OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

PM3:10 楽屋訪問
 明治座観劇5回目にして初めて単独で楽屋を襲撃する事になった。警備室受付を通って2階に上がり宮内さんの楽屋の前に辿り着くと、中で話し声。東映の方が見えているらしく上がり間口で仕事の話をされている様子。う〜っ、こういう状況ではちょっと入り難いなあ、と思い、廊下でしばらく待機。お部屋では宮内さんと同年代と思しきおばさま方が3人ほど楽しそうにお話中。う〜っ、何だかますます入り難い〜っ(汗)。やっぱり単独で来るんじゃなかった・・・とちょっとばかり後悔してたら宮内さんが「どうぞ!」あ、忘れられてた訳じゃなかったのね(^^;で、何とかお部屋の隅にちょこんとお邪魔(笑)。と、私と入れ替わりのように先客のおばさま方が帰ってしまい・・・え?ち、ちょっと待ってよ、今日って、もしかして私1人〜っ!?
 
 予想外の展開に内心焦りながら、とりあえず昨夜タウ・プピスさんから預かった伝言を宮内さんに伝える。自ら「イーグル整備班」を名乗るタウさんから「バリドリーンのメンテナンス(電池の入れ替えや付属のシール貼り(^^;)に行くので宮内さんに伝えておいて下さい」と頼まれたので(笑)。で「箱の中に色々と入っていると思いますので用意しといて下さい(^^)」と言うと、宮内さんってば「はいっ!わっかりましたっ!!」と、と〜っても元気良いお返事。よしよし♪
 
 今日は何より先にパンフレットにサインを頂こう!と思っていたのでパンフとペンを差し出す。私は基本的にサインをお願いするのはあまり好きではない。ついでに握手も苦手(^^;でもまあ、とりあえず一応のケジメとして(笑)。すると「今までにこういう書き方したのはありません」って返された。・・・ドキッ、何て書かれたんだろう(^^;;
 
 昼の部が貸切だった、と言う話から「お歌の方は聴かれてますか?」と突っ込まれた。「えーっと、実はお芝居終わった後、劇場を抜け出してオフ会やってました(汗)」と素直に答えると「歌も聴いて下さい」と。まあ、そりゃそうだわ。一応お芝居とショーでワンセットなんだし。そこから、某公演の際にお芝居の間中「ずっと宮内だけしか観ていない」ファンが居たり、お芝居終演後に宮内ファンの観客がごっそり抜けて凄く目立ってしまった事など「ファンのスタンス」に関する話題が続く(←他人事じゃないぞ@自分(^^;;)。

 私はどっちかって言うとお芝居全体や照明などに意識が行ってしまうと言うと、同じピンスポットでも座長と脇では光量(こうりょう)が違うとか、「明治座のスポットライトは薄いブルーの色がついているんですよ。新宿コマはピンク系だからメイクもそれに合わせないとスゴイ事になってしまう」と教えてくれた(^^)客席最後方天井近くから放たれるロングスポットはフラット(色がついていない素の照明)だと思い込んでいたので、思わぬこぼれ話にワクワク♪お芝居を観慣れている人は最初は舞台全体を観るために3階席、2度目は出演者や各ポイントをチェックするために1階の前の方、次はまた上階の席、という風に使い分けをする、などの話もすっごく楽しかった。見慣れているとは言えないが私もお芝居を観る基本はそのパターンなので(^^)その他、舞台に登場した時の立ち位置と照明の関係などもお話して頂いたがここでは書けないのが残念(それはお芝居の感想文の方で(笑))。
 
 また、前回までは朝の楽屋訪問が出来たのに今回駄目なのは、座長の楽屋がすぐ傍で、その上開演前に出演者40数人が廊下にずらーっと並んで一人ずつ挨拶をするためとか。座長も今回10回目の明治座公演との事で気合が入ってるんだろうけど、そういう「事情」って私たち外部の者には分からない事だし・・・難しいなぁ(^^;
 
 今回の明治座公演の事を来月の「俺だから!」に載っけると言うので、今度写真撮るならお台場海浜公園だけじゃなくて品川側のスポットも綺麗ですよ〜♪とお薦めしたら「よく知っているだけに嫌だ」と言われた(^^;以前「鉄輪-純情派」という雑誌のグラビアの時に船の科学館周辺でも随分と撮影して全部ボツったラシイ(苦笑)。で、有明・東京ビックサイト脇の西ふ頭公園で撮った写真になったそうな。そりゃあ、嫌かも(爆)。
 
 「北アルプス雪山殺人迷路」の白馬ロケの話題になり、アイスバーンで転んで腰を痛めた時の事をただのさんに説明する宮内さん。「今はもう(腰は)大丈夫です。その代わり今回は喉をやりましたが」・・・ったくもう、ファンに心配かけるんじゃないわよ(一応、心配してたラシイ)思わず「若い頃の無理がたたってるんじゃないですか?」と軽く睨んだ。最初「年には勝てないんじゃぁ・・・」と言いかけたがこれはさすがに口には出せず(笑)。や、ここで書いてる時点で言ってるのと同じかも(自爆)。すると宮内さん、ちょっと考えて「無理はしてません。当然の事をしてただけです」あは、やっぱりそう来たか「・・・そうお答えになると思ってました」ほんと、宮内さんらしい言葉だなぁ〜(笑)。こういう質問に対して「期待(イメージ)を裏切らない答え方」してくれるのは嬉しいけど、逆にこちらが「答えが読める」のもちょっとつまらないかも(^^;
 
 「・・・こんな事ばっかり言ってるから私と一緒に(楽屋へ)来たがる人がいるんですよね」「ツッコミ入れてる宮内が見たいって?」「・・・いえ、私と宮内さんの掛け合いが見たいって(笑)」すると「掛け合いが聞きたいからってバックの中に録音テープが回ってたりするんですよね」・・・あれ?確かこの間もそんな事言ってたなぁ。何か嫌な思い出でもあるのかな?で「確かにそういう人も居ますけど・・・この間も申し上げましたが、私はそういう趣味ありませんので。レポートでも何でも、あくまでも私が感じた事しか書いてませんし。テープ起こして全員が同じ事を書いてもつまんないじゃないですかー」と持論展開(爆)。・・・っかし、宮内さんの「俺人」ぶりもスゴイけど、私の「自分はこうなんだーーーっ!」って自己主張もかーなりキツイよなぁ(^^;
 
 ここまで書いて来て、今日の宮内さんと私の会話の中に「特撮」や「ヒーロー」の言葉が一度も出なかった事に気付いた。当然キャラクターの名前も出ていない。「ヒーロー・宮内洋」から入ったファンはやはり宮内さんを作中のキャラとして見がちだし、どうしても話題がそちらへ流れる傾向がある。だからこそ、今日そういう話がひと言も出なかった事が逆に新鮮で面白くて、そして凄く嬉しかった。
 

PM3:45 楽屋退室
 お邪魔していたのはいつもより短い時間だったはずなのに、ものすごく色々な事を吸収してしまった気がする(それって・・・良い事なのだろうか(悩))。それにしても、毎日毎日入れ替わり立ち替わり訪れるファンのお相手をする宮内さんも大変だろうが・・・ただのさ〜ん、ホントに毎回うるさくて、ごめんなさいm(_ _)mまったく、今日ほどただのさんの存在が有難かった事はない。だって・・・もしただのさんが居なかったら、私、緊張で脳の血管が2、3本切れていたかも知れない(^^;楽しい事は楽しかったんだけど、もうこんな経験は懲り懲り(自爆)。


['02/4/26 up date]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事