OZの本棚 〜『OZの特撮使い』 開架書庫〜

日本一のHERO俳優 【宮内洋】 出演作品エピソードガイド&各種レポート

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

【 作品データ 】
放映/テレビ朝日系 1988/12/1〜1989/5/11 木曜午後8時〜9時 全18回 脚本/志村正浩、他 音楽/小林亜星 出演/高橋英樹、役所広司、春風亭小朝、藤代美奈子、他 制作/テレビ朝日放送、東映

【 STORY 】
 江戸に戻って来るなりスリに懐を狙われた殿様と千石はスリを庇う深編笠の男とすれ違う。男の名は笠間藩三万石の藩主・沢井景高。彼は屋敷に居る事を嫌い浪人を装って町に出ていた。だが藩政を任せていた次席家老の木戸が藩乗っ取りを画策、沢井は暗殺される。沢井亡き後、跡目を継ぐのは沢井の妹・千鶴姫だけだったが、用意周到な木戸は偽の千鶴姫を用意していた。沢井から妹の身を委ねられた殿様は、千石、たこと共に江戸屋敷に乗り込む。

【 笠間藩主 沢井景高 】
 沢井家に婿として入った父親と妾との間に生まれた自分が藩主となる事に抵抗を感じ、藩政を家臣に任せたまま町へ出ては気の置けない居酒屋の座敷で笛作りに没頭する、一風変った殿様。沢井家の嫡子である妹の千鶴姫はそんな兄の立場を思い出奔したが、それは反って沢井を苦しめるだけだった。やがて行方知れずだった妹から帰るとの手紙が届き沢井は喜ぶが、それを善しとしない家老の木戸は沢井の暗殺計画を実行に移す。
 
 愛妾の子である自分が藩主でいるのはおかしい、由緒正しき沢井家の娘である千鶴こそが婿を取り藩主となるべきだと悩む姿は、一見「妹思いの心優しい兄」のように描かれているが、実は煩わしい藩政の仕事から逃げているだけのわがままなお殿様に見えて仕方ない。どんなに小さい藩であってもその下には多くの民が存在する。藩政をおろそかにすると言う事は多くの民に苦労を強いる結果になると言う事を彼は認識していたのだろうか。そんな不甲斐なさが家臣の謀反につながったのかも知れないと思うと、このキャラクターにはあまり同情出来ないが、仕方ない(爆)。
 
 「妹思いの心優しい兄」・・・どっかで聞いたような気もするが、まあ、いいだろう(爆)。優しくて政には不向きの殿様、と言う宮内洋の個性からはかなりかけ離れたキャラクターで役作りが若干空回りしているようにも見える。宮内の毅然とした立ち姿からはとても「弱さ」は感じられないのだ。この役は「優しい」と言われる性格が「弱さ」「脆さ」に直結しているのだが宮内洋の本来の持ち味は「優しくて強い」であるからいただけない。ちょっとした仕草にもヒーローの片鱗が見え隠れしてしまう。
 
 笛作りが趣味の沢井景高。小刀で笛の元となる竹を細工し、かすかに目を細め満足そうに微笑む宮内洋の顔には今も昔も変わらない妖艶さが漂っている。そして馴染みの男衆に祭りの稽古を頼まれると目をまんまるに見開いて嬉しそうに「よし、じゃ、やるかっ!」と立ち上がる、ちょっといたずらっ子のようなその表情は観ているこちらまで嬉しくなってしまう程可愛い。しかし笛を吹く時に「よし、行くぞっ!」と気合を入れると、やっぱりヒーローモードになってしまうのにはいささか苦笑。宮内洋の台詞には独特のトーンがあるので、役のイメージに合わせて若干変えているのは分かるのだが、いつも同じ雰囲気に聞こえてしまうのが難点。ま、観ているこちら側にどうしても「ヒーロー」と言う先入観があるのも一因だが(自爆)。
 
 出奔していた妹が帰って来ると知って肩の荷が降りたのか珍しく深酒をする沢井は、藩主としての責務を負う身ではないのかと殿様(高橋英樹)に諭されると自らの生い立ちと妹への思いを吐露し藩政を投げ出す事なく千鶴姫の強い後ろ盾となる決心を告げる。この、妹を思い我が身の過去を振り返る時の表情がとにかく綺麗。チラッと流し目で殿様を見るほろ酔い加減の少し赤みがかった頬が「紅顔の美青年」ってな言葉を連想させる(美青年って歳じゃないのだが(笑))斜め下に落とした空ろな目線のアップには思わず「ご馳走様でした〜」って気分だし(爆)。
 
