OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

【 作品データ 】
原案/神宮寺八郎 監督/福田純 脚本/中西隆三、永原秀一 音楽/津島利章 出演/森田健作、池部良、沖雅也、浅野ゆう子、宮内洋、平田昭彦、他 制作/東宝

【 STORY 】
 1988年秋、地球全土がナゾのUFOの攻撃をうけていた。国連宇宙局は3年前に製造を中止していた宇宙防衛艦「轟天(ごうてん)」を完成させ敵の前線基地がある金星へと向かわせる。そこで銀河帝国と名乗る宇宙人と遭遇、地球の存続を巡って激しい攻防戦が始まった。

【 国防軍空挺隊員 冬木和夫 】
 轟天乗組員のなかでは、三好(森田健作)、室井(沖雅也)に次ぐナンバー3だが擬闘のへったくそな森田健作をカバーするためだけのキャラクターのような気がする。その証拠に敵艦に潜入し冬木が撃たれ死んでしまうと三好はほとんど無抵抗で捕まり、戦闘なしで敵艦を脱出するというムチャクチャさ(なにしろ敵の宇宙人さんは天下のジャパン・アクション・クラブですからね、森田健作では手も足も出ないでしょう)。そのせいか宮内洋本来の芝居が全く出来ていない。台詞が少ないせいもあるのだが ナンバー3ということでかなり引き立て役に回ってしまったようだ。
 
 最も主役のはずの森田健作もミスキャスト。難しい事を考えてのしかめっ面は似合わないし持ち味の「青春!」が完全に殺されている。自分の個性を生かしていたのが沖雅也。浅野ゆう子はほとんどお飾り。しかも敵の手に落ちたジュン(浅野ゆう子)はなぜか黒のボンテージファッションに身を包み作品の花としての役割りを充分果たしていた(それにしても宇宙服の下にエナメルのボディスーツとは当時としては随分大胆な設定だったんだなあ)。
 
 しかし、なんというか、ほとんど「宇宙戦艦ヤマト」の世界。ストーリーの骨子はパクッたとしか思えないし、特に轟天の艦橋で小さくなって行く地球を見ながらそれぞれに想いをはせているシーンなんて、もろに「ヤマト」の第一艦橋をほうふつさせられてしまった。おまけに艦内服が黄色と黒のコンビで、ウーン、どっかで見たような・・・白×赤のスーツじゃなくて良かったというべきか(もの凄い余談だが、OZは「ヤマト」のファンクラブに入っていたことがある)。
 
 で、やっぱり宮内洋の艦内服は似合わない。もともとシルエットが出る衣裳は駄目だと思っていたがこれで確信してしまった。宮内洋は宇宙モノが合わない!やっぱりイメージなんだろうなあ。一度似合わないと思ってしまうと何見ても納得出来ない。おまけにどうも冬木というキャラクターの設定が曖昧のようで扱いが雑だ。敵艦に潜入して撃たれたシーンに至っては「ここで撃たれるな」と解ってしまう。何故か?宮内のコスチュームの弾着が透けて見えていたのである!ここまで行くともう笑ってしまうしかない。
 
 設定もメチャメチャおおざっぱ。轟天の設計者である滝川(池部良)をそのまま艦長として轟天に乗せてしまったり(戦闘指揮がとれるのかあ!?)、宇宙空間での実戦は初めてなのにミサイルは百発百中!だったり、凄すぎる。そしてラストが読めてしまうストーリー展開。きっと三好とジュンは生き残るんだろうなあと思っていたら案の状、冬木とジュンの婚約者である室井は殺られてしまうし(ジュンは三好が好きだったのだがフラれて室井に乗り換えた、という伏線アリ)、滝川艦長をひとり敵艦に突っ込ませ更にモノローグで説明させて大団円に持って行ってしまう、ゴーインかつ御都合主義のエンディングには流石B級映画!としか言えない。
 
 噂によると「スターウォーズ」に触発された東宝が、「スターウォーズ」日本公開が1年ズレたのをいい事に急遽作り上げた作品だという。それが作品全体に漂っているアバウトさの原因なんだろうなあ。一体何ヶ月で撮ったシャシンなんだか・・・。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事