OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

PM12:05 HMV到着
 明治座楽屋訪問以来、何故か「宮内づいて」いる(^^;樹里さんと12時に渋谷駅で待ち合わせていたが、少し遅れるとの事だったので先にHMV渋谷店を下見に行った。降ったり止んだりの雨がうっとおしいせいか店内は人影もまばらで全然心配するような状態ではない。駅前に戻る途中でタウ・プピスさんと合流して樹里さんを拾い、お昼を食べながら今日の作戦会議を開く。いや、事前の綿密な打ち合わせがあるからこそ、会場で効果的なツッコミが出来ると・・・(違爆)。
 
PM2:15 イベントスペース入場
 1時半過ぎにHMVに入ると展示のある4Fフロアーでは第3話「死刑台のV3」が上映されていた。イベントに来たと思われるお客さんが数人スクリーンに見入っている。知り合いの方に挨拶して時間を潰しながらイベントスペースのある6Fへ上がるとプレス関係の方々が打ち合わせに入っていた。待つ事30分。次第にお客さんの数が増えてフロアーの温度が上がって来た頃、スタッフから指示が出た。DVD予約の時にもらった撮影会券が入場整理券を兼ねている事をそこで知らされる。つまり、整理券を持ってる人はイベントスペース内、持っていない一般客は売場内の什器の隙間で観覧する、というやり方で「予約してくれたお得意様」と「一般客」を差別化するらしい。
 
 私は整理券を樹里さんに譲渡していたので一般組。予約はしたが撮影会に参加する気ははなっからなかったので(ぉぃ)。だがここで差別化されてしまうと、ステージから結構距離がある上に、CDが陳列されている什器は床からの高さが130センチくらいあるしステージへの視線を遮る柱は邪魔だし、何よりイベントスペースに立ってる観客の頭でステージが全然見えないっ!(汗)
 
 ちょっぴり不安を抱えながら、残りの時間をまたしてもV3第3話をモニターで観せられて過ごす。それにしても・・・別のエピソードにしてくれればいいのに(苦笑)。その間に整理券組は5人単位の細切れでイベントスペース内に収容されて行く。当初100人限定だった整理券はいつの間にか130人にまで増殖していた。一般組を含めると観客は200人以上は居たかも知れない。
 
PM3:00 イベントスタート
 3時丁度にHMVの司会の女性が登場した。V3DVD-BOXの紹介など当り障りのない話をしていた処へ何とショッカーの戦闘員が!今春「仮面ライダー」DVD-BOXが発売された時のイベントではアトラクションがあったので今回もあるだろうと予想はしていたが「何でショッカー?」会場がざわめく。「きゃあ〜っ!」お決まりのように叫ぶMCのお姉さん。そこへ!お姉さんを救うべく登場したのは、何と1号ライダーライダーマン!あらー、随分珍しい組み合わせだわ(^^;2人のライダーは簡単に戦闘員を撃退するが、その後に登場した2体の怪人には歯が立たず。そこへやっとV3が登場!いやー、引っ張る引っ張る(笑)。
 
 怪人を倒したV3と1号、ライダーマンの3人が揃った処で撮影会。ところがアトラク中も撮影会も前に居る観客の頭で全く見えない(泣)。基本的にHMVのインストアイベントはスタンディング方式なので今日はこのままかな、と覚悟したが、続いて登場した速水悠乃さんが名古屋の時と同様、前に居る整理券組をしゃがませてくれた。あー良かった。これで見通しが・・・そこで気付いた。見通し良過ぎるっ!私が居たのは一般組の最前列、ど真ん中。こっちからの見通しがいいって事はステージ上からの見晴らしもいいって事で・・・うげっ(冷汗)。
 
 内心ちょっと焦っているうちにブルーのシャツに白のベストとパンツの風見志郎定番スタイルで宮内さん登場!名古屋の時に白とブルーだったと聞いていたので、渋谷でも同じだったらいいのにと思っていたから結構嬉しかった(*^^*)
 
 トークはMCの悠乃さんが質問、と言うより話のキッカケを作りそれに宮内さんが乗っかる形で悠乃さんのリードが上手かったせいか(笑)非常にまとまっていて内容の濃い話を聞く事が出来た。主にV3当時の事だったが、V3は本放送で数回しか観ていないが当時ビデオ録画して全部観た・・・はず?といささか怪し気だったり(笑)、大量の火薬を使った理由はオープニングのハリケーン号の後ろの大きな爆発がすごく効果的なのにドラマの中の爆発がちゃっちいのは納得出来なかったからとか、作品の編集担当の方が風見志郎のシーンをカット出来なくてとても苦労されたらしいとか・・・。
 
 その他にも「芸のタンス」や「ゴレンジャー」での捻挫など「ヒーロー神髄」にも書かれている話題が出て盛り沢山。その中で「白い帽子」という話が出たのだが、それが何と「ウィンスペクター」「ソルブレイン」に続くレスキューポリスシリーズ第3弾のために作られた衣裳だったと言う。これにはとても驚いた。
 
 「世界観が違う」と前2作とは関連性を持たないものとして制作されたレスキューポリス第3弾「特捜エクシードラフト」。だがクライマックスで突然帰って来た正木俊介。その理由が明確でないまま最終話でセンター歩いてた正木に誰もが戸惑い、エクシーのファンは怒りさえ感じていたはずだ。だが、もし、エクシーの企画段階に正木本部長のレギュラーという案があったとしたら?(その時点で「エクシードラフト」というタイトルだったかどうか分からないが)出演のオファーがあり、衣裳まで作って、それがボツになったのは何故なのか。非常に興味をそそられるネタではある(笑)。
 
