマフィアを始め、あらゆる秘密結社の内幕を探り、暴露して来た男だった。
 そのドライザーが殺人シンジケートに狙われている。この情報をキャッチした小田桐と壇は、彼の部屋を訪れた。が、二人のすきをついてドライザーは殺害された。殺人シンジケートとの過酷な戦いが始まった。
 [1970/8 週刊TVガイド]


第134話「ピストル市場の女」 (放送日:1970/10/24)

 黒人殺しの罠にかかった壇 期日の二日間で必死の犯人追求
 国際警察にかかった電話で拳銃密売の摘発に出かけた壇。だが情報は真っ赤な嘘だった。壇は、そこで何者かに昏倒させられ、さらに軍用拳銃を盗みだした黒人兵殺しの犯人にされてしまう。誰れかが壇をおとし入れようとしているのだ。米軍犯罪調査委員会が壇を逮捕にくるのは二日後。それまでに真犯人と、姿を消した軍用拳銃の行方を捜さねばならない。
 小田桐、啓子、島ら国際警察は一丸となって犯人追求に乗りだす。調査の結果、壇を犯人に仕立てた男は光瀬という拳銃密売屋とわかる。だが鍵を握るその男も死んでしまった。まだ陰で糸を引く男がいたのだ。そしてその男の本当の目的は、意外や小田桐を殺すことだった。
 [1970/10 週刊TVガイド]


第135話「吸血昆虫島 上空異状あり」 (放送日:1970/10/31)

 伊豆七島に猛毒昆虫 調査に向かった壇
 伊豆七島の南東にある無人島で、猛毒を持った昆虫が発見された。国際警察の壇がただちにその調査に向かった。だが島に到着すると、セスナ機が正体不明のふたりの男に破壊される。壇は無線で SOSを発したが、ふたりに捕まり、毒虫が飼われてる洞くつに投げ込まれた。壇の救援のため、風間と微生物研究所長が島へ飛んだが、彼らの行く手にも恐るべき毒虫の触手が待ち受けていた。無人島を舞台に、猛毒を持った毒虫をめぐってくりひろげられるサスペンス編。
 [1970/11 週刊TVガイド]


第153話「走れ!爆弾自動車大追跡」 (放送日:1971/3/6)
 雪原を走るニトロ輸送車 千葉と宮内が雪上のアクション
 果てしなく続く雪原の中を、一台のトラックが走る。トラックに積んであるのは、泣く子もだまるニトログリセリン。運転するはキイハンターの風間(千葉真一)と国際警察の壇(宮内洋)である。
 なぜ、二人は危険を犯すのか--二十数年前、日本とドイツ軍が共同開発した殺人凶器ゲルマン砲を、秘密に製造している組織があった。
 組織はある化学工場から、ゲルマン砲に必要なニトログリセリンとその専用輸送車を奪った。
 風間と壇は敵のアジトをつきとめるため、ニトロ輸送車の専門運転手を装っていた。
 千葉、谷に続くアクションスターとして売り出し中の宮内洋が、華麗なアクションを披露する。
 [1971/3 週刊TVガイド]


第170話「早撃ち拳銃王はげ鷹登場」 (放送日:1971/7/3)

 吹雪をとらえる狙撃銃の照準 ◇世界的殺し屋が日本に上陸◇
 島と壇は、東側随一のピアニスト・イワノーフを中立国に亡命させるため、その保護にあたった。
 だが、これを阻止しようとする秘密警察デミトリヒは、暗殺組織の男・北見を雇いイワノーフ暗殺を計った。北見は配下の草柳と黒崎に暗殺を命じたが、島たちの強固な護衛の前に失敗してしまう。
 困った北見は、世界の要人をその手で殺した名うての狙撃者・マリオを日本へ呼び寄せた。
 一方、FBI時代 にマリオを追ったことがある吹雪は、テレビの修理工に変装してマリオの家に潜入。だが、そこにはすでに北見たちが踏み込んでおり、さらにマリオの狙撃銃の照準はピッタリ吹雪をとらえていた。
 [1971/3 週刊TVガイド]


第202話「サイコロ Gメン 御用旅」 (放送日:1972/2/12)

