ここから本文です
ゆったりおおぞら91号
ライブドアへ乗換予定。93号にお乗り換えのお客様は、8月31日までお待ちください。ありがとう800系。

書庫全体表示

イメージ 1

こんばんは。REIです。ダメだ、最近全然更新が追いつかない…ほとんど毎週土日しか出していない状態でしたが、先週ついに一週間で一度も更新をしないという快挙を達成(?)いたしました。こんなグダグダでも毎月1万人の読者の皆様に来てもらえていると思うと不思議なもんだと思うわけです。記事カレンダーの右側スカスカですからね。
先日も何気なくYahoo!のマイページを開いたらですね、通知のところに
「あなたは先日のブログ訪問者数が上位ですのでTポイントを進呈いたします」
とか言うのが大量に来ていてなんだこりゃと思って見ると、なんと!知らぬ間にTポイントが280ポイント程度溜まっているではありませんか!こんな制度あったんだ〜(今更)。まあ私はこのブログをお小遣いに使おうなんてこれっぽっちも考えていませんけどね。ただJimdoブログがあまりに使いにくくて移転してきた、ってだけです。

前置きが長くてすいません。では本題へ参ります。

※O6編成解体の裏が気になって入ってきた方はこのⅠは飛ばしても問題ないです。
Ⅰ・このごろ鉄に流行るもの
さて、昨今から鉄道界を騒がせているうちの一つが「新型車両の登場」であります。それと同時に、一部の大量の「葬式鉄」と括られる方々たちが中心となる「旧型車の引退」も騒ぎの一つでしょう。今日も485系ジョイフルトレイン「宴」の廃車回送などという根も葉もないツイートが散々出回りましたからね。それだけみなさんはこの「都心の第一線からの引退」を重要視していることの現れでしょう。

ですが、これらの方々に私が疑問をというか投げかけたいのは、その先が見えているだろうか、ということです。例えば、トップ画像の03系。一部の車両は熊本電鉄や長野電鉄に譲渡されるので、ツイッターなどでは「ありがとう03系!熊電でもがんばれ!」とか、「新天地でもがんばれ!」といったツイートが多々見られます。
イメージ 2

しかし、当の譲受側は何を考えているでしょうか?
熊電の場合は編成数も合わない上、熊電本人が「車種が増えるが、古い車両も大切にしたい」と言っているため置き換えの可能性は低いと思われますが、
長電の場合、(なんか前にちらっと話した気がしますが)同じ営団日比谷線の3000系を置き換えたいという思惑があるのでしょう。そんなとき、もし本当に消えてしまう車両を追いかけるのなら、03よりも3000を追いかけるべきではないか?と考えたわけです。そこで今回はこの「玉突き」によって最終的に生きることすらできなくなりそうな危ない車両たちを見ていきましょう。

Ⅱ・実際に都心からの玉突きで完全引退させられそうな車両たち全チェック!
①東京メトロ03系→長野電鉄3500系
さて、まずはタイトルにもなっている長電の話題でございます。たしか地味に引退が危ない車両東京メトロ特別編において03を取り扱ったとき、長電の東京・中野で行われた議会で「車両は未定だが近く3500系を置き換える」と明言されたと記事にしました。今回はその延長線です。

まず、現在の長電の3500系(3600系)の所有状況と車歴について見ていきましょう。
編成番号  車両番号       製造日    長電入籍日  車歴
 N3編成 3503-3513    1964.2.11  1994.6.15 55年
 N6編成 3506-3516    1964.3.5  1995.4.2   54年
 N7編成 3507-3517    1964.5.11  1996.3.28 54年
 N8編成 3508-3518    1964.1.14  1995.12.28 55年
 O2編成 3522-3532    1963.12.19  1993.6.11   56年
 L2編成 3652-3602-3612  1964.4.8    1997.4.5  54年

さて、どれも50年以上経っている強者どもばかりです。そして、これらを置き換えるという計画内で発表された本数と、メトロが送り出す予定の本数が合えば、この「形式未定」とされてきた長電3500/3600置き換え車両が03系kか否かということがわかるわけです。
イメージ 3
まず、2017年の「地域連携長野電鉄長野線沿線活性化協議会において発表された導入本数は…
2019年度→3両編成2本 2020年度→3両編成1本 2021年度→3両編成2本

次に、メトロ側がいくつ送り出すか、という問題ですが、これはメトロが発表していない上、現在一切譲渡が回っていないためすべて推測の域を超えません…
現在残る03系は、VVVF更新車(B修繕車)の101F〜108F・135F・136Fと、非V更新車の129F・139Fです。
〜余談〜
2両編成3本の譲渡が確定している熊電と、本数のわからないものの2両編成何本かを譲渡する予定の北陸電鉄向けと思われる、待機している03系先頭車ペアは、
☆行徳→130F・132F・134F ☆千住→137F・140F・141F (131Fは熊電搬入)
この本数的に熊電は残り二本・北陸は不明ですが四本と、軒並み2〜4本程度にとどまっていますね。

さて、二両編成は長電譲渡に全く関係がないので、この待機中の車両を除くと解体済み車両だけになってしまい、結論から言うと現在も走っている03のうちの誰かになります。
しかし、2019年度には13000系14本が投入され増備が完了します。すると03はこの時点で全廃となり、本数的には余るくらいですが果たして2021年度まで譲渡がもたれこむかどうか…。

結果→本数的には余るくらいあるが、実際にそうなるかどうかはわからない

なんだか一番悲しい終わり方ですね。ちなみに3000系6本に対し形式未定車を5本導入とは数があっていないじゃないか!という方もいると思いますが、これは実はただの減便です。9020系で8500系置き換えるときと一緒ですね。

☆O6解体の裏側とか銘打っておいて何も説明がないじゃないか!
すみません、これの説明を忘れていました。これも私の推測ではあります。
今回のO6編成はすでに営業から退いており、今回車体を留置していたものが解体になるということです。が、これってなんで急にこんなことやったんでしょうか?これって、もしかして、もしかしてですけど、

他に廃車体が留置される予定があって、O6が邪魔になったからなのではないか?
さらに突っ込むと、
廃車体ができる予定があるってことは、03がやっぱり来るんじゃないの?
信じるか信じないかはあなた次第、っていう必殺技を使うしかありません(-_-;)

②西武鉄道10000系→富山地方鉄道16010形
こちらは何の発表もなく、ただ単に西武だからという理由によるものだ。もちろん車両数も十分合い、元西武5000も車齢が50年を超え始めたため、置き換えられても不思議な話ではない。ただ、10000の床下は5000からの流用のため、はっきりいって置き換えのメリットはあまりないと思われる。

③京急800系→琴電1000系
これは京急同士だからという理由ですが、多分絶対にありえません。もう手遅れですしね。

Ⅲ・結び
なんだか変な記事になりましたね。私が言いたかったのは03と3000関連のことだけだったんですが、なぜか後に二つくっつけました。特に③とか何なんだ。本当に適当ですね。

ですが私は、この適当ペースを崩すことは、世界の終わりでも来ない限り当分は変えるつもりはございません。



イメージ 4

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事