OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

全体表示

[ リスト ]

 午後の上映前に行われた2回目の舞台挨拶は当初14時からの予定だったが、1回目の握手会が押した影響で開場が遅れ、必然的に数分遅れで始まった。
 
 出演者は1回目と同じ順番に登壇し、最初に松村監督が挨拶。「一部も来られたという方!」の言葉に、予想通り半数以上が挙手する(笑)。
 
 続いて宮内が挨拶。「1回目見た方!」・・・またそうやって無駄に笑いを取りに来る(^^;「見る事によって新しい発見が出てくるのが『ゲーム☆アクション』です。お時間のある限り、どんどん通って頂けたらいいなと、大河航が言っております」だからもう分かったってば(爆)。
 
 伴さんは「ビッグジョンジャックという悪役に挑戦しました、伴大介です。映画の中で結構面白い事をやっておりますので、じっくりと見て下さい」1回目より省略しつつも、言いたい事がちゃんとこちらへ伝わって来る感じのコメント。
 
 ヒロイン・佐藤寛子さんの挨拶では、「もう一回言わなきゃ、はい1回目見た人!」と割り込んだ宮内。1回目の舞台挨拶では絡まなかったのでここで絡もうとしたのかどうかは定かではないが(笑)、即座に「僕だけで充分ですから、芸人のポジション」とMCのTAIZOさんにきっちり突っ込まれた(爆)。そりゃあ突っ込みたくもなるよねぇ。MCは均等にネタを振ってコメントを引き出すのが仕事でしかも時間押してるんだから、ゲストが進行の邪魔しちゃいけません(^^;
 
 最後に「この映画の見所は?」と聞かれた松村監督が「大御所二人のアクション、肉弾戦」と答えると、出演者を代表して見所を聞かれた宮内は「画面を見てもらえば分かります。それだけ満足した、完成高いものが出来上がったと自負しております。皆さんもそうですよね?」といきなり周囲に同意を求めた(^^;急に振られた出演者が口々に「はい」と言うと、まばらな返事に満足出来なかったのか「そうですよね!?」と答えを強要(笑)。「はいっ!はいっ!!」一同が答えるもまだ納得せず、「もう一回、そうですよねっ!?」一同ヤケクソで「はあいっ!!」・・・しつこいっつーの!(爆)
 
 上映開始の時間が迫っている上に、おさわり会じゃなくて(^^;握手会があるため、トークそのものは10分弱と短かく、時間に追われていたのが逆に進行をグダグダにしてしまい、2回目はかなりカジュアルな雰囲気の舞台挨拶となった。握手会も25分ほどで観客全員を消化しなければならないという強行タイムテーブル。何しろ上映開始時間は待ってくれないので、握手はほとんど流れ作業状態(爆)。
 
 そんな握手会で宮内さん、私の顔見るなり「痩せなきゃなぁ〜」と苦笑い。反射的に「ほんっとに痩せて下さい。心配になっちゃいますから」って真顔で駄目押ししてしまった(爆)。もちろん、アクションに「体型」はあまり影響しないというのがこの作品できっちり証明されたので(爆)、私の「心配」はあくまでも病気とかケガとかそういう類の話なんだけどね。
 

 本当に、いつまでもアクションが出来る体力を維持して欲しいから、もう少し摂生してくれるといいんだけど。とか言いながらお酒を差し入れてるようじゃ、説得力皆無だけどさ(自爆)。


['09/10/9 up date]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事