 総長の座めぐる争い 壇が暴力団撲滅作戦
 キイハンターの壇(宮内洋)は竜神一家の総長・郷田(小林重四郎)の暗殺未遂事件をきっかけに、日本暴力団を牛耳る竜神一家撲滅作戦に乗り出した。
 壇は郷田が胴元になって開かれる花会に乗じて、竜神一家に潜入を企てた。だが、殺し屋と間違えられて監禁されてしまった。竜神一家には、跡目問題が持ち上がっており、総長の息子・昇(橋爪功)が本命と目されていた。しかし総長の愛人・千鶴(弓恵子)や代貸しの久松(宮口二朗)も、それぞれ総長の座を狙っていた。一方、監禁されていた壇は千鶴に助けられた。その矢先、昇が何者かに殺され、壇は犯人にされそうになったが、三吉(千波丈太郎)と名乗る男に助けられた。そしてもうひとり、跡目を狙う男が現われた。
 [1972/5 週刊TVガイド]


第215話「真夜中のキッスは殺しの招待状」 (放送日:1972/5/13)

 神聖なる病院で麻薬取り引き ◇密輸組織に潜入のキイハンター◇
 麻薬捜査官が病院で謎の死をとげた。壇(宮内洋)がインターンに、ユミ(大川栄子)が看護婦に化けて潜入。島(谷隼人)は、患者となって送り込まれた。ところが、婦長(瞳麗子)と看護婦の加代子(三条泰子)に見破られ、島は毒薬を注射されてしまった。ユミは島のゆくえを捜しているとき、偶然麻薬が取り引きされる日付と場所を知った。それは、病院を舞台とした香港の麻薬王・李慶順らの組織だった。黒木(丹波哲郎)と風間(千葉真一)は、李の運転手となって組織に潜入した。
 [1972/5 週刊TVガイド]


第216話「ギャーッ!女だけを殺す病院」 (放送日:1972/5/20)

 相次ぐ女性患者の自殺事件 ◇啓子は患者に化けて病院に潜入◇
 病院で女の入院患者が続けて飛び下り自殺。真相究明の依頼をうけた国際警察では、啓子(野際陽子)を患者にしたてて病院に送り込んだ。滝(沖雅也)と壇(宮内洋)は消防署員に変装、部屋に非常ベルと赤外線カメラをとりつけた。
 啓子は、少し頭の弱いユカ(青柳三枝子)と同室になったが、ユカは啓子に殺人が行われると不吉な予言。
 啓子は、ユカに目ぼしをつけて尾行。ところが、なんとユカは霊安室で、医師・不破(佐々木功)と逢いびきをしていたのだ。
 [1972/5 週刊TVガイド]


第224話「デスマスクを愛した私」 (放送日:1972/7/15)

 麻薬密輸めぐる殺人 大使館に潜入の風間
 モニカ共和国から麻薬密輸ルートを追って日本にもぐり込んだ女が、ナイトクラブの楽屋で殺された。犯人は、金粉の踊り子だった。踊り子は白い車に飛び乗り、オートバイで追跡する壇をふり切るようにモニカ共和国大使館に入っていった。
 翌日、昨夜の車が大使夫人の律子を乗せて門から出てきた。再び壇の追跡が始まる。そのころ電気の工事人夫に変装した風間が大使館に盗聴装置を取り付けていた。そこへバニーガールのマリがたずねて来た。彼女は大使のラムをゆすりに来たのだ。ラムは彼女ともつれあっている間に、ナイフでマリを殺してしまう。ラムは、死体をトランクにつめ崖から捨てた。警察はこの死体を大使の妻・律子と間違える。しかし、国際警察は指紋が違うのを発見した。
 [1972/7 週刊TVガイド]

第225話「大空のギャング 現金強奪作戦」 (放送日:1972/7/22)

 ハイジャック犯追う風間たち 原生林舞台に五十万ドル争奪戦
 ”ほらふきトム”と異名をとる黒人兵が、軍用輸送機をハイジャック。五十万ドルを強奪後、パラシュートで大雪山に降下した。キイハンターの壇と風間は、現場に急行し五十万ドルを護衛していたジョージと会った。権力欲にとりつかれているジョージは、トムの行動に激しい憎悪を燃やした。そして、トムと関係があるとみられる麻耶(弓恵子)が、ホテルに現われたのを見て、風間たちはトムがまだ山中にいるとにらむ。
 パラシュートを見つけて間もなく、二人は原生林の中でトムの悲鳴を聞いた。トムは、金をねらう三鬼(木村元)と尾形(安岡力也)につかまり、木につるされていた。トムを助け出したものの、彼は記憶を喪失していた。
 [1972/7 週刊TVガイド]
['04/8/12 up date]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事