Weg nach Berlin

2006ワールドカップ決勝の舞台へ

全体表示

[ リスト ]

ジョゼ・モウリーニョ

イメージ 1

 「自分が将来何をしたいのか分からない。」という人は俺と同年代の人間にたくさんいると思う。実際俺はこういう話を今まで本当に何度も聞いてきた。俺はそういう話を聞く度に俺が考えられる限りのアドバイスを常々してきたけれど、でも俺が他人に同じ質問をした事は一度もない。視野が狭いからと言われてしまえばそれまでだろう。でも必ずしもそうとは言い切れないと思う。
 将来に迷っている人は、夢があるかないかもあるけれど、憧れの人物がいない事にも関係してくるのではないかと思う。ちなみに俺の憧れの人物は、現在、イングランドのプレミアリーグでチェルシーというチームの監督であるジョゼ・モウリーニョだ。語学に至っては母国語のポルトガル語を含めて、英語、オランダ語、スペイン語を自在に操る事が出来る。
 モウリーニョに対して最も強烈なインパクトを受けたのは試合中の眼光の鋭さである。このインパクトはオリバー・カーンをはじめて見た時のものと同様のものだった。
 自分をエゴイストと高らかに言うモウリーニョは、交友関係の範囲が狭く、プライベートでは家族と数少ない友人のみを大切にする孤高の人間らしい。また、凄まじい努力家でもあるらしい。プライベートに費やす時間以外は徹底的に自分のチームと相手チームの研究に没頭しているそうだ。
 俺は、モウリーニョの眼光の鋭さから伝わってくる強固な精神力が努力の結晶のように思えてならない。また、眼に動揺や迷いは全く感じられない。モウリーニョは絶対的な自信に裏打ちされた戦略が遂行されているピッチを常に見ている。これから必死に努力し続けて将来彼のような人間になってみたい!

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事