OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

AM11:45 サイン会スタート
 やがてサイン会が始まった。トークショーの前に買っておいたTシャツを引き取り、サインの列に並ぶ。
 
 初めに長坂氏にサインを頂いた。ズバッカーに乗ったズバットがプリントされた黒のTシャツ。長坂氏がサインを書こうとしたら・・・インクが出ない。それでなくともTシャツなんて書きにくい素材なのに。スタッフーーーーーッ!!!!!段取り悪過ぎる!インクの出くらい事前に確認しとけっ!!!(怒)
 
 そして肝心の宮内の方はと言うと。
 
 「ツーショット禁止」ってイベントルールを、宮内自ら破ってるんだけどっ!!(大爆笑)ってか、このルールは宮内に関しては絶対に適用されないだろう事は、最初から読めてはいたけど(^^;だからこそ、サイン会が1時間ってのは無謀だとあれほど(爆)。
 
 予想通り、サインの列が半分も進まないうちに「時間なのでこの辺でサインを一旦打ち切ります」という告知が入った。2回目のトークショーの後にまたサイン会があるので、その時にして欲しいとの事。あのー、必ずしもここにいる全員が夕方までいられるわけじゃないんだけど(怒)宮内の行動パターンが分かっている人間なら、絶対にこんな無謀なタイムテーブルは立てない。どうしてこうやって読みが甘いのかな(はぁ〜〜〜っ)。
 
 するとスタッフが私たちの処へ寄って来た。みんくるさんに「車イスの方だけ先にサインを頂けるように話をしましたので、前に並んで下さい」・・・それって逆差別じゃない?一瞬、ものすごい違和感があったけど、まぁ、いいや。この際だ、優先してもらっちゃえ〜♪
 
 志郎の恋人さんにカメラマン役をお願いして、みんくるさんと一緒に宮内さんの前に進んだ。まぁ、トークショーの間もみんくるさんの横にずっとくっついていたから、気づいていたとは思うけど、一応紹介。「私の友達です。よろしくね♪」・・・スイマセン、うっかりタメ口きいちゃいました(^^;すると「そのようですね」と宮内さん(それ以外に答えようがないよな(爆))
 
 見ると、宮内さんの斜め後ろにカメラを構えた志郎の恋人さん。いつの間にそんな所へ(^^;宮内さんの背後って事は、みんくるさんの前方にいるって事で。瞬間的に位置関係を計算。私が車イスを押し宮内さんの横へ移動して志郎の恋人さんがこちら側へ回っていると時間がかかる。咄嗟に「宮内さん、こちら側へ来て下さい!」動いて貰った(爆)。これなら私が離れるだけですぐツーショットになれる。これで今日の目的の半分は済んだので、とりあえず満足(^^)
 
PM1:30 トークショースタート
 1回目同様、先に長坂氏が登場し、続いてMCが「快傑ズバット早川健こと、宮内洋さんです!」とアナウンスすると、「かいけつ、ズバーーーーット!!」と宮内の力強いコール。オープニングテーマのカットイン。え?この流れって、もしや・・・?「ズバットさんじょー、ズバッとかいけつぅ〜♪」マイク握って宮内洋登場〜(^^;ぎゃーっ!恐怖の生歌だぁっ!!
 
 一体、この異様なテンションは何なんだ!?1回目と全然ノリが違うんですけど。しかも本人、とぉ〜っても気分良く歌ってるけど、「追って〜追って〜追い抜いて〜♪」って、追い抜くなあ〜っ!!!ツッコミ処満載の立ち上がりどうもありがとう(爆)。
 
 1回目のトークショーの、特に最初の処がグダグダで、なし崩し的に始まってしまったのが宮内的に引っ掛かったのだろう。MCによると、宮内自ら「歌って登場したい!」と言い出したらしい。確かにこの調子っぱずれな歌のインパクトは絶大だ。これが聞えたら他のフロアーで買い物している人も何事かと集まって来るだろうし(^^;「今から始めますよ」というケジメになり観客の意識が集中する。劇場での1ベル2ベルと同じ効果だ。こういう処はさすがにステージ慣れしているなと感心(でも生歌は刺激が強すぎる(^^;)。
 
 まずMCが、どういう経緯でズバットの企画が長坂氏へ行ったかを尋ねる。それに答えようとした長坂氏、マイクの調子が悪いらしくちょっと首をかしげた。すると宮内が立ち上がって観客に背を向けマイクの配線をゴソゴソ。あのぉー宮内さん、今日はADですか?(爆)
 
 宮内のテンションの高さに釣られたのか(笑)長坂氏も1回目よりノリが良い。「等身大ヒーローにしては珍しく5分しか戦えない設定は長坂先生が考えたんですか」とMCに振られ、「あれは・・・ウルトラマン!」単純明快なお答え、ありがとうございます(爆)。
 
