OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

【 作品データ 】
放映/日本テレビ系 火曜午後9時〜11時 監督/柴田敏行 脚本/渡辺善則 音楽/福井崚 出演/西村晃、安永亜衣、竹内力、江見俊太郎、小林昭二、宮内洋、他    制作/日本テレビ

【 STORY 】
 孫娘夫婦と同居している大竹栄吉は定年退職した元刑事。ゲートボール仲間の産婦人科医師が殺され現役刑事である孫婿が捜査にあたるが、その手法に疑問を持った大竹は孫娘や仲間たちの協力を得ながら独自で捜査を始める。その結果いつも温和だった医師の意外な一面と、仲間たちの過去そして心の闇を知る事となる。

【 武蔵野警察警部補 如月一馬 】
 捜査一課係長。だが作品中では如月より上の人物は登場しないので、実質的には捜査の陣頭指揮を取っているものと思われるが、常に部下の倉島(大竹の孫婿:竹内力)を従えて聞き込みや事情聴取をしたりしてる処を見ると、どうも自分が先頭切って出張って行くタイプのようだ。まるで誰かさんみたい(^^;おまけにこの二人、並べるとどうも「刑事」よりも「極道」のイメージが(爆)。
 
 ゲートボール仲間としてトクさんこと小林”おやっさん”昭二が登場。万引き癖があり産婦人科医が殺される直前に喧嘩している事から最初の容疑者として挙げられる。トクに疑いの眼差しを向ける如月警部補に思わず「おやっさんをねめつけるなよ〜っ!」とツッコんでしまったのは私だけではないだろう(苦笑)。ドラマとは言え、こういう対決はあまり見たくない。だって、どうしたって「風見志郎と立花のおやっさん」の「顔」なんだもの、見ていて辛くなる(ま、それ言ったら「風見志郎と本郷猛の対決」なんか何度見せられているか分からないが(^^;)。
 
 相手を説得するかのように、そして自らに確認するかのように台詞のひと言ひと言をゆっくりとマイペースでしゃべる宮内洋。自らの捜査方針に自信たっぷりで常に優位に立っているその表情はひやりとする程冷たい。口元に微笑を浮かべていても目が笑わないのだ。警察OBと言うだけで捜査に口出しをし、更には現役時代のツテを頼って捜査の先回りをする大竹(西村晃)に苛立ちながらも冷静に対応する如月警部補。最も「いちいちうるせーな、このクソジジイ!」って感情がモロ態度に出ていたが(爆)。
 
 それでも大竹の推理と現場の科学捜査の結果が一致し始めた事で少しずつ大竹に警戒心を緩めて行く如月は、自分の部下である倉島が大竹の孫と知り大竹に情報交換を持ち掛ける。大竹が自らの友人関係から導き出した推理は地に足が着いた確実なものである事に気が付いたのだ。しかし内心じくじたる思いがあったのだろう。大竹邸での捜査会議の最中、如月の強引な捜査を咎めた大竹に、それまでの軽い微笑が消え「キレイ事は言わんで下さいよ。あなただって昔はこれくらいやったはずだ」と決め付ける如月。突然声のトーンが変りドスが効いていて、だからそれじゃあ完璧に「極道」なんだってば(苦笑)。
 
 そんな如月に対しやりきれない思いの大竹は庭に出て愛犬の「警部」を呼ぶ。「警部、来い!」それを聞いた如月は自分を呼び付けられたと勘違いしソファーからすっくと立ち上がるときっぱり宣言する。「私はまだ警部補ですっ!」・・・そんな事で威張るなよ(自爆)。「・・・犬の名前だ」と大竹に返されちょっとバツの悪そうなしかめっ面が「可愛いっ!」と評判のシーンだが、私にはこの場面の必要性が理解出来ない。機械的に捜査を進める如月の人間的な部分を見せたかったのかも知れないが、ここでトコトン大竹に反発していた方がクライマックスで事件の全貌が明らかになった時に如月が見せた「大先輩への尊敬の念」がより一層強調されたのではないだろうか。
 
 他の作品に比べて宮内洋の出番は相当多い。だが出番が多けりゃ良いってモンじゃない。キャラクターの作り方が何ともつまらない。宮内の芝居が型にはまり過ぎていて何も特筆すべき事がないのだ。主人公の大竹が時代劇のヒーロー水戸”西村晃”黄門さまだからって訳ではないだろうが(笑)殺人事件を題材にしている割には全体的にぼのぼのした雰囲気の作品なので、突出した芝居がし難い側面もあっただろうし、いかな宮内でも黄門さまの前でヒーローは張れないだろうが(苦笑)もう少し宮内らしい個性的な芝居が観たかった。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事