ここから本文です
ゆったりおおぞら91号
ライブドアへ乗換予定。93号にお乗り換えのお客様は、8月31日までお待ちください。ありがとうモハ103-107。

書庫全体表示

イメージ 1
こんばんは。REIです。あれ、おまえ珍しく連続記事だしてんじゃん、っておっしゃる方もいるかと思いますが私にとって見過ごせない危機を感じたので記事にさせていただきました。何を隠そう今回騒動になっているのは「車内販売の大幅縮小による取扱品目の整理」なるもので、いままで多くのツウからから「シンカンセンスゴクカタイアイス」と親しまれて(?)きたアイスの取扱が終了するということです!今回はこのスゴクカタイアイスをスゴクテキトウナキジで書いていこうかと思います。

Ⅰ・「スゴクカタイアイス」って何?
そもそもの前提だけ先にお話しましょう。このアイスは現在「スジャータ」という会社がJRの車内販売で取り扱っているアイスのことです。「スジャータ」とはあの「褐色の恋人」というフレーズや、街で走るトラックもいまだに左側が「ターャジス」になっていることなどで有名ですよね。


このアイスの本名は「スジャータ・スーパー・プレミアム・アイスクリーム」といいます。なんだか褒め言葉をすべて並べたかのような強そうな名前ですが、味は格別に美味しくて、私も新幹線や特急に乗車した際はかなりお世話になっています。そこらへんのコンビニアイスより美味しいと感じています。
さて、美味しいのはいいのですが、このアイスがこんなひどい名前をつけられてしまった所以は、その名の通りズバリ
メチャクチャ固い。
このアイス、実は正しい食べ方は「冷蔵庫から出して10分待つ」というもので、本当に車販でお金を払ってキンキンのアイスを手にしてさあ食べるぞ、ってなってもしばらくは食べられません。あまりに固すぎて。

一番最初にお目にかかったときに、私は乗車時間残り5分で締めにってことでアイスを買ってしまい、あまりの硬さに動揺して勢い余ってスプーンを折ってしまうという大変な目にあってしまいました…今ではいい思い出です。

この固さには乳脂肪分の含有量に関係があるのですが、とにかくこのアイスは固すぎることで一躍有名となり、現在では鉄道ファン内では旅の友として愛されています。

Ⅱ・今回大幅に買えなくなる…けど、希望はまだある!北陸新幹線の所存など
さて、こんな「シンカンセンスゴクカタイアイス」ですが、今回騒ぎになったとおりJR北海道を皮切りに始まった車内販売サービスの大幅縮小に伴い、同時にちゃっかり品目が変わるということでこのアイスの扱いが終わってしまうそうです。

しかしここでREIは考えました。「でもこれ、本当に全部終わってしまうのかな?スジャータ側が黙ってないんじゃないかな?」と。そんな懐疑心を胸にプレスリリースを幾度となく読み返すと、いくつか気になる点がありました。

①北陸新幹線が取扱品目見直し対象に入ってない???
まず初めに目に入ってきたのは、この一文。
イメージ 2
プレスリリースの「販売は継続するが、取り扱い品目見直し対象になる列車」という項目の抜粋です。ここに、ちょうど青く塗りつぶしてありますが
“※「かがやき」「はくたか」は販売を継続します。”
という記述があるのです。よく考えてください。「かがやき」「はくたか」は車内販売取りやめリストに入っていません。加えてもちろん、画像をみればわかりますが見直し対象リストにも入っていません。そして、この「かがやき」「はくたか」は現在も「スゴクカタイアイス」を売っています。

→つまりこれは、北陸新幹線では品目見直しの対象外で、スゴクカタイアイスは引き続き販売継続される

という意味なのではないかと考えたわけです。はっきり明言されていないのでわかりませんが、この希望にかけるとするならば、まだ車内販売からスゴクカタイアイスが消えることはないということになります。できれば無くならないで欲しいですね。あんなに固い固い言いながらも味は本当に美味しいですからね。

②東京駅の新幹線ホームで買える!?
とはいえ、ビジネス新幹線としては最も利用数が多いであろう東海道新幹線でアイスが買えなくなるのはかなりの痛手。

しかーし!オフィシャルには公言されていませんが、なんとこの
地味に車内以外では入手が難しい「スゴクカタイアイス」を東京駅、それも東海道新幹線ホーム上の売店で買うことができるようになったのです!
2018年10月までは、完全に車内限定でした。いやもちろんネットにはありましたよ。ですが、10月以降に、名古屋と東京の一部の売店でこのアイスが販売されるようになりました。

この「スゴクカタイアイス」を売っている売店は、東京駅18・19番線ホームに1店だけある、「デリカステーション」というお店です。一見キオスクっぽく見えてしまうので素通りしてしまう方が多いと思います。この店舗にはちゃんと冷凍庫内にキンキンに冷えたアイスが並んでいます。おそらく買ってから10分というとかなり手頃な時間ではないかと思います。

Ⅲ・結び
今回は手短にスゴクカタイアイスの先行きについて記事にしました。おそらくこの記事をみているあなたなら一度は食べたことがあるかと存じますが、もしまだ食べていないよという方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度身近になくなってしまう前に食べてみることをおすすめします。本当、おいしいですよ。

イメージ 3

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事