  だがそれもつかの間、ほろ酔い加減で歩いていた道すがら沢井は家臣の木戸とその配下の刺客に襲われる。最初の一手は素手でかわし刀を抜くが、普段小刀で竹筒しか削ってない沢井は三手目で斬り付けられてしまう。恐らく、屋敷では全く剣の稽古をしてなかったんだろうなぁ(^^;後を追って来た殿様に援護され刺客は逃げ去るが、深手を負った沢井は妹の身を殿様に委ねてこと切れる。エピソード中盤の山場で殿様が沢井の仇討ちに出るキッカケとなる場面だが、ここで何故か「段々と意識が遠のいて行く沢井」を見せてくれない。沢井を抱き抱える殿様を同じカメラアングルに入れ込み沢井を背後から映しているためだが、宮内洋の「徐々に瞼を閉じて行く表情」は例えブルーのアイシャドウがなくても充分美しいので、かなり残念。まあそれでもここまでは「美味しい宮内洋」ばかりを見せてくれていたので、善しとしましょうか(笑)。

開く コメント(0)

【 作品データ 】
放映/日本テレビ系 1988/1/8〜9/2 金曜午後8時〜9時 全33回 監督/鈴木一平、手銭弘喜、木下亮、田村忍、他 脚本/古内一成、小川英、若月ユウ陽、金子裕、吉野洋、他 音楽/林哲司 出演/鹿賀丈史、江口洋介、大沢逸美、西山浩司、勝野洋、火野正平、安原義人、山谷初男、江守徹、他 制作/東宝

【 STORY 】
 パトロール中の亀さんと美加が偶然発見した駐車違反の車は盗難車だった。あと一歩の所で犯人を取り逃がした美加は犯人の声に聞き覚えのある事に気付くが、どこで聞いた声なのか思い出せないまま自分が狙われている事を知る。

【 誘拐犯 神崎修三 】
 誘拐事件の主犯と言うメインゲストの扱いなのに中盤は全く出番がない。美加(大沢逸美)の記憶の中で同じシーンがリフレインすると言う形での登場なのでちょっともの足りないが、そこはやっぱり宮内洋。顔が出なくてもその動きだけで充分「宮内らしさ」を堪能出来る。
 
 前の年に横浜で小学生を誘拐したものの人質に逃げ出され失敗したマヌケな犯人神崎修三は、東京で第二の誘拐を計画していた。仲間を誘い盗難車を使って学校帰りの少年を待ち伏せするが、偶然通りかかった亀さん(安原義人)と美加に発見され追跡される。車の中にタバコの灰や吸い殻(つまり証拠物件)を残さない用心深さがある反面、一方通行の道にブルーの小型バンを駐車させると言う目立つ事この上ない((^^;行動を取る神崎。この段階で最初の誘拐が失敗した理由が判るような気がする(笑)。
 
 二人の追跡を振り切って全力疾走する神崎とその相棒はほうほうの体で墓地に逃げ込み、追いかけて来た美加は神崎と相棒の会話を耳にする。「しかし、なんであんな時にサツが・・・」その声を聞いた美加は以前自分がどこかで同じ声を聞いている事に気が付き、顔を確認しようとするが再び逃げられてしまう。美加が聞いた声、それは前回の誘拐事件の際に犯人がかけた身代金要求の電話の声だった。一方「顔を見られた」と思い込んだ神崎は誘拐計画を凍結し口封じのため執拗に美加を狙う。
 
 実は美加は神崎の顔を見ていないのだが「顔を見られた=殺す」と言う神崎の発想は実に単純。もし本当に見られていたらモンタージュなり前科者カードなりから全国指名手配されるくらい判りそうなものだろう(相手が女刑事だって知ってるんだから)。無関係な男を雇い捜査をかく乱するなど頭が良い部分も持ち合わせているのに、この単純さは理解に苦しむ(笑)。
 
