OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

 結局、予想通り女性ばかり7人で移動(爆)。3人寄れば「かしましい」女性が倍以上いるんだからとにかくこのグループ、ウルサイ。最も、一番うるさかったのは自分だって事も充分自覚してるけどさ(^^;大阪風に表現すれば「オバタリアン」(死語?)パワー全開で三宮へGO!!
 
 「ピットワンさんのみや1ばん館」に到着し、まず最初にフリー券をもらうべく2階へ上る。電話予約をしていた私はここで無事に(?)DVD-BOXをご購入〜〜♪イベント参加券もGETしたんだけど。うーむ、うーむ、今度の参加券は撮影会ですかぁ。別に、宮内さんとのツーショット、いらないしなぁ。「何でー?いらないの?」とよく言われるんだけど、ダメなんだよねぇ、私(^^;って事で参加券はお友達の元へと無事に移動(笑)。
 
PM4:30 集合
 軽いブランチを取って店に戻ると、会場となる9階には早くも参加者の列が出来始めていた。やがて開場となり、初めに参加券を持つ人が、続いてフリー参加券を持つ人が順に促され会場へと入る。J'sホールは小さい劇場になっていて、参加者が全員座れる程度のキャパがあった。舞台のスクリーンではズバットの映像が流されている。大きなスクリーンで観るズバット、迫力ありますねぇ(^^)上手側通路沿いのやや後ろに席を確保。舞台に対して客席がかなり急勾配なので、後ろと言っても上から見降ろす感じ。まぁ、見晴らしは良かったけど(笑)。
 
PM5:00 トークイベントスタート
 大阪と同様、イベントは悠乃さんの司会でスタート。「それでは、宮内洋さんの登場です!」悠乃さんが紹介する、と。突然、客席後ろにスポットが当ったかと思うと、次の瞬間、うおーっと大きなどよめきが起き拍手が沸きあがった。慌てて振り返ると、丁度私たちが座っているすぐ横の通路に早川健が居た。それも、大阪では黒革の上下だった衣裳を夏バージョンの白の上下へと変えて。それを見た瞬間、そのあまりのカッコ良さに写真を撮るのも忘れる程固まってしまった私は、左肩に白いギターを抱えてテンガロンハットを目深に被り、俯いたまま「二人の地平線」をBGMにゆっくりと階段を降りて行く、その後ろ姿をボーッと見送っていた。・・・うかつだった。会場の形状を見た時、客席通路の演出に気付くべきだった。いつもの私ならとうに気付いていたはずなのに、と思ったけど時すでに遅し(^^;

 「2月2日、飛鳥五郎という男を殺したのは貴様か!?」という台詞通り、ズバットの初回放送は2月2日(覚えやすいっちゃ覚えやすいんだけど(笑))。その前年の11月からスタートした撮影は、当然冬場だから衣裳も黒革の上下で良かったんだけど、回を重ねる毎に次第に暑くなり後半は白バージョンに変えたという宮内。まぁ、それは確かにそうなんだろうけどさ、最初は1年4クール制作の予定だったんだから(キー局との契約はそうじゃなかったらしいけど)暑くなるのは分かりきってる事だろうが、と思うんだけど(苦笑)。どうもこのお方は、衣裳にこだわるわりには季節感が妙に無頓着な感じがするなぁ(^^; 例えば、真冬に誤魔化しの利かない新命明の衣裳とかね(爆)。
 
 宮内のポリシーとして「ヒーローは衣裳変えしない」というものがあるが、そうは言っても風見志郎は随分着替えている(何種類あるかは数えてないけど(笑))。で、それに対して、当時は「着替えない」という持論が確立していなかったからだと自己フォロー(そんな言い訳しなくても(苦笑))。その後、次第に「変身後のヒーローは衣裳(スーツ)を着替えないのだから、変身前も着替えない方がいい」という持論を持つに至ったと言う。確かに、納得出来る、というか説得力あるんだけど、って事は、もし変身後のヒーローがパワーアップして強くなってスーツも変わったら、それに連動して変身前も着替えるって事になるんだろうか?あ、そういや、変身こそしないけど、正木本部長はWSPからSRSに組織が変わった時、役職は変わってないのに衣裳はだいぶ派手になってたから、その方向で認識してていいのか、と自己完結してる私(笑)。
 
 大阪で一度しゃべったためか、初っ端からかなり口調が滑らかな宮内洋。でも最初の自己紹介で「早川健です」って、またそれかよ(^^;大阪ではちゃんと「宮内洋です」って言ってたのに。ひょっとして「民族大移動組」が多いと踏んだのか(笑)。
 
 などと考えてる間に話題は質問コーナーへ。いくつか挙がった質問の中で「二人の地平線」のレコーディングの時のエピソードを教えて欲しいというものがあった。「斗え!仮面ライダーV3」の時は、水木一郎アニキの横に一緒に立ち、ワンフレーズずつ細切れにして教えてもらったという(だから「口移し」ね)。ところが「二人の地平線」では、主題歌を歌うアニキとレコーディングの日が別々で教えて貰えなかったそうな。「口移しがあればもっと上手だったのになー」と思いながら歌ってたらしい(苦笑)。おまけにドラマ中で歌うのも、毎回アフレコの現場でその都度歌わされてたそうな。エコーも何もない生マイクじゃ、そら、下手なはずだ(^^;

