OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

【 作品データ 】
放映/テレビ朝日系 1977/4/6〜1987/3/26 木曜午後9時〜10時 全508回 監督/辻理、天野利彦、他 脚本/佐藤五月、長坂秀佳、藤井邦夫、野田幸男、他 音楽/木下忠司 出演/二谷英明、藤岡弘、本郷功次郎、渡辺篤史、横光克彦、夏夕介、三ツ木清隆、関谷ますみ、他 制作/テレビ朝日、東映

【 STORY 】
  年老いた売春婦の花代が殺された。だが所轄の刑事たちは他の事件にかかりきりで捜査は一向に進まない。かねてより花代を気にかけていた特命課刑事時田は花代殺しの犯人を挙げようと孤軍奮闘、花代が同業のユリと間違われ身代わりとなって殺された事に気付く。やがて容疑者としてユリと関係のあった産業省高官が浮かぶ。

【 産業省総務局渉外部長 瀬川邦彦 】
 39歳と言う若さでありながら中小企業局局次長から産業省の中でもエリート集団の総務局部長に昇進を果たし次期局長の最有力候補と噂されるヤリ手で「この私がいなければ日本は困る」とまで言い切ってしまう超自信過剰なキャラクター。
 
 しかしそんなエリートにも「弱さ」は存在する。いつも肩肘張っているのに疲れたのだろうか、行きずりの若い娼婦を買ってしまった瀬川は同じ局長候補のライバルである吉村部長にスキャンダルを脅迫される。ライバルを蹴落とすにはスキャンダルが一番手っ取り早い。吉村部長は瀬川の弱みを握るために瀬川の身辺を探っていたのだ。でも自分の身辺を嗅ぎ回っているライバルの存在を知っていながら女とホテルに入っちゃう瀬川ってやっぱりどこか抜けている。大事な時期なんだからお遊びはやめて身辺をキレイにしておくのが普通だと思うんだが・・・。
 
 吉村部長に脅かされた瀬川はスキャンダルを糾弾されポストを追われる恐怖から吉村部長を線路に突き落とし自殺と見せかけて殺害する。そして次なるターゲットは一夜を共にした女・ユリの口封じだった。ユリの行き付けのスナックで住所を聞き出した瀬川は深夜ユリの住む部屋へと忍び込む。だがそこにいたのはユリの知り合いで偶然転がり込んでいた老娼婦の花代だった。暗闇の中、間違って花代を手にかけてしまった瀬川は相当慌てただろう。だがそこは偏った選民意識の持ち主。「この私がいなければ日本は困る。その私の価値に比べればたかが売春婦の一人や二人・・・」と自分を正当化し、やがて特命刑事たちの捜査網が自分の身辺に及ぶや産業省を通じて警視庁刑事部長に圧力をかける。
 
 キャラクター的には「迷宮課刑事おみやさん」に登場した倉本捜査次官にかなり似た作り方をしているが、自分の存在価値を日本の利益としてブチ挙げてしまうあたりは倉本以上の自信過剰さ。アリバイを崩され時田刑事(渡辺篤史)に理詰めで自供を迫られても尚薄笑いを浮かべ「君たちはとんでもない間違いをしている。私を刑罰にかけようとする間違いだよ」と開き直るあたりは相当なものだ。ふてぶてしいにも程がある。だが宮内洋が言うと妙に説得力があるから不思議だ。どんなドラマであれ宮内洋の個性が最大限に発揮されるのは「俺人(おれじん)」的なキャラクターなのだ。

  地道な努力で証拠を集め瀬川の逮捕まで漕ぎ着けたのは時田刑事だが、現場からの叩き上げ刑事(デカ)とエリートコースに乗っかりいつの間にか人間としての心を忘れた者とでは同じ場面に居ても全く噛み合わない。「住む世界が違う」とでも言うのか。だが米国帰りのエリート刑事桜井(藤岡弘)と並ぶと「同じ土俵に立っている」感がありどちらも絶対に引かない存在感があるから不思議だ。瀬川を逮捕に来た桜井との無言の対峙は奇妙な迫力がある。これはもうすでにキャラクターの域を越えた役者同士の存在感かも知れない。
 
 己の立場を死守する事しか頭になかった瀬川は殺人を犯した後に捕まる事や受刑する事など考えもしなかったのだろう。だから吉村部長と花代殺しを自供するとそれまでのエリート然とした仮面がはがれ生身の人間としての感情が現れて「私は死刑に・・・?」と泣き崩れる。エリートの座を守る事よりも「人間」として生きる事の方が大事なのだと気付いた時にはもう遅かったのだ。
 
 凄まじいまでの自信過剰さと一旦それが崩れた後の人間の弱さ、プライドの高さは弱い心をプロテクトしているにすぎずそれが壊れた時の人間の変化、そういった部分の表現はやはり宮内洋は上手い。徐々に変わって行く表情、次第にむき出しになって行く感情、それらの変化が実に良く伝わって来る。ドラマと言うのはともすれば「あれ?どうして急に心変りしたの?」と思えるような場合も多いものだが宮内の芝居にそう言う部分は感じられない。演技のつなぎ方が上手いのだろう。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事