 放送当時、刑事ドラマの犯人役が多かったせいだろうか、宮内の演技は実にふてぶてしい。チャチな誘拐(それも一度は失敗しているにも関わらず)なぞを企てるようなキャラクターには見えず、どちらかと言うとこのまま東映任侠映画にでもスライドさせればハマルのではないかと思えるほど貫禄がある(^^;デパートの配送所勤務でギャンブル好きと言う設定だが、デパートの配送所にあんなコワモテのおじさんがいたらトラック便のお兄ちゃんがビビるんじゃないかと心配になってしまう程見事にヤーさん化しているのは、本編中ついに一度もはずさなかったグラサンのせいだろうか(爆)。
 
 自分が狙われている恐怖心に耐え切れなくなった美加は亀さんと共に囮になり神崎を誘き出す事に成功する。だが捜査の裏をかいた神崎の罠にかかり仲間と引き離された美加は単身神崎を追う。ここでも神崎の行動は挑発的。何と言っても赤い車を逃走用に使っているのだ。ブルーのバンの次は赤い車。いかにも目撃者を大量生産してるとしか思えないんだがなぁ〜((^^;;;
 
 湾岸に逃げ込んだ神崎は小型船に乗り込み逃走を計る。すんでの所で美加に発見されるが、取っ組み合いをした挙げ句に美加の拳銃を奪うと、口元に薄笑いを浮かべ「さぁ、どうするね?女刑事さん」とそれまで逃げ回っていた憂さを晴らすかのように追いつめる。「お前、殺れ」と相棒に拳銃を渡し高見の見物を決め込んだ神崎だったが、美加の反撃を喰らい相棒が撃たれると逆上、何と美加に蹴りを喰らわす!!その前の取っ組み合いだけでも「女性相手に珍しい」と思っていたのに・・・。宮内洋、それまでも様々なキャラクターを演じて来たと思うが女性に蹴り入れるキャラクターは、まず、無かったんじゃないか(爆)。
 
 再び拳銃を奪われた美加と勝ち誇ったような神崎との緊張感溢れる対峙。そこへ釣り人を乗せた漁船が通りかかる。ハッとしたようにブルゾンの襟元に顔と拳銃を隠す神崎。だがその銃口は美加を狙っている。周囲は海。逃げ場はない・・・。その時!漁船から飛んで来た釣り糸が神崎の手首に巻き付いた!もがく神崎はあえなく御用。漁船から乗り移って来たのは「投げ釣りが趣味」と言っていた亀さんで(ここまで来るとほとんど「必殺」状態。でも私はアカレンジャーのレッドビュートを連想しちまいましたぜ(^^;)ふてぶてしかった神崎が大人しく捕まってしまったのはちょっと不満だが(笑)このクライマックスはなかなか見応えがあった。

開く コメント(0)

【 作品データ 】
放映/NTV系 1987/10/21〜1988/3/23 水曜午後8時〜9時 全22回 監督/村川透、一倉治雄、他 脚本/柏原寛司、新井光、大川俊道、他 音楽/志熊研三   出演/時任三郎、小林稔侍、関根勤、網浜直子、永島敏行、他 制作/セントラル・アーツ

【 STORY 】
 警視庁は東南アジアの覚醒剤密輸ルートにアパレルメーカー社長の宮坂が関わっている事を突き止める。捜査の手を逃れようと入院した宮坂を追って覚醒剤密売の証拠を掴むため内海が病院へ潜入するが、宮坂一味に捕らえられてしまう。一方、内海の相棒・黒木は、宮坂から出た覚醒剤を暴力団へと流していたバーのマスター・磯野を追い詰めるが、逆に弱みを握られ宮坂を殺せと命令される。
 
【 アパレルメーカー社長 宮坂四郎 】
 表向きはアパレルメーカーの社長だが、裏では東南アジアから覚醒剤を密輸し、暴力団へつながる売人へと流して巨額の富を得ている極悪人。この人、とにかく最初のインパクトがスゴイ。何しろ病院なのに薄いサングラスをかけ、オレンジ色のパジャマ(!)に金と黒のシルクのガウン(!!)を纏い 、特別室で美女をはべらせてはウィスキーのグラスを傾けるという、まるで「キイハンター」に登場する麻薬組織のボスのイメージそのままの、ステレオタイプだけど時代錯誤な格好に「一体誰がコーディネートしたんだ!?」と突っ込んでしまった(笑)。いくら80年代後半のバブリーな時代でも、さすがにあの安っぽいシルクのキンキラはないだろう(^^;
 
