OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

【 作品データ 】
原作/富田常雄 監督/岡本喜八 脚本/隆巴、岡本喜八 音楽/佐藤勝 出演/三浦友和、秋吉久美子、仲代達矢、中村敦夫、田中邦衛、森繁久彌、丹波哲郎、若山富三郎、芦田伸介、他 制作/東宝

【 STORY 】
 柔道に天才的な力を持つ姿三四郎は文明開化に沸く東京へ柔道の修行にやって来る。より強い師を探し様々な道場を渡り歩くうちにひょんな事から知り合った矢野正五郎の門下生となった三四郎。必殺技「山嵐」を編み出し次々と挑戦者を打ち破って行く三四郎の前に最後の強敵・檜垣三兄弟が立ちはだかる。

【 檜垣源三郎 】
 檜垣三兄弟の末っ子で山深い小屋で空手の修行をしながら次男(矢吹二朗、その前の芸名は千葉治郎、言わずと知れたFBI捜査官の滝和也)と暮らしていたが精神薄弱で自らの感情制御が出来ないため興奮すると暴れ出し始末に負えない。ちなみに長男は中村”木枯し紋次郎”敦夫。すげーメチャメチャ似てない濃過ぎのキャスティング(爆)。
 
 姿三四郎(デビュー3年目の三浦友和)との果たし合いに負け腑抜けになった長兄・源之助に業を煮やした次男・鉄心は源三郎を連れて三四郎の道場へ決闘の申し込みに行く。鉄心が師範矢野正五郎(仲代達矢)と話している間中、座敷の隅でじっとうずくまる源三郎。膝をかかえた体育座りで目だけが周囲の「大人たち」の動きを追う。源三郎は言葉を理解しないようだがその分周囲の人間の「感情」に敏感で、特に鉄心の感情に同調するため激高しやすい鉄心につられて興奮し発作が起こるらしかった。
 
 矢野に決闘を断られた二人。だが大人しく帰る兄弟ではなかった。道場の壁を蹴破り屋根の上から道場を逆さに覗き込むと三四郎に果たし状を投げつけ二人揃って屋根から飛び降り去って行く。千葉真一の実弟でアクションには定評がある矢吹二朗。深夜の竹薮で兄弟が暴れるシーンは矢吹のJAC仕込みの高さのあるアクションと宮内の前後左右の動きとが見事に融合し躍動感がある。二人のアクションを同じ画面に入れ込んで見せるなんて、何て贅沢な演出!
 
 決闘の日。渓谷で三四郎を待つ兄弟。徐々に高まる緊張感。霧の中、雄叫びを上げながら暴れる源三郎。彼にとってそれは「一人遊び」なのだろう。檜垣流空手の使い手なので暴れ方にもきちんとがあってカッコイイ(笑)。だが遊んでいるうちに興奮するのは子供の特徴。いつもの発作が起こり鉄心に掴みかかる。鉄心に後ろから羽交い締めにされたまま地面に押し倒され抱き合って転がる二人。本能の命ずるままに誰彼構わず攻撃する源三郎だから鉄心もたまったモンじゃない。弟と言えど本気でやらねば押さえが利かないのだ。
 
 発作の後には必ず虚脱状態に陥る源三郎は山小屋に帰されるが、小屋の中から三四郎が必殺技「山嵐」で兄を投げ飛ばす様子を恐怖にこわばった表情で見つめる。本能的に三四郎の凄さを感じ取ったのだ。気絶した鉄心を抱え山小屋に入って来た三四郎を暗闇の中でうずくまったままじっと見つめる源三郎。鉄心の看護をし食事の用意をする三四郎の一挙手一投足を瞬きもせずにじっと追いかける。その時、源三郎は一体何を感じていたのだろうか。
 
 深夜、三四郎が寝静まった頃、それまで微動だにしなかった源三郎が動き出す。ミサンガのようにいつも右腕にはめていた数珠、その紫色の房をカツッと噛み切ると唇の端にくわえたままゆっくりと左腕を伸ばす。その手の先には斧。乱れた前髪、白い顔、まるで花でもくわえているかのように房を噛んだままの赤い唇、獲物を狙う獣の目で三四郎に近づく。そして斧を振り上げた瞬間、三四郎がかすかに微笑んだ。その寝顔を見た源三郎は振り上げた斧を降ろせなかった。
 夜明けの光に目覚めた三四郎は昨夜と違う雰囲気を感じる。自分が作り置いてあったおかゆを源三郎が美味そうに食べていたのだ。椀を抱え握り箸(手をグーの形に握った箸の持ち方)でおかゆをかき込む源三郎を見つめる三四郎。その視線に気が付ききょとんとした表情の源三郎はすっかり警戒心が消え幼子のようでとても可愛い。意識を回復した鉄心も三四郎への敵意が消えていた。柔術と空手を「人を殺める術」として精進していた檜垣兄弟に全身全霊で「人の道」を説いた三四郎の勝利だった。
 
 宮内洋が狂人の若者を好演。紫と黄色の格子柄の羽織りもインパクト強いが茶髪ロン毛の前髪の隙間から光る目の凄みが他を圧倒している。大袈裟な程に白い顔、眉はほとんど消えていて見えない状態で(ドーランを厚く塗って潰したと思われる)「唸る」「叫ぶ」「掴みかかる」など原始的な方法でしか自分の感情を表現出来ない、相当アブナイ系キャラ。台詞が全くないだけに全てをボディランゲージで表現しなければならないが、極端な演技をさせると輝き出すのが宮内洋の特徴。強迫観念にとり憑かれたやや自閉症気味の源三郎を見事に演じ切っている。必見

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事