ちょっとピンぼけ

ちょっとだけピンぼけのはずなんですが、調子っぱずれみたい!!
 8月25日、久しぶりに米沢市の上杉藩代々の藩主が眠る御廟所に行ってきた。謙信公を初代とし,12代までのお墓が並ぶ。上杉鷹山公は第10代、派手な装飾のない社でお墓が守られている。
  ところが今回、なぜか2代景勝公の隣に14代茂憲公のお墓があることに気づいた。13代藩主は新政府に逆らったために藩主を剥奪され14代茂憲公が藩主となる。しかし、茂憲公も廃藩置県で藩主は廃止となる。
つまり、13代、14代の藩主は存在しないことになる。なのに、13代はないが、14代のお墓が存在する。
調べてみたら、廃藩置県で茂憲公は沖縄県の県令(知事)になる。沖縄の知事としては、たった2年弱ではあったが沖縄の発展に尽力し、沖縄の人々に慕われた。
...
 その沖縄の人たちが、お金を集め、茂憲公も上杉の藩主としても墓をつくるようにお願いしたとのことだ。それも、景勝公の隣、むき出しの墓ではあるが訪れる人には印象深い。
 この人物からも、鷹山公の民のための祭りごと教えが引き継がれていたことがわかる。明治政府は沖縄に対して厳しかった。その後も、現在に至るまで政府の政策は厳しすぎる。
 参拝に来ていた人といろいろ話をした。明治政府、長州藩中心の政治、西郷が追いやられた話など、
「長州は嫌いだ。今の総理も、、、、、、、、。」
東北人の歴史観は不思議に似ている。

イメージ 2


イメージ 1

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 6

イメージ 5

イメージ 7

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

益子ひまわり祭り訪問


8月22日、栃木県益子町、印象的に駅舎、東京までの運賃は高額、
そして益子焼の販売店を一回りをして。コーヒーカップを買う。
目的は200万本のひまわり畑、19日までひまわり祭り。
8月中は見れるという情報を聞き、出かけた。ドーム2つ分。
しかし、ほとんどは刈られていた。
2台のトラクターがすごいスピードで往復していた。
ひまわりが刈られる頃は、夏の終わりなんだろうけど、
今日の日差しは刺すように痛い。
そして熱風。刈られて土にまかれた種がまた芽を吹きそう。

イメージ 5

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事