 その後、「宮内洋アクションチーム」のメンバーと「レンズのトリック」を実演。お相手は、東映のヤクザ映画などが似合いそうな体格のいいちょっと強面の石井さん(「ポンキッキーズ」のムックなどの着ぐるみもやってらっしゃるそうな。確か以前どこかのイベントで拝見した憶えが・・・)と、宮内さんに「偽風見志郎」と言わしめたスレンダーな三浦さん。この三浦さん、V3第49話(サブタイなしでも分かる人多いと思う(^^;)の風見志郎まんまの格好(レザーの黒いライダースーツに赤いTシャツ、シルバーのメット、同じ髪型)で登場して観客のドギモを抜いてくれたが、コスプレかと思いきや「自前の普段着」だそうで(爆)。


 続いていよいよ質問コーナー(笑)。仕込みが私で実戦がタウさんと役割分担はこれまでと変わらず(爆)、事前の打ち合わせ通りに狙うタウさん。、ところが1人目の質問の後、手を挙げた様子がないのに悠乃さんがニコニコと笑顔でタウさんに近寄って行く。え、何で?と思ったら、どうやら手に持っていた質問のメモを見つけられてこちらの行動を読まれてしまったらしい(自爆)。それでも負けずに任務を遂行するタウさんの質問は・・・。
 
 「番場さんはJAKQの作戦室でよくカレーやラーメンを食べていましたが、それを部下にとがめられても『いいから、いいから』とお構いなしで、宮内さんの『ヒーローは物を食べない』というポリシーに反すると思いますが、どうですか?」
 
 それに対する宮内さんのお答えは「番場くらいになると少しくらい・・・」そ、そうなのか?(^^;すると「それは玉三郎が持って来たやつでしょ?玉三郎を立てるために食べたんじゃないですか?」うーむ、そういう逃げ方もあるのか・・・とちょっと感心してたら「食べたのは1回でしょ?」おいおい(^^;;会場から「もっと食べてたー」の声が挙がると宮内さん、開き直ったように「お互いに調べましょう」と宣戦布告(爆)。売られたケンカは買う主義なんで、これはしっかり追跡調査させて頂きます(^^)b
 
 なかなかキワドイ質問も飛び出して盛り上がったトークイベント。最後はやっぱり「斗え!仮面ライダーV3」。歌いながら前列の観客と握手をして回る宮内さんは、やっぱり2番の歌詞をほとんど歌っていなかった(苦笑)。
 
 トークが終了し撮影会に移った。番号順にステージへ上がり好きなポーズでツーショット。樹里さんが撮影の時に宮内さんと何か話している様子だったので聞いてみると、やっぱり、と言うか予想通り、と言うか。宮内さん、樹里さんを憶えていてくれたらしい(そりゃーね、初対面で「あ゛ーーーっ!ひっでーーーーーっ!!」と天下の宮内洋を指差したのは樹里さんが最初で最後だろうし(爆))。
 
 しばらくしてタウさんが戻って来た。実はタウさんは「悠乃さんとツーショットが撮りたい〜っ!」と言い続けていて、撮影の順番待ちの時に悠乃さんにお願いしたらしく、今から行くと言う。それじゃあ、って事でステージ脇へ近寄ろうとしたら警備担当のスタッフの方に阻まれた。理由を話して「ちょっと待ってて下さい」とスタッフの方が離れた時、タウさんが誰かを見つけたようにつかつかと歩き出した。そしてご挨拶した相手は、丁度1年前「『仮面ライダー』スタッフとファンの交歓会」の時にお世話になった片山さんだった!うわぁ〜っ!懐かしいーーっ!すると片山さんから意外な申し出を頂いた。「この後、立花レーシングクラブのメンバーで宮内さん囲んで記念写真撮るんですけど、一緒にどうですか?」うわっ、うわっ、うわ〜っ!そんないいんですかー?2年も連続でお世話になっちゃって♪とか言いながらすっかりソノ気モード(^^)
 
 130人の撮影会が終了し宮内さんが一旦ステージから掃けた。その隙を見計らい急いでステージ上に駆け上がり上手側最前列に並ぶ私達。そこへ宮内さん再登場・・・したのだが、ステージにぞろっと並んでる一同を見ると「こういう事だったのか」と苦笑いしてそそくさとステージ下に避難してしまった(^^;宮内さんに入ってもらえないと記念撮影は出来ないから全員で宮内コール♪諦めてやっとステージに上がってくれた宮内さんを囲んでフラッシュが光る。成り行きとは言えとても楽しい思い出になった。
 
 イベント後に取材が入っていると聞いていたが、その「取材」はイベントステージをそのまま使っての「収録」だった。1号からストロンガーまで7人ライダーが並びその前でくるっと回転する風見志郎。何だかCM撮影みたいだなぁ〜と思って見ていると「ズームイン!」の声が聞こえた。日本テレビがプレスで来ている、と聞いていたので、これはもしかして「ズームイン!!SUPER」じゃないの?と憶測が飛ぶ(笑)。もしそうなら週明けには放送されるハズ。さてさて、真相はいかに?


['02/9/29 up date] 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事