 ズバットをやるにあたって、小林旭の「渡り鳥シリーズ」の影響があったのか、という質問に対してもちょっと興味深い答えが返って来た。ズバットが「渡り鳥シリーズ」をモチーフにしているのは有名な話だが、早川健の口笛を吹いてチッチッチと指を振るキザなポージングは宍戸錠演ずる仇役、エースのジョーの仕草を模倣したらしい。片側の肩を軽く上下させて手のひらを向けるポージングはハワイへ行った時に現地の子供が見せた仕草を取り入れたものだから、「早川健」とは、小林旭のスタイルと、エースのジョーこと宍戸錠の「キザ」と、子供の「愛らしさ」を見事に融合させたキャラクターと言えるのかも知れない。
 
 続く質問で「第1話で地獄竜が居たビルは今でもありますか」というのが出た。それに対して「空撮はお金がかかるから、あの映像は東京タワーの展望台から撮っている」と答える宮内。で「丸いビルはノアビルと言います。現在はありません」・・・きっぱり断言してるし(^^;
 
 ちょっと待て。まだあるよ、あそこ。と思ったら重ねて「はい、現在は丸いビルありません」
 
だから、あるってばーっ!!!(汗)
 
 この際だ、証拠見せてやる。えいっ!(撮影したのは一昨年だけど(^^;) 
 イメージ 1イメージ 2      
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 え?DVD映像特典の長坂先生との対談で「ない」って言っちゃったの?あらら(^^;実は、随分前の事だが、知人から「宮内さんが飯倉のノアビルを今はないって言ってた」と聞かされた事があった。その後、私自身が現地へ行き、何でそんな思い違いをしてるのかなーと思っていたのだけど(苦笑)。うーむ、もっと早くに突っ込んどくべきだったんだろうか(爆)。
 
 質問コーナーの後は「お歌のコーナー」(爆)。一応「持ち歌」(と言えるのか(^^;)の「二人の地平線」を歌う宮内。けど、やっぱりこれって暗いよねー、ノレないよねー(^^;って事で、その後はお待ちかね♪「地獄のズバット」の大合唱。大阪では会場の狭さもあってやや遠慮したんだけど、今回はもう思いっきり腹の底から「あすかーーーーっ!!!!」と大絶叫。あ〜、気持ち良かった(笑)。
 
 そして当の宮内はというと、1番を歌い終わると舞台から降りて観客の中に入り握手を始める。・・・えっ?ひょっとしてこっちの通路使ってくれちゃうわけ?ギクッ(^^;歌は3番まであるし、ヤバ、こっちまで上って来ちゃうじゃない。で、とりあえず握手を避けるためにデジカメを向け続ける(普段はあまり撮らないんだけど(^^;)と思ってたら・・・だから、そこで止まるなってば!うわっ!こらっ、カメラに寄って来るなーーーっ!!ギャーーッ!!!(断末魔の叫び)・・・何が起こったかは皆さまのご想像にお任せします(爆)。
 
 私たちが笑い転げて息も絶え絶えになった頃(^^;歌が終わって舞台に戻る宮内洋。プレゼントタイム&撮影会も済んで、最後に「どういう形でお別れをするか」という話に。会場から「日本じゃあ二番目だ」をやって欲しいというリクエストが挙がると、宮内、会場に居た「ダッカーの戦闘員」を1名発見し相手役にご指名(笑)。「お前さん、やっぱり日本じゃ二番目だ」「何だとぉ!じゃあ日本一は誰だ!?」「ひゅう〜、チッチッチッチ・・・俺だよ」とーってもベタベタだったけど思わず見惚れてしまった(*^^*)なかなか芝居ッ気のあるダッカーの彼は、大阪からの「民族大移動組」(爆)。えーっと、その格好で移動したんでしょうか(^^; 本当にお疲れさまでした。
 
PM6:30 出待ち
 出待ち。するつもりは全然なかったのだけど(^^;同行したメンバーで差し入れを持って来ている人がいたため、それを渡すため結局出待ちするハメに(苦笑)。J'sホールと同じ9階のエレベーター前で待つ事、何分だったかな?悠乃さんは急いでるような事を言ってらしたけど(周囲のスタッフの方も慌しい雰囲気だったけど)、ご本人は至って悠長だったような(^^;
 
 後方通路を通ってやっと出て来た宮内さんを「お疲れさまでしたー」と取り囲む私たち。と、私を見て宮内さん「どうして隠れるんだよ」・・・(^^;あのさー、別に今は逃げも隠れもしてないじゃない(それだったら最初っから出待ちなんてしない)。何だろ、自分でもよく分からないけど「距離感」が欲しいっていうか、特にイベントとかステージでは少し離れた場所から見てるのがいいっていうか、とにかく近いのが苦手なのよね(^^;これはもう、ファンの年数だとか、回数重ねてどうこう出来るモンじゃないんだろうな、きっと(と、思わず真剣に考えてしまった(笑))。
 
 エレベーターに乗り込む宮内さんたちをお見送りしてからお店を出た私たち。その足で「まんだらけ」に向かったタフなのもいたけど(^^;私は新幹線の切符を買っていたので三宮駅から新神戸駅へ向かう。さ、一刻も早く帰ってレポート書かなきゃ〜って考える、これってすでに使命感!?(自爆)
 
 今回のイベント、実は行くのをちょっと躊躇していた。直前まで踏ん切りがつかなくて、前日までためらっていた。でも。行って良かった、本当に。とっても楽しかった。沢山のお友達に会えたし(4年ぶりに会った方も!)、何よりも宮内さんに会えて嬉しかったし(*^^*) 皆さま、本当にお世話になりました。どうもありがとうございますm(_ _)m
 

 ・・・多分、これからもずっと「隠れる」と思うけど(だってこれ本能だもん(^^;)またきっと、行っちゃうんだろうなぁ、私。やれやれ(苦笑)。


['04/9/22 up date]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事