OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

 番組冒頭、宮内に先週の「宮内神社」が巷で大好評!という話題を振る中村嬢。巷ってどの辺だ?という疑問はとりあえず置いておいて(^^; 振られた宮内はへぇ〜っとちょっと驚いたような感心する風な顔して見せたけど、次の瞬間「ふふん♪」というようなまんざらでもない表情が浮かんだのをカメラはキャッチ(爆)。もしかして、あの新コーナー、本人は結構自信があったのだろうか?
 
「Wひろしの肉が喰いたい!!」第5話 聞き逃すな!!時を待ってアヒルを攻めろ!!
 
 コーナー冒頭で、先週試食したローソンの「ぱっくり餃むす」の「『天むす』をパクったから『ぱっくり』の名前がついた説」を蒸し返した宮内洋。「あれは事実です。製造元、並びにそういった所から全部情報が入って来てます」って、そんな2週間もネタ引っ張らなくても(^^; それだったら先週ネタ元を明らかにしておけば最初から信じてもらえたのに。まったく下手だなぁ(苦笑)。
 
 「Wひろしの〜」のタイトルバックが第5話にして早くもリニューアル。前回までは初回放送の時に行った丸ビル横を二人が並んで歩くモノクロ映像だったが、今回はお台場・船の科学館横のゆりかもめ線高架下の道路をバイクで並んで走る映像。これってある意味、お宝映像って気がするんだけど(^^;
 
【台場・ゆりかもめ線高架下道路】
 
イメージ 2イメージ 3 Wひろしが並んでバイで疾走(?)しているのがここ。画面には映っていないが道路脇には船の科学館が見える。
 
 
 
 
 
 
[交通] ゆりかもめ線「船の科学館」駅
 
 冬の柔らかな陽射しの下、船の科学館の側のベンチでうたた寝をしている風見志郎。ベージュ色のクルーネックのローゲージニットとグリーンのブルゾン姿だがその上に黒い上着がさり気なくかけられている。肉の相棒、本郷猛を待っている束の間に見るのは、やっぱり肉を食べている夢らしい(笑)。やがて目覚めた風見が見たものは、足元で腕立て伏せをしている本郷。いつでもどこでも体力作りとはお忙しい方(笑)。でも風見にかけられていた黒のブルゾンは本郷のもの。つまり、待ち合わせ場所に到着した本郷は寝ている風見を起こさないようにそっと自分の上着をかけてあげて、風見が目覚めるまで運動をしていた、というわけ。う〜ん、ちょっと視点を変えるとこれって結構萌え萌えなシチュエイション?(←やめろ(爆))そして二人はライダージャンプで今日の戦地へひとっ跳び、はいいんだけど。風見・・・「とうっ!」のジャンプ、エラい中途半端。ちゃんとやれよ(--;
 
【台場・船の科学館/青海北ふ頭公園】
 
イメージ 1 風見がうたた寝をしていたベンチがここ。ゴミ箱に錨のモチーフが使われているなど海と船にゆかりのある公園らしい作り。だが、実は風見が最初に寝ていたのはこのすぐ隣のベンチ(手前に写っている方)で、目覚めたのはゴミ箱横のベンチだった(笑)。
 
 
 

  [交通] ゆりかもめ線「船の科学館」駅
 
 二人が着地したのは新宿・花園神社に近いバイキングの店。92種類のアジア料理が食べ放題の「新宿グルメ王!」。また食べ放題かい(^^;何だかコーナーコンセプトがお料理の味(肉の質)よりも「量で勝負」になってない?いや、別に悪いとは思わないけどさ。二人の年齢考えると、もうちょっと「大人のお店」を紹介して欲しいなぁと。今の状態だとリーズナブル通り越してチープなんだもの。そりゃあ若い子向けの雑誌に掲載されるようなお店だから仕方ないけど、せめてファーストデートに使えるような店、とか。ファーストデートで食べ放題は嫌でしょ、やっぱ(笑)。
 
 そうは言っても低料金で食べ放題はやっぱり魅力(爆)。120分の時間制限にファイトを燃やしあっと言う間にお料理の皿で埋まる丸テーブル。豚足に舌鼓を打つ風見と店内設備にも関心を向ける本郷。でも。本郷先輩さぁ、箸の先で物を指差すのはちと行儀悪いぞ(苦笑)。

【ショップデータ】
「新宿グルメ王!」
新宿区新宿5-17-13 オリエンタルウェーブ6F 03-5292-1050
バイキング料金 \1,980 120分(PM5:30〜PM11:00)
 
