OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

第6話「きみの勇気こそ!」 (放送日:1974/12/16)
 
 連続婦女暴行事件が発生した。被害者の由美子に名指しされ逮捕された犯人は青木ファミリーの御曹司。犯行を否認する青木に業を煮やした時村と風間は由美子に面通しをさせるが由美子は証言を拒否し青木は証拠不十分で釈放される。捜査を進めるうちに由美子と父親が青木ファミリーの下請け会社に勤め、青木は過去にも同様の事件を起こしていたと分かるが、被害者たちは一様に口を閉ざし事件の立証が難しい。鉄男は何とかして由美子に証言してもらおうと説得に向かうが、事件が発覚したため恋人に去られ青木によって会社も退職させられた由美子は死を覚悟していた・・・。
 
 今回の見所はやっぱり鉄男と対立する場面。鉄男は由美子の身元を明かさないと約束していたため由美子に面通しさせようとする風間に食ってかかるが、その時の風間の動じない事と言ったら(^^;横目で鉄男をねめつけ「君は少し捜査に私情を入れ過ぎるんじゃないのか?」と言い放つ。で、いつの間にかしっかり由美子を署に呼び出してるんだから手回しが良い。あくまでも捜査を自分主流で進めようとしているのがアリアリ(苦笑)。時村さんも風間の刑事としての能力を認めてるもんだからすっかり風間ペースだし。何よりも、青木を釈放する際の風間、取調室から廊下へ出てくるっと後ろへ向き直ると「どうぞ」と青木を促すんだけど、その一連の動作がすでに「本部長」してて時村さんよりはるかに偉そう(爆)。自分の思惑通りに事が進まないんだからもうちょっとしおらしくてもいいのに、まさに「身体もデカいが態度もデカい」の典型(^^;
 
 もうひとつの見所は、青木が鉄男を名誉棄損で告訴したと知った時の「なにぃ〜?」って目。対立はしていてもやっぱり後輩を心配してるんだなって感じが強く伝わって来て、久々にいい表情を見せてもらった気がする。やはり宮内洋は台詞で芝居するタイプじゃない。一瞬一瞬の目、表情、動作(アクション含)にインパクトを持たせてその存在感をアピールする役者なんだとあらためて実感。


第7話「母の心 子の心」 (放送日:1974/12/23)

 洋装店に若い男が押し入り現金を奪って逃げた。通報を聞き駆け付けた鉄男は女主人の態度に疑問を持つ。調べを進めるうちに、若い男は5歳の時に離ればなれになってしまった女主人の息子恭介で、母を捜して来たものの冷たくあしらわれたのに腹を立て悪事を重ねていると知る。ストーリーはほとんど歌舞伎の「瞼の母」(^^;互いに相手を思っているのにすれ違う母子の心を何とか通わせようと鉄男が奔走する。
 
 監督が「キイハンター」のアクション編や「ゴレンジャー」でおなじみの竹本弘一氏なのでどんなアクションが登場するのか楽しみにしていた。残念ながら風間のアクションはなかったが恭介をそそのかす不良グループのリーダーが中村文弥氏で、そのスピードと重量感のあるアクションには思わず拍手!
 
 エピソードの筋には無関係な所で風間の性格が破綻しているのが非常に気になった(^^;;洋装店の前で待っていた鉄男に「よぉっ!」と合図すると「君こそ休みなのに大変だな」と爽やかに笑いかける風間。その笑顔は、もう、すっごく素敵なんだけど、本来の風間ならこういう表情はしないのではないか。これまでに構築されて来た風間の「台詞」は「刑事としての立場を逸脱し事件に私情で関わって行く」鉄男を理解できないゆえの言葉であり、その性格から行くと「非番の日に通報もされないのに現場に駆け付ける」鉄男にはやや呆れ気味にもっと嫌味っぽく言葉を投げるのではないだろうか。それがあのニッコリ笑顔・・・や、素敵なんだけど、宮内の役作り及びキャラの基本設定にはかなり疑問を感じる。
 
 余談だが、クライマックスで時村さんが鉄男に「先月処理した事件の件数」を聞いていたのには吹き出してしまった。まるで「先月は何件契約を取った?」と責められる営業マンみたいだ。刑事にもノルマがあるんだろうか(^^;だとしたら、いちいち事件の関係者に首突っ込む鉄男のやり方では成績は上がらない。やっぱり風間のように要領良くこなさなきゃ・・・って、もし風間が営業マンだったら営業成績は常にトップだろうな(妄想爆発)。


第8話「ハートの総監賞」 (放送日:1974/12/30)

 半年前に風間が逮捕した強盗殺人犯の息子ヒデオが風間を逆恨み、風間と間違われた鉄男がボコにされる(^^;世間を騒がせている花園爆破事件捜査のために警視庁へ出向している風間に代わりヒデオの姉から事情を聞いた鉄男は、父親の事件のためにプロボクサーの道を自ら閉ざし不良グループに入ってしまったヒデオを何とか立ち直らせたいと奮闘する。
 
