OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

「仮面ライダーV3」

【 作品データ 】
放映/毎日放送・NET系 1973/2/17〜1974/2/9 土曜午後7時30分〜8時 全52回 原作/石森章太郎 監督/山田稔、奥中惇夫、田口勝彦、折田至、内田一作、他 脚本/伊上勝、鈴木生朗、島田真之、内藤まこと、佐伯俊道、海堂肇、長石多可男、平山公夫、滝沢真里、他 音楽/菊池俊輔 出演/宮内洋、小林昭二、小野ひずる、山口暁、千波丈太郎、中村文弥、川口英樹、他 制作/東映
 
【 STORY 】
 本郷猛の後輩である風見志郎は、新たな秘密組織デストロンの活動を目撃した珠純子を助けたために両親と妹をデストロン怪人に殺されてしまう。復讐に燃える志郎は単身デストロン基地に潜入、本郷と一文字隼人がダブルライダーの正体だったことを知るが、罠に落ちた二人をかばい瀕死の重傷を負う。志郎を救うため、ダブルライダーは改造手術を施しその長所を併せ持った第3の仮面ライダーを生み出した。ダブルライダーはV3に後を託すと原爆内蔵のカメバズーカを抱えて水平線に消え、V3とデストロンの闘いの日々が始まった。

【 仮面ライダーV3/風見志郎 】
 宮内洋の特撮デビュー作、そして彼の俳優人生を決定づけた作品である。宮内を子供たちのアイドルにしメジャーな存在にしたという意義は大きいが、よく考えると主役をはったのは「V3」と「ズバット」の2作のみ。ヒーロー役者という知名度が一人歩きしてしまった感があり、そのイメージが強すぎたのかイメージを壊せなかったのか、どちらにしても特撮番組以外で宮内が突出できなかったのは事実である。「ヒーロー大成せず」を地で行ってしまった俳優、というより宮内がそのジンクスを作ったとまで言われるが、彼の芝居は決して子供だましではない。反ってその表現力が豊か過ぎ個性が強すぎるゆえに一般のドラマでは受け入れにくかったのかも知れない。
 
 V3は正統派のヒーローである。クセがなく真っ直ぐなので感情移入しやすい。宮内自身も「キイハンター」と収録が重なっていた期間があり、正統派の演技で真正面から役に取り組んでいる。が、中盤四国ロケの頃から芸風に変化が現れはじめ、彼の個性である「キザなカッコよさ」が演技に出始める。それはまるで宮内本人の役者としての自信と風見志郎がV3として闘って行く自信が表裏一体となって体現化されたかのようである。

 宮内洋は生活感のない俳優で彼の演じたヒーローには家庭が無い(というか描写が無い)が唯一家族の居たヒーローが風見志郎である。物語の立ち上がりで両親と妹が殺されてからもその描写は度々登場する。第50話「小さな友情」では、ハーモニカを吹く孤児院の少年と知り合い「埴生の宿」吹ける?と聞かれハーモニカを吹く志郎。その脳裏を妹・雪子との楽しかった思い出がよぎる・・・という場面がある。とっても感動的なのにその回想シーンでの志郎の学生服にはひっくり返った。似合わないんだ、これが。それに親を失った子供が親との思い出として「埴生の宿」を覚えているってスゴイよね。確かに当時は音楽の時間とかに習う曲だったけど。
 
 そして第1話V3初登場のシーン。カメバズーカの背中の大砲がダブルライダーを狙う、とその時「待てっ!」の声と共に現れるV3。「成功したぞ」とうなずき合うダブルライダー。だが威勢のいいその声とは裏腹にV3のキメポーズがどうもバランスが悪い。ちょっと腰が引けていてオドオドしている様にも見える。それはまるで変身はしてみたものの「どうしよう」と困っている風だ。事実、この後V3こと風見志郎は自分の技量が全く分からず(第一、改造手術をしてくれたダブルライダーはたいした説明もせず日本を離れてしまうのだから当然だが)悩みながら自分に隠された26の秘密を闘いの中で解き明かして行く。そこに立花のおやっさんとの特訓が絡むと・・・うーん、これはもう完璧にスポ根の世界だ。
 
 だが、そのおやっさんこと小林昭二も今はもういない。ライダーマン/結城丈二の山口暁も10年ほど前に他界したという。頼りのおやっさんと同志のライダーマンに逝かれてしまった風見志郎。ヒーローは孤独だ。
['97/2/4 up date]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事