 このお店の名物は何と言っても中国料理の北京ダック。一定時間になると案内アナウンスが入るので、それを聞き逃さずに北京ダックをGETし丸ごとかぶりつくのだとか。ご多分に洩れず二人も北京ダックに大満足な様子。そこへ。「斗え!仮面ライダーV3」の着メロが響く。いつも本郷先輩に置いて行かれてしまう風見は、やっと俺の出番だとばかり意気込んで携帯を取るがそれは蕎麦屋への間違い電話。いつもにも増してシマらない風見志郎であった(笑)。
 
「真夜中の 生放送だ ガリンペロ」
 
 CM明けに登場した宮内洋の「川柳」。何で川柳なんだろう???と思う前に、最後の「ガリンペロ!」と妙〜に力入れて「発進!GO!!」風に右手人差し指と中指二本で左肩からまっすぐ正面を指す、そのポージングにやられた(爆)。その直後、カメラに向けたアイコンタクト・・・うっわぁ〜・・・女性ファン絶対に増えるぞ、これ(大汗)。
 
 今日もまた、藤岡寺では若者に人間の生きる道を説く藤岡弘、の姿があった。ありがたいお話を聞いたのはEx.Bold・杉浦兄弟。念願のCDデビューと初ライブを終えたばかりの二人は宮内神社へ向うが・・・。先週のインパクトが余程凄かったのか、恐る恐るお社に近寄る兄弟(爆)。参拝者を恐がらせてどうする(^^;手を合わせてデビューCD「Soulのままで」のヒット祈願をすると、自らお社の扉を開けて今日も登場した自称「神様」はその胸にCDをぶら下げていた(笑)。
 
 宮内洋にデビューCDのヒット祈願をするとは・・・杉浦兄弟、神社の選択間違えてないか?と一瞬ツッコミかけたが(笑)神様は「真剣にヒット祈願をして来ました」とお守り(どこのお守りだろう?白い袋に入っていたので判別出来ず)を二人にプレゼント♪「Soulのままで」も買ったとか言ってるし、この神様は随分と庶民的(笑)。更に、扉を開けて登場した時から目を引いていたのが、胸に飾った真紅の薔薇。それを取り「ぐうないバラ」(すっごく綺麗な色だったから表記としては「薔薇」にしたいんだけど、宮内のダジャレの洗礼を受けると「バラ」としか書けない(^^;)と名付けた神様は、番場隊長風に手のひらの上に乗せて二人に差し出した。そして「がんばローズ!」・・・(もう、何も言いたくない(^^;)
 
 二度目で早くも波に乗り始めた「新コーナー」。前回に比べて時間配分も良くなり、また太陽クンが宮内洋のペースに流されず頑張って食い付いて行こうとしているガッツが感じられて、私的に太陽クンのポイント大幅UP!(笑)もしかしたらMCの中で一番キャラが立ってるのが太陽のような気がする。東映特撮出身者に囲まれてただ一人の円谷出身、頑張れ!\(^^)/
 
 何て言うか、番組全体がかなり馴染んで来たなという印象。制作サイドも各レギュラーをどういうイメージで動かすかを掴んで来ているようなので安心して観ていられるようになった。だがキャライメージが完全に固まる前にこの辺で突出してもいいかな?とも思う。藤岡弘、のイメージはこの番組が始まる前と基本的にはあまり変わってないが、宮内はイメージがついていなかった分、番組立ち上がり時の仏頂面の印象が先行していたので、それを排除したのは成功だと思う。
 
 だがそろそろ軌道修正を始めないと、下手をすると宮内洋はただのダジャレオヤジで終わってしまう可能性がある。さすがにお笑いが本業のさまぁーずは早くも宮内の「オチ」を先読みし始めている節があるし、ダジャレも程々にしないと視聴者に飽きられる。そもそも「ギャグ」と「マジ」の使い分けが出来てないから、「餃むす」の話も本当なら「へぇ〜、そうなんだ。宮内さんって物知り♪」と感心されてポイントを上げるはずの所を単なるダジャレと受け取られてしまったのだ。「ダジャレ=駄洒落」ばかりではなく、センスのよいウイットに富んだ気の利いた大人の「洒落」が聞きたいものだ。
 
 これからの課題は、コミカルな部分と宮内本来の持ち味であるキザ、じゃなくて(^^;カッコイイ部分を番組の中でどう使い分け表現するか、だと思う。例えば宮内神社なら、おちゃらける所は思い切り脱線してもシメる部分はビシッとシメる。神様なんだから「お告げ」のキメ台詞はきちっと決めればいい。今はそういうメリハリが足りない。生番組だから仕方ない部分もあるのだろうが、ドラマでもバラエティでもやはり「見せる」べき所はきちんと見せて欲しい。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事