 が、密売ルートのボスとはいえ、表向きは一般人。屈強なボディガード・篠崎(三島新太郎)がついていない時の宮坂はかなりのヘタレ(爆)。バーのマスター・磯野は宮坂と暴力団との仲介をしていたが、宮坂の入院で覚醒剤が流通しなくなったため売人の渡辺(坂内良太)に宮坂を襲撃させる。渡辺に急襲された時の宮坂は抵抗や戦闘意欲もなく、腰を抜かさんばかりにひたすら逃げまくる。ヤリ手のビジネスマンっぽい外見と(いや、あの、だから、オレンジのパジャマとキンキラガウンは何かの間違いと言う事で(^^;)ヘタレっぷりとのギャップはかなり笑える。
 
 その後、宮坂を殺せと命令された黒木(永島敏行)の襲撃を受けた時の宮坂も相当なヘタレ具合だったが(^^;部下の殺し屋が助っ人に現れると形勢逆転。この時、黒木と対峙する宮坂は何故か突然べらんめえ調でしゃべり出すのだが、声が上ずりドスも効いていなくて、ハッタリが妙に中途半端。キンキラガウンを羽織るくらいのボスならもっと落ち着いた上から目線の方が貫禄があって良かったんじゃないかと思ったが、ひょっとしたらこれは宮坂の「小者ぶり」を表現するための演出だったのかも知れない。
 
 内海(時任三郎)の登場で形勢不利と見た宮坂は、部屋に隠してあった覚醒剤を持って逃走を図る。二人を追う内海と黒木。ところが。普通、覚醒剤などのブツはボスが持って逃げ、追っ手とドンパチするのは部下って構図がデフォだと思うんだけど、何故かこの親分子分は立場が逆の様で(笑)。部下の殺し屋に覚醒剤を持たせてボス自らドンパチ(爆)。あのぉ〜、ボスとは言え一応アナタは企業オーナーの一般人でしょ?アナタが後ろに庇ってるその殺し屋さん、そのお方の方が余程拳銃の取り扱いには慣れてると思うんですが(^^;まぁ、それまでヘタレてばっかりだったからドンパチやっていいとこ見せたかったのかも知れないけど(って誰に!?(^^;)
 
 病院の廊下で銃撃戦(そんな所でドンパチやるなよ、ズバットじゃあるまいし(^^;)の後は厨房で大立ち回り。内海VS宮坂の立ち回りは、うーん、これ、レンズのトリックならいいんだけど、どうもマジでぶち当ってるような気が。しかも顔殴られてるし。思わず「顔ぶたないで! 私、女優なんだから!!」って薬師丸ひろこの名台詞が頭を横切った(爆)。痛そうな立ち回りの最後は頭から小麦粉ぶっかけられて顔面真っ白+鼻血の紅白コンボ。いい男が台無しですなぁ(^^;
 
 見所は、ボディーガードの篠崎と結託して宮坂の覚醒剤を横取りしようと企む花屋の女を演ずる中島はるみ。おおっ、Gメンメンバーの共演♪肩パットのでかいニットとヒップラインを強調したタイトスカート、シャネルのキルティングバックが当時のバブル世相を表現している(笑)。でも、やっぱりあのキンキラガウンは・・・orz

開く コメント(0)

【 作品データ 】
放映/朝日放送系 1987/6/12〜9/25 金曜午後9時〜10時 全16回 監督/井上梅次、帯盛迪彦、佐藤武光、西村潔、小澤啓一、松井昇 脚本/大川俊道、日暮裕一、柏原寛司、他 音楽/若草恵   出演/渡辺徹、鮎川いずみ、川野太郎、梅宮辰夫、稲川淳二、他 制作/朝日放送、松竹芸能

【 STORY 】
 日本各地の金融機関を襲い荒稼ぎしている強盗団のハンギングを指令されたハングマンは、強盗団メンバーの鳴海が上京する事を知り宿泊先に盗聴器を仕掛けて様子を探っていた。どうやら鳴海らの今度の狙いは宝石店らしい。だが盗聴に気付いた鳴海は自分に接近して来たハングマンを逆に利用し罠にかける。

【 呉服卸業 鳴海孝一 】
 強盗団と言うのでカジュアルな服装のイメージがあったのだが(私の勝手な先入観だが)初っ端から黒のサングラスに黒(?)地にピンストライプのスーツとシルバーのアタッシュケースを持ちくわえタバコで登場。呉服の卸業で各地を回っているという設定には苦笑したが、ちょっとヤーさん入ったダンディぶりは相変わらず。
 
