OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

【 作品データ 】
放映/NET(テレビ朝日)系 1975/4/5〜1977/3/26 土曜午後7時30分〜8時 全84回 原作/石森章太郎   監督/竹本弘一、山田稔、田口勝彦、他   脚本/上原正三、高久進、曽田博久、他 特撮/矢島信男(特撮研究所) 音楽/渡辺宙明 出演/誠直也、宮内洋、畠山麦、小牧リサ、伊藤幸雄、だるま二郎、高原駿雄、安藤三男、八名信夫、他 制作/東映

【 STORY 】
 世界征服を企む黒十字軍は国際秘密防衛機構イーグル日本支部を奇襲、国内五大支部は壊滅状態となった。しかしイーグルの江戸川権八総指令は各支部の生き残りの戦士5人を集め秘密戦隊ゴレンジャーを結成。彼等は5色の仮面と強化服を着用、飛行要塞バリブルーンを駆使して黒十字軍へ反撃を開始した!!

【 アオレンジャー/新命明 】
 宮内洋の個性が無理なく自然に生かされているキャラクター。本人も気張らず楽に演じている。「クールでキザ」という性格づけ(佐々木小次郎のイメージ)はアカレンジャー・海城剛(誠直也)との違いを際立たせる重要なポイントであっただろうから、共演している時は特にクールを装っている(熱血漢のアカと冷静なアオというカラーとキャラクター設定の対比が面白い)。だが、自分の見せ場では感情や闘志を剥き出して敵に向かって行くシーンが良く見られ、特に新命の愛機バリブルーンやバリドリーンが絡むと頭に血がのぼる様子が描かれている。
 
 もともとナンバー2と言えども1匹狼的で単独行動の多いキャラクターだが、最近ビデオを見ていて番組の立ち上がりから第15話位まで極端に出番が少ないのに気づいた。他のメンバーとの絡みや野外ロケが殆ど無くゴレンジャールームやバリブルーンのコックピットといったスタジオセットばかり(ちなみに「ゴレンジャー」は富士山の麓でよく戦闘シーンを撮っていたようだが、ひょっとしてここ数年とみに有名になったあの村のあたりだったりして)。おまけに第11、12話では新命明としては全く出てこないという快挙!?を成し遂げている。スケジュール調整がつかなかったのか。
 
 宮内洋がスケジュールの都合でアカからアオへ変更になったという本当かガセネタか判らない話もあるが、もしも彼がアカレンジャーを演ったらキャラクター設定から行っても恐らく風見志郎的な正統派のヒーローになっていただろう。逆に言うと宮内が演じたからこそ新命明はヒーローになれた。それまでになかった「キザなヒーロー像」はここで生まれ「ズバット」の早川健で完成されるのである。

 当時30歳の宮内洋は俳優としてもノッていた時期であったのだろう。アクションを見ても一番キレイな動きをしているし「WSP」のエンディングでも見せた軽く目を閉じるうなずき笑顔はこの頃からのものである。そして何より彼らしいのがパチンとキマるウインク。いろいろなヒーローがいるがウインクを飛ばしてイヤミにならないのは宮内くらいではないか。
 
 この作品が現在まで連綿と続く戦隊もののパイオニアであることは周知の事実だが、この当時はまさかこれほど長期に渡ってシリーズ化され制作されるとは誰が予想しただろう。宮内洋にしてもよもや20年後に総指令官として出演することになろうとはこの時は夢にも思わなかったはずだ。最も、節目に宮内を引っ張り出したのは制作サイドの意図を感じてしまうのだが。
 
 余談だが、主役のアカレンジャーこと誠直也が結構おやじに見えていたので年齢を調べてみたらなんと宮内洋より3歳も年下であった。つまりあのキャストの中では宮内が最年長だったのだが、誠直也の貫禄はどう見ても宮内より年上に見えてしまう(ソリはいってるしね)。
['97/2/4 up date]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事