ここから本文です
木の音・風の音・水の流れる音
・・・・・・・・・・・「出会えてよかった、こんな素敵なことがあるんだ」の世界をいっぱい発見したい!・・・・・・・・・・・・

書庫バイクでひとっ走り

すべて表示

イメージ 1

作成日 : 2017.4.26(水)



 ゴールデンウィークを目前に控え、これが今月最後のツーリングとなりそうです。

 ちなみに4月は、今回も含んで4回・959Kmの走行となります。

<今回の走行記録>

イメージ 2

 走行距離 : 393Km
 走行時間 : 約8時間強



 都市部の大渋滞を避けるため、池田まで阪神高速を利用した後は、延々下道をひた走り。
 まだまだあちこちで桜が咲いており、新緑のみどりとの対比がくっきり美しく春の残り香を味わいながらのツーリングとなりました。

 そしてまず着いたのが「加悦SL広場」。

イメージ 4

 美しい青空をバックに浮かび上がったのが、ミニチュアのような旧加悦駅駅舎

 その横に置いてあった、1910年頃に製造された京都市電にご挨拶。

イメージ 5

 ここには、とっくに現役を退いた汽車や列車が勢揃い。

イメージ 6

 入場料を払えば、今は重要文化財になった汽車も見ることができるのですが、時間もないのでパス。

 ところで、さらっと書きましたが、「加悦」は「かや」と読みます。
 近くにある「間人(たいざ)」と並んで、難読地名ですね。

 地名の起こりとしては、・茅の原だった ・朝鮮半島の古代国家「伽耶国」から ・地内吾野神社の祭神我野迺姫(かのやひめ)から など諸説はあるものの未確定です。



 この後の、現地での行動経路。

イメージ 3

 すでに12時前なので、お昼を食べるべく、大下倉(たかくら)醤油醸造所が経営する「大丸醤油cafe」に直行。


イメージ 7


 ところが・・・、

イメージ 8

 月曜日定休!・・・いやな予感はしていたものの、がっかり。

 「大丸醤油cafe」については、昨年出かけたときのブログで紹介しています。よかったら、下をクリックして見てくださいね。




 仕方なく食事は先延ばして、まずは「峰山駅」に立ち寄り。

イメージ 10

 駅舎の上に、不思議な青い鉄骨が見えます。これは手機の織機をイメージしたものとか。
 流石、丹後縮緬(ちりめん)で有名な土地ならではのモニュメントですね。

 その後、府道17号沿いにある「郷村断層」を見学するための急な曲がり角で、歩道の縁石に乗り上げ少しの段差と砂利で久しぶりの立ちごけ!

 300Kgの車体を起こすのに体力と筋力と要領が・・・、日頃の筋トレが功を奏しました。
       (写真を撮る心のゆとりなし!・・・すなわち必死)

イメージ 9

 この断層は1927年の丹後半島震源の地震が原因ですが、この近くの海には原発がたくさんあります。
 本当に大丈夫?



 心配しながらも腹が減るへる・・・、次は「網野駅」に立ち寄り。

イメージ 12

 ここの駅舎は、海に浮かぶヨットを象徴した屋根になっています。

イメージ 11

 ここの観光案内所で、近くの「とっておき食事処」を紹介してもらい行ってみると

 オーマイゴッド!・・・またも休業日。

イメージ 13

 高校生が作った、なんともゆったりとした俳句に和まされ、ぐっとこらえて別の店を探し、やっとありついた観光旅館での「海鮮丼」。
  食べ急いで、写真なし。



 ここからはもう帰路となります。

 道の駅「くみはまSANKAIKAN」に寄ってスタンプを押した後、「久美浜駅」に到着。

イメージ 14

 ここは、実に重厚感のある駅舎です。
 元久美浜県の県庁玄関を再現した、風格豊かな本格的和風建築。

 言い忘れましたが、これまで立ち寄った三つ駅は、すべて「京都丹後鉄道」です。

イメージ 15

 「久美浜駅」とさよならした後、国道312号から国道462号を一気に南下。

 京都府京丹波市久美浜町と兵庫県豊岡市但東町をつなぐ「たんたんトンネル」に到着。 両方の地名の「丹」と「但」をつないだ命名なんですね。

イメージ 16

 このトンネルを抜けるとすぐに、「たんたん温泉」がありますが、そこで記念撮影。 まだ桜が咲いていました。

イメージ 17


 ここからさらに南下すると、ぱっと明るい風景が飛び込んできました。

イメージ 18

 見事なチューリップ畑です。

イメージ 19

 陽も少し傾き、バイクの影がくっきりと浮かび上がります。

イメージ 20

 なかなかきれいなシルエット!

 最後の立ち寄り地、道の駅「能勢くりの里」から見える「能勢ささゆり学園」。
 ここは、昨年開校したこの町で唯一の施設一体型小・中一貫学校です。

 先日、通学バスから降りた児童が、暴走してきた車にはねられた事故が発生しましたね。

イメージ 21

 斜陽が校舎を美しく照らしています。
今回のツーリングの最後を飾る、美しい光景でした。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 大阪城

    2017/4/9(日) 午後 5:32

     妻が、同窓会でKKRホテル大阪に行って、撮ってきました。 大阪城も今が最高のようです。

  • フィットネス代わりに さっさと歩くと、 家から南に5分足らずで、東西に流れる人工の川「第二寝屋川」を通過。 コンクリートの護岸も、夕焼けに照らされてそれなりに美しく描かれます。 そこから ...すべて表示すべて表示

  • 作成日 : 2017.3.30  今年度末で38年間勤め上げ、満願退職する妻と一緒に、春の女王とか妖精と呼ばれる 「カタクリの花」 を見たくて、丹波市氷上町にある「十九山 達身(たっしん)寺」を訪ねました ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事