過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


<4月2日:十三日目>

朝からタクシーで空港に移動。

ホテルから空港までタクシーで62€。
家族四人でロワシーバスを利用してもほぼ同額なので、
荷物を考えるとタクシーが便利でよかった。

着いたらすぐに、タックス・リファウンド。
その後、すぐにチェックインして、出国。

事前予約していた座席は、4人がばらばらに座る配置だったが、
カウンターでお願いしたら、子供(息子晃生8歳)がいるので
何と続き席に変更してくれた。
。。。言ってみるもんだ。

空港は、以前(と言っても10年前?)と違って改装されて、
ずいぶんときれいになっていた。

免税店で最後の買い物をした後で、エールフランスの
ラウンジでくつろぐことにした。
但し、ラウンジ利用可能なのは私とあと一人だけ。
本来なら奥さんと二人で利用したいところだが、流石に
勝手の分からないところで子供二人を置き去りにする
わけにも行かず、娘のアキと私の二人で利用した。
ラウンジは、日本のラウンジのような食べ物はほとんど無く
軽くつまめる程度のサンドイッチとスナック、チーズ類。
しかし、さすにワインの国フランスだけあって、ワインだけは
赤白泡が全部で9種類ほど置いてあった。
 
ラウンジでゆっくりしていると、フライトの時間がやってきた。

楽しかったフランス旅行もこれで終了。
最後に思い残すことが無いように、免税店をチェックして、
飛行機に乗り込んだ。

機内では、最後の免税品の買い物。
奥さんは貴金属を購入し、私は焼酎を購入。
焼酎は3M(森伊蔵、村尾、魔王)のうちの一つ森伊蔵の
4合瓶が3000円/一本で売られていた。
一人限定1本の商品だったが、我が家は奥さんと2人いるので
2本手に入れることが出来た。
定価で普通に買えば3000円よりも安く買えるのだが、
帰国後ビックカメラで調べてみたら、21800円/一本していた。

奥さんは普段焼酎など飲まないので、森伊蔵の珍しさは
分からないようで、何でそんなに酒ばかり買うのか。。。と
やや不満気味ではあったが、帰国後の価格を知って、
森伊蔵を飲みたがっている。
 
羽田空港に着いたら、多少は日本の震災の状況は改善に
向かっているかと思ったが、実際には何も変わっていない。
それどころか、福島の原発の状況など、出国時と比べても
悪化しているようにも感じてしまう。

羽田空港からはタクシーを使って自宅まで帰ったが、
タクシー代は3000円ほど。
心配していた、ワインも焼酎も無事帰国することができ、
移動も基本的には全てタクシーを使ったおかげで
重たい荷物の移動も無くスムーズな帰国となった。
 
2週間のフランス旅行を終えて、ブログも旅行中から書いた
ものの、結果的には帰国後3ヶ月以上もかけて、ゆっくりと
思い出しながらの更新となった。

来年?も、またフランス旅行を、今度はバスク地方から
ボルドーあたりを巡ってみたいと思った。

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事