ここから本文です
木の音・風の音・水の流れる音

書庫ゆったりチャリツー

すべて表示

イメージ 1

行った日 : 2018.6.14(木)
作った日 : 2018.6.17(日)



 この日は、種からまいたヒマワリが花を咲かせ、
すがすがしい天候(梅雨晴れ)となりました。



 久しぶりに、X-TREIL(車)とFX3(クロスバイク)のコラボで
サイクリングに出発。



 スタート地点は、京都市西京区の桂上野

 桂川沿いは桂川サイクリングロードが完備しています。


イメージ 2


 写真の後方に見える山は、山城と丹波国境にあり、
光秀が信長に謀反を起こす一週間前に

「ときは今 あめが下しる 五月哉」

と歌を詠んだ愛宕山

東の比叡山と並んで、西に座する信仰の山です。


 さあ、ここから北上して、まず目指すは嵐山「渡月橋」。



イメージ 3


 土手のサイクリングロードは、車の心配が全くなく、
のんびりと走ることができます。


 地域の方が、丹念に手入れされた季節のお花たちが、誇らしげに咲いています。



イメージ 4

 距離にして3.5Km程度走ると、もう嵐山の中之島に架かる小さな橋に到着。
川面をぬける風がとても爽やか!

 リラックスした格好で散策する外人の姿を見ると、
随分海外旅行慣れしてるんだなあと感心します。  



イメージ 5

 中之島から見える渡月橋

この橋の名は、亀山上皇が橋の上の空を移動していく月を眺め、
「くまなき月の渡るに似る」と述べたことに由来しているとか。



イメージ 6

 この日はたまたま「嵐山若鮎祭」6月第2木曜)の日。


保津川の鮎解禁に会わせ、炭焼き鮎を振る舞う日なのですが、
長〜い行列で、しかも事前予約が必要なんだそうです。


 なかなか立派な鮎で美味しそう!


イメージ 7
一尾500円也!

ここからは、渡月橋を渡って亀山公園へ・・・

イメージ 9

 ここに来るのは久しぶり。
クロスバイクを担いで石畳の階段を上がります。


バイクがあると他の観光客に迷惑だろうから、
京都を一望できる展望台には行かず竹林の方へ。


 途中、周恩来首相の記念詩碑や、
保津川・富士川・天龍川・鴨川・高瀬川などの開削事業を行った
角倉了以の銅像にご挨拶。



イメージ 8

 竹林では、ベトナム人ツアー客がいっぱい!


それでも、ふっと人並みが途切れたところで写真を撮りました。

イメージ 10

こちらは、「嵯峨野竹林(ちくりん)の小道」

野宮神社から大河内山荘をつなぐ約200mの観光地。

イメージ 11

「大河内山荘」
俳優大河内傳次郎がここの雄大な風景に魅せられて、
30年にわたり丹精込めて作り上げた優美な庭園がある
と解説板に書かれていますが、今回は拝観をパスします。


イメージ 12


ここから嵯峨野トロッコ列車の駅までは、下り坂ですぐ。

イメージ 13

旧のJR路線を観光用に活用して亀岡まで走り、
保津川下りと組み合わせた超人気の路線となっています。


この駅の側にあるのが、日本髪結師の初祖といわれる「御髪神社」

そこの絵馬には、

イメージ 14

髪がいつまでもありますように
➮ フムフム、共感します!

この世から、戦争とハゲがなくなりますように
➮ それは同列にはでけへんよ!

もしはげるとしたら、オシャレなハゲオでお願いします
➮ 願わずに、自己努力で行こうよ!

ハゲても 人としては 美しく生きれますように  利他の心
➮「利他」の意味がチャイまっせ!

人の願いをのぞくのは悪趣味だけれど、こうして見ると楽しい。


イメージ 15

 修学旅行生とすれ違いながらふと見ると、
古風なお家の庭にユリの花が咲いています。


イメージ 16


ここのお宅の窓に映り込んだ我が身を自撮り。

イメージ 17

 落柿舎(らくししゃ−芭蕉の門下僧-向井去来のすみか)近くの
散歩道から離れたところにある「西行井戸」。

その案内石碑に書かれた言葉の奥が深い!