 ズバットのオファーが来た時の事を回想する宮内。「ズバットってのがあるが、宮内やって欲しい」とプロデューサーに言われ、新宿歌舞伎町で飲み屋を5件くらいハシゴしたらしい(この時はさすがに「おさわりパブ」じゃなかったのか(^^;)。「お前がやってくれないとこの作品は潰れちゃう」と説得され(上手く乗せられ)、内心はヤル気満々だったがとりあえず「1日考えさせて下さい」ともったいつけて(爆)、オファーを受けたそうな。いや、本人はもったいつけたつもりだろうが、当時の東映のプロデューサーなら宮内の性格を充分知り抜いていたはずだし、恐らく「宮内ならきっとOKする」と読まれていたと思うぞ(^^;
 
 そして話題が「ジャッカー電撃隊」へスイッチ。「ジャッカーで好きな回は七変化。それを書いたのが長坂先生」と持ち上げる宮内。いや、ちょっと待て。確かに長坂氏はジャッカーの第32話「どっちが本もの?!危うしビッグワン」で番場隊長メインエピソードを書いている。確かにこれも七変化モノなんだけど、普通「七変化」と言われると、第29話「行くぞ七変化!鉄の爪対ビッグワン」が先に来る。こっちはジャッカーのメインライターである上原正三の手に拠るものだ。しかも宮内自身がこの2本をごっちゃに記憶しているらしく、第29話で隻眼の運転手が鉄の爪・アイアンクローが化けた美女に対して「俺がウインクしたら見えなくなっちまいますぜ」と投げキッスをした場面を引き合いに出し、この時の台詞は脚本にはなくアドリブだったと言う。一方の長坂氏は自身が書いた第32話をちゃんと覚えていて、「ババァの格好してガードレールを飛び越えるのが、ものすごく楽しそうにやってて面白かった」と、視聴者と同じ感想を持っているらしかった。
 
 うーん、宮内、ズバットやV3に比べてジャッカーの話をする機会が極端に少ないから記憶違いは仕方ないんだろうけども。去年、長石祭の時にも思ったんだけど、同じ作品に出演した共演者の事は比較的記憶に残るだろうが、キャストとスタッフという関係だと現場での接点が少ない分、勘違いが発生しやすいのかなと。近年は監督や脚本家がイベントに出演する機会も増えている。せっかくイベントなどで共演しても会話の中身が噛み合わなければ貴重なトークがもったいない。こういう時には、例えば、事前にイベント主催者側が接点のある作品をピックアップしておくとか、何か対策を考えて欲しい処だ。
 
PM1:45 サプライズゲスト登場!
 トークショースタートから15分程経った頃、サプライズゲストが登場した。「先輩!お久しぶり!」颯爽と登場したのは、同じスーフェス会場の別フロアーでサイン会を行っていた神敬介@速水亮。長坂氏も「仮面ライダーX」を数本書いているから、まんざら知らない仲でもない。思いがけないV3とXの共演に客席は大歓声!!
 
 「どういう形で共演した事があるんでしょうか?」と分かり切っている質問をここであえて振るMC(笑)。速水は「改造手術をしてもらったんですよ、V3に。マーキュリーパワーとか何とか言って」この時点で会場は既に大爆笑の渦。掴みは完璧。苦笑いした宮内「今度、風見志郎に聞いて来ます。今は早川健ですから」いや、あの、ファンの間では「宮内ヒーロー同一人物説」がまかり通ってるんですけど(^^;本人は「別人」のつもりなのね。
 
 宮内の言葉を受けて速水「ズバット?あーそうなんだ。でもほら、似てんじゃん、服とか」も、もう速水さんのツッコミがツボにはまって苦しい〜〜〜っ!「大変だったんですよ、改造手術の後、ヘアスタイルも変えて。大不評でしょ」・・・こ、この人はライダーファンを笑い死にさせるつもりか!(爆)
 
 そして去年の夏に出演した「ザ!世界仰天ニュース」に話が及ぶ。これの立ち回りのためにトレーニングをしていたらしい速水亮。それでも収録の時に膝が笑っていたと言う。「あの時、足大丈夫だった?先輩。立ち回り」対して余裕たっぷりに「まだまだ」と答える宮内。いや、この人の場合は足よりも息切れが気になったんだけども(^^;
 

 ひとしきりしゃべった後、二人揃ってのフォトセッション。「先輩とこんな一緒に写るの、こんな写真会は初めて」と言う速水に、「写真会じゃないですよっ!野放し状態になってるだけで」と切り返すMC(爆)。確かに、何かの記者発表かと思わせるくらいシャッター音が凄かったなぁ(笑)。ここで速水亮が退場。颯爽と登場して言いたいだけ言って、うーん、春の竜巻みたいだった(爆)。 (つづく)


['08/10/2 up date]

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事