OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

【 作品データ 】
放映/フジテレビ系 金曜午後8時〜11時 原作/松本清張 監督/児玉進 脚本/古田求 音楽/津島利章 出演/松平健、古手川祐子、丹波哲郎、中村敦夫、風祭ゆき、他 制作/霧プロダクション、国際放映、テレビ西日本、フジテレビ
 
【 STORY 】
 自分の上役と妻の不義を知った下級武士・恵之助は上役を斬り妻を廃坑に突き落とした。旅の途中で知り合った公儀の表御坊主頭・北条宗全の計らいで旗本株を買った恵之助は郡代手付として前任者の死の謎を解明し、隠し金山を発見する密命を帯びて西国郡代へ向かう。だがそこは、良質の金山を隠し持ち江戸にまで金を売りさばいて富を得ている腐敗しきった代官所だった。
 
【 西国郡代扶持方手付 向井平三郎 】
 金の採掘や殺人など裏の仕事を一手に引き受けている山伏の頭・秀観(苅谷俊介)と直接交渉しているのが扶持方手付向井平三郎。凍り付いた表情で伏し目がちに鋭い目つきで恵之助をねめつけ、まばたきひとつしない人形のような顔は、自らは手を汚す事なく甘い汁を吸っている、一見すると一番の悪代官に見える。
 
 悪代官が女に手が早いのは時代劇のお約束(えっ?)。ご多分に洩れず、向井も江戸から恵之助(松平健)を追って来た芸者のおえん(古手川祐子)を湯山で見初め、よりによって水場で迫る。最初は優しく口説くのだが受け入れてもらえず(そりゃそうだ(^^;)強引に迫るが、それを秀観に見つかって笑われ、おえんには逃げられて踏んだり蹴ったり。いくら何でもそりゃあ場所が悪すぎるって秀観じゃなくてもツッ込むだろ。ってゆーか、本当に手を出す気なら自分の部屋の前の廊下で待ち伏せするとかだろ、普通(^^;イイオトコも台無しですなぁ(苦笑)。
 
 だが、その湯山の宿は秀観一味によって火が放たれてしまう。詰問する向井に、これは恵之助をおびき出す芝居だとうそぶく秀観。宿泊しているおえんの身に危険が迫っている事を察知した向井は、猛然と焼け落ちる炎の中へと飛び込んで行く。そんなにおえんが好きだったのかと一瞬勘ぐったが(^^;どうやらそれだけではないようだ。向井は秀観に、恵之助の事は自分に任せろと言い渡してあったにも関わらず火事騒ぎを起こしておびき出そうとした、その事に腹を立てたようにも見える。もしかしたら向井は、恵之助に対して警戒しつつも別の思いが生まれていたのだろうか。つまり、それまでの密使のように、不正を知られたら口を封じてしまうのではなく、別の利用方法を模索していたのだとしたら。秀観の勝手な行動は向井を怒らせるに充分だったろう。

 この火事のシーンは、猛火に包まれた大柱が倒れ落ちて来たりしてなかなか見応えがあるのだが、それ以上にそれまでは悪役の顔だった宮内洋が、全身に水をかぶり猛火をものともせずおえんを探し回る場面ではすっかりヒーローの表情になってしまうのが一番の見所だろう(笑)。何故急に寝返ったのかその心理はなはだ理解に苦しむが、それと切り離して観ればこれはこれでなかなかカッコいい。最も、頭上から次々と崩れ落ちて来る炎を刀を振り回して避けるシーンなどは「もしやご乱心?」と思ったりもしたが(苦笑)。
 
 この火事で火傷を負い(あの大火事でも死ななかったのか、さすがは(以下略))隠し金山の坑道に放り込まれた向井は、自分が騙され利用されていただけだったと気付く。本当の黒幕は自分よりも格下の地方手代、生き字引と呼ばれている冴えない浜島だったと。恐らくは全身に大火傷を負っているであろう向井は己の命がいくばくもない事を悟り、自力で坑道を脱出すると秀観を刺し浜島に斬られながらもその刀を奪い道連れにする。最後の姿は髷がほどけてザンバラになった髪、火傷を負った顔は四谷怪談のお岩さんのように崩れ、焼かれてボロボロになった着物は凄まじい怨念を感じさせ、夢に出て来るんじゃないかと思うほど気色悪い。だが。
 

 それほど醜く変わり果てた姿であるにも関わらず、驚くほど綺麗なのだ。特に坑道の中で力なく横たわるシーンは光と影のコントラストがその顔立ちをくっきりと際立たせ、切れ長の目にブルーのアイシャドウが映えて本当に美しい。亡霊のようになりながらもそれすら美しく見せてしまう、これぞまさしくヤラレの極地、宮内洋の本領発揮という処だろう。こんなに綺麗ならいくらでも夢に出て来て欲しいくらいだ(^^;


['04/8/3 up date]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事