「西行 定家 去来 あはれ あはれ 
 侘びのうた人は ひとり住みたり」


イメージ 18


 平家物語に登場する尼寺「祇王寺」。

以前、雪がうっすらと積もる門前の坂道を、
バイクでおそるおそる走ったのを思い出しました。

今思えば、ようやった!


イメージ 19


この辺りから、人通りはめっきりヘリ、
愛宕神社「一の鳥居」辺りでは、
ほとんど人がいません。

イメージ 20

この、鮎専門店「あゆよろし 平野屋」。

創建は400年前の江戸時代初めとのこと
母屋の多くは当時のままで、一番新しい奥のお座敷でも
天保年間の頃にさかのぼるそうですよ。

イメージ 21


鮎を焼くけむりが、窓のさんから出てきました。
そっと店内をのぞいてみると、
表の静寂とちがって結構な人の入りです。

ここからさらに坂を上がると、愛宕山念仏寺

そしてその奥に現れたのが京都の心霊スポット!
「清滝トンネル」


イメージ 22

 信号が青の時に入ると、亡霊が現れ取り憑かれる!

だったら抜けられまへん〜。

いやいや、いったん待って次の青で抜けると大丈夫。

ところが、この赤が長〜い。

*長さが500メートル近くあるのに車一台分の幅しかないので、
安全に行き交うために作り出した話なのかな?(勝手な想像)


イメージ 23


嵯峨釈迦堂−清涼寺には
豊臣秀頼が多額の造営財を寄進していたことに関わって、
夏の陣で自害した秀頼の首塚があります。

大阪城三の丸跡付近で発掘された頭蓋骨が秀頼のものと断定され、
穏やかに供養すると言うことでこの地に埋められたようです。


さて、ぼちぼち戻りますか。

京友禅を用いた600本のポールを林に見立てた中の嵐電「嵐山駅」。

イメージ 24

ここから、路面電車の駅を追って、
車折神社・有栖川・帷子ノ辻(かたびらのつじ)・太秦広隆寺
の各駅に立ち寄り、近隣の寺社に立ち寄りながら桂川沿いに。

最後の立ち寄り地は、
小学5年生の時に父に連れられてお参りに来た思い出の
松尾大社

醸造関係者から信仰の篤い神社で有名です。


イメージ 25

この松尾大社は四条通の西端に位置し、
東端の八坂神社と対峙して鎮座します。

資料館には、翁の姿で現れた松尾の神の能面が展示されていました。


イメージ 26

神社の大鳥居前の、清らかな水の流れを見ながら、
今日一日の疲れを落とし、パーキングまで向かいました。

イメージ 27


<今回の走行ルート>

イメージ 28

走行距離は、わずか22Km程度でした。
#嵐山
#嵯峨野
#サイクリング
#あゆよろし平野屋
#京都心霊スポット
#桂川サイクリングロード

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 映画ー妻よ、薔薇のように

    2018/6/1(金) 午後 5:01

    2018.5.31(木) 映画・・・「家族はつらいよ」シリーズ第三弾 「男はつらいよ」ならぬ 「妻はつらいよ」 の世界を、 主婦の奮闘振りと男の身勝手さ ...すべて表示すべて表示

  • 作成日 : 平成30年5月27日(日)  4月末に、兵庫県白毫寺の九尺藤を見に行って以来、 久しぶりの・ツーリング記です。 いきなりですが、麦の生産量一位は言うまでもなく北海道。 ...すべて表示すべて表示

  • ブログ作成日 : 2018.5.23(水) 今回は、 伊丹市立美術館 で開かれている 「カラー写真のパイオニア」 と評される 写真家ソール・ライター の、 日本初の大規模な個展を見に行こ ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事