OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

第266話「殺人暴走オートバイ集団!三途の川」 (放送日:1980/7/5)

 「三途の川」を名乗る愚連隊暴走族が警官を襲って拳銃2丁を強奪した。現場に居合わせたオサムと名乗るラーメン屋の出前持ちが捕まったが仲間だという証拠がない。オサムを釈放し泳がせようと考えた立花警部は、島谷刑事、田口刑事、吹雪刑事にオサムに接近し拳銃を奪った犯人を探るよう指示。3人は「三途の川」のアジトへと潜入する。
 
 80年代の初頭、都内には数十もの暴走チームが混在し抗争や連合を繰り返すファイティング・リングと化していた(これは事実)。高齢化が進む現代の暴走族と違い、この当時のチームの構成はリーダー格(総長、頭なんて呼び方もあった)でも20歳前後と若く、大半は未成年者で組織されていた(これも事実)。その暴走族の「仲間」になろうとするGメンて一体・・・(^^;交通機動隊出身で走り屋の田口刑事が髪をリーゼントで固め刺繍入りスカジャン着て族上がりのチンピラ風に化けたのは、いい。お金持ちのお嬢様が厳格な両親に反発して家出しちゃったみたいな、品のいいグレ方してる吹雪刑事も、まあ、許せる。でもねぇ、いくら何でも島谷刑事に「暴走族志願」させるのは設定に無理がありすぎ(爆)。黒Tシャツにシルバーのジャンパーとグラサンって格好は、どこからどう見ても暴走族から金を巻き上げてるチンピラヤクザにしか見えない。いくら「暴走族『ジェノサイド』の元メンバー」って吹聴しても、オサムに「兄貴、族引退して何年っすか?」って突っ込まれないのが不思議なくらい、一人で平均年齢思いっきり引き上げてるし(^^;
 
 オサムに紹介された古着屋のオバちゃんに「随分ヒネクレた暴走族だねぇ!」と突っ込まれ、飲みかけの水道水を吹き出す島谷刑事。ほぉーら、だから言わんこっちゃない、やっぱり鋭い処突かれてるよ(笑)。田口と島谷はその古着屋で「三途の川」の「制服」に着替えさせられる。制服ってのは要するに黒のツナギと白の長〜いハチマキという、どっぷりと暴走族モード入った特攻服(笑)。しかもそれがまた妙〜に似合っちゃったりするから可笑しすぎ。島谷のその格好を見た立花警部が眉間にしわ寄せて「そこまでやれとは命令してないが」と言わんばかりのしぶーーーい顔するのも、3人との連絡係になった中屋警部補が呆れ果てているのも頷ける(爆)。


 それでも仕事はきっちりやるGメン(?)、がっちりオサムの信頼を掴んだ3人は「三途の川」のアジトでリーダーに紹介されメンバーに加わる事を許される。「愚連隊」を自称する「三途の川」は暴走族の取り締まりを厳しくする道交法の改正に反発し、警察を襲撃する計画を立てていた。交番を連続爆破し検問を突破、機動隊と衝突する「三途の川」。そんな暴走行為からオサムを抜けさせようと説得する吹雪。だが、やっと心の内を打ち明けられる仲間となった吹雪たちがGメンの潜入捜査官だったと知ったオサムは、機動隊から逃げて来た「三途の川」のリーダーに裏切り者呼ばわりされて逆ギレし、激しいカーチェイスを繰り広げる。ついにクラッシュした車は炎上し、オサムもリーダーも奪われた拳銃も全てが炎の中に消え、潜入した目的が何一つ果たせないまま燃え盛る炎をじっと見つめるGメン。まさに「無情」という表現がぴったりする場面だが、裏を返せば「3人も潜入しといて収穫なしかよ、まったく使えねぇなぁ」という感じだったりする(^^;本当に、何のためにあの3人は潜入したんだろう。まさか、特攻服着るためじゃないよねぇ(笑)。


['07/2/22 up date]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事