ここから本文です
趣味いろいろの戯れ
今年2017年が古稀の多趣味な人間ですので、よろしくお願いいたします。

書庫全体表示


層雲峡は、石狩川沿いに柱状節理の断崖が続くこんな景色のところです。
 
イメージ 1

そして、層雲峡は何度も来てますが、今回は初めて見る場所や光景があるのです。
ここは上図の赤丸印のマネキ岩ですが、黒岳登山をしたからこそ、すぐ側で見ることが出来るのです。

イメージ 2

層雲峡の断崖は普通、見上げて見るのですが、今回は黒岳の登山道から見下ろして見ることが出来ます。

イメージ 3

イメージ 4

ロープウェイからは層雲峡温泉街が一望出来ますよ。

イメージ 5

そして、ハイ、いつもの層雲峡の素晴らしい光景です。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

最後は大函と呼ばれる美しい光景を観光です。

イメージ 10

素敵ですね。

イメージ 11

これは昔のトンネルで大函のすぐ横ですが、新しいトンネルはちょっと離れていて、意識していないと通り過ぎてしまいますよ。

イメージ 12

これで、層雲峡とはお別れです。

さて、2日間車中泊だったので、この後はやっとお楽しみの温泉で〜す・・・!
 

この記事に

  • 顔アイコン

    なるほど〜〜〜。黒岳のほうに登っていったからこその、層雲峡の楽しみがあるんですね〜〜♪