 前回に引き続き竹本監督のアクション編、って言うよりも「鉄男ボコボコ編」(^^;バイクに追われ、ボクサーの卵には殴られ蹴られ、不良グループからリンチを喰らい、揚げ句の果てには崩れ落ちて来た廃墟の屋根を支えるっていう、まさに身体が資本のエピソード。一方、本庁へ応援に行った風間は爆破犯人グループのアジトを発見するなど本庁捜査官を差し置いての大活躍。鉄男が自分への逆恨みを肩代わりしている事も知らず「君、もっとしっかりしてくれなきゃ困るなぁ」といさめる風間に鉄男は笑顔で「頑張って下さい」とエールを送る。
 
 何をやらせても要領良くて「城南署期待のホープ」として肩で風切って歩く風間と一生懸命頑張っているのに上司にも同僚にも理解してもらえず報われない(最後にハッピーエンドにはなるが)鉄男。公園ですれ違う二人の間を師走の風が通り抜け、颯爽とした風間の後ろ姿と背中を丸めて歩く鉄男が対照的に描写されセンチメンタル。よくもまあ、こんなに重くて暗いエピソードを年の瀬に放送したものだ(^^;
 
 相変わらず性格に一貫性のない風間(苦笑)。本庁応援が決まり激励されると「責任重大だなぁ〜ハハハ」って・・・(^^;風間ほど捉え所のないキャラも珍しい。「クールでエリート」の仮面がしょっちゅうはずれるのはやはり台詞回しに問題があったのではないか。人間臭い猪突猛進型キャラの鉄男と対比させるのなら、もっと柔らかい物腰の丁寧語で言葉尻に冷静さのある危険な感じを漂わせた方がよりクールさが際立ったと思うのだが。せっかくのキャラクターが中途半端になっている気がしてとても残念。


第9話「栄光を君のものに」 (放送日:1975/1/6)

 暴力団に匿われている福田を逮捕するため隣の城西署から木口が配属された。コンビを組まされた鉄男は早とちりでそそっかしい木口に振り回されるが、同じ警察官であった亡き父と父に苦労をかけられた母のために早く一人前の警察官になって手柄を立てたいと願う木口の本心を知り、福田に襲われ視神経をやられた木口を庇いながら凶悪犯を追い詰めて行く。
 
 何事にも一生懸命過ぎて先走り一人空回りしてしまうドジな木口巡査をせんだみつおが怪演。口パクとアテレコの台詞が全然合ってないのはご愛嬌(苦笑)。そんな木口を見た風間は鉄男に「お前とはいいコンビだ」と言い残して去るが、それが決して嫌味っぽくなく、呆れたような微笑ましいような複雑でなかなかいい表情。だが木口が鉄男と離れ単独捜査の最中福田に襲われたと知るや「父親の話にでもほだされたんじゃないのか」と鉄男に鋭く突っ込み「もし木口が刺されたりでもしたらお前が殺した事になるんだぞ」と詰め寄るが、時村は珍しく「何もそこまで言わなくても・・・」と鉄男を思いやり、鉄男を応援している林婦警には「風間さんはクール過ぎるのよ」と非難され、さすがのキレ者もちょっと怯むのが笑える。
 
 オープニング主題歌も手がけている長坂秀佳のシナリオだが、長坂らしさがあまり感じられないある意味平凡なエピソードでちょっと残念。所々にスタッフの「お遊び」が入っていて、一番面白かったのは鉄男の弟がテレビを観ているシーン。画面には何故かウルトラマンエースが怪獣と戦ってる場面が映っている。この時に偶然テレビのスイッチを入れた視聴者はビックリするぞ(^^;同じTBS系列の番組だから、これは視聴者サービス?(笑)


第10話「君の明日はバラ色だ!!」 (放送日:1975/1/13)

 剛腕弁護士の息子トシオは父の期待の重圧感から逃れようと連続金庫破りを続ける不良グループへ仲間入りする。不良たちはトシオの心理と弁護士の父親の存在を逆手に取りトシオを自分たちの身代わりに自首させ、彼等の思惑通りトシオは父親に連れ戻される。そして鉄男たちがトシオの言動に振り回されている間にも金庫は次々と破られて行く。

 このエピソード、風間刑事の一番の見所はトシオを自白させようと尋問する場面。60秒強という長回しのワンカットの中、怒りを込めた詰問や冷静さを装った素振りで煙草を手にする仕草など強弱取り混ぜ次々に変わる表情には目を離せない。鉄男がトシオの供述を引き出せなかった時には鉄男を非難していたのに、自分がトシオから嘘の自白しか引き出せないと分かると「まるで奴さんの言ってる事は嘘っぱちだらけで手に負えないなー」と半ば開き直る辺り負けず嫌いでプライドの高い風間のキャラクターが良く出ている。また、取調べ中のトシオを迎えに来た小田弁護士と対峙する風間は、刑事としての正義感や自白させられなかったために犯人(の仲間と思われる者)を釈放しなければならない悔しさにふっと目線を下に落とすなどなかなかオイシイ表情を見せてくれる(*^^*)
 
 余談だが、この当時の宮内洋の髪型って・・・どうよ?(爆)そりゃあ茶髪ロン毛は好きだし「分け目が・・・」なんてこたぁ言うつもりもないけど(←言ってるって ^^;)あのくるんくるんの前髪ともみ上げがどうも京本政樹に似てる気がして・・・(^^;

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事