 狙いを付けた宝石店へ下見に出向き、店の向かいにある喫茶店で警備会社の車が到着したのを見て読みさしの文庫本に時刻をメモする鳴海。その時にノック式ボールペンをサッと取り出し顔の横まで大きく振り被ってノックする、その動作が相変わらず大袈裟だなあ〜と苦笑させられるがそれがまた何とも言えずカッコイイ。丁度「バリブルーン、発進!GO!」と同じテンポの動きなのだ。普通にボールペンを取り出したらその手の動きは画面では全く目立たない。ここでも「ひとつひとつの動作をカッコ良く見せる」宮内流のこだわりを感じる事が出来る。
 
 鳴海が自分が監視されている事に気付くシーンはとにかく目が離せない。アタッシュケースに入っている宝石店の見取図に指紋が付かないようにと白い手袋をはめる仕草、異変を感じて受話器をそっとはずす時の軽く目を閉じた表情など一連の動きはもう「まるごと宮内洋」(何だ そりゃ(^^;)という感じで、やっぱりこのひとはビジュアル的なカッコ良さを持っているんだなあ〜と再認識。

 鳴海らと同じ強盗団のメンバーだった須藤明子(鈴鹿景子)は、口封じのため恋人を鳴海に殺された過去を持ちその復讐のために鳴海を殺そうと付け狙っていた。それを知ったアンクル(梅宮辰夫)は復讐を手伝うと見せかけて明子に接近する。一方、鳴海の宿泊している旅館に潜入していたダブル(渡辺徹)は鳴海に盗聴がバレるが、明子と共に乗り込んで来たアンクルの気転で鳴海を助けたと見せかけ取り入る事に成功する。
 
 明子の代わりに拳銃を向けるアンクルに鳴海を庇ったフリのダブルが飛び付く。その隙に逃げる鳴海。スパイ物の作品には良く登場するシチュエイションだし文字で書くとすごくカッコイイ場面が想像出来ると思う。だが現実は、「不良番長」のカッコ良さは今いずこ、恰幅が良くなり過ぎてアクションシーンが全く似合わなくなってしまった梅宮”アンナパパ”辰夫と、郁恵ちゃんとの結婚を間近に控えてふやけていた渡辺徹との、お肉のぶつかり合いとでも言えるようなたるんだ取っ組み合いにはただ唖然。素直に宮内が梅宮の拳銃を蹴り飛ばした方が良かったんじゃないかとさえ思う(あ、主役が違うって?失礼しました(^^;)。
 
 何とか自分を信用させたと思い込んだダブルは鳴海と行動を共にし宝石店襲撃の計画を聞き出そうとするが、そこは鳴海の方が一枚上手で仲間の姿を見せずダブルには偽の襲撃計画を教える。ダブルを一人で宝石店に押し入らせ囮にしている間に違う金融機関を襲う計画だったのだ。それに気付いたアンクルは一味を追う。
 
 銀行裏口に駐車中だった警備会社の車を襲撃した強盗団はアンクルたちに追い付かれる。ここで立ち回りなのだが、これがなんとまあスピード感のないゆるいアクションで気が抜ける。アンクルとダブルが強盗団一味でスキンヘッドの兄弟に一発ずつお見舞いしてその丸めた頭をそれぞれ抱えて同士討ちさせるシーンなぞはほとんどギャグ(まあ、作品自体がかなりお笑い路線だったようなのでそれもアリかも知れないが)。お陰で鳴海とスポット(川野太郎)のアクションのキレが目立つ目立つ(爆)。欲を言えば「不良番長」ペアの絡みが見たかったのだが(苦笑)。
 
 この場面の宮内洋は黒のジャケットに黒のパンツでとってもスレンダー(に見える(^^;)。こういう衣裳で登場の時はアクションシーンが多い時なので期待していたのだが、期待以上にカッコ良く見えたのは、最後にダブルに銃(ショックガン?)を向けられた時の恐い程真剣な眼差しと撃たれて倒れた時の段々と意識が薄れて行く表情を最後の最後までカメラに残した事で「これが宮内洋だ!」と強烈にアピールしたからではなかったか。
 
 「強盗団のナンバー 2」という役処だが実質的にはメインゲストの扱いで、宮内洋の様々な表情を見せてくれるこのエピソードはファンにお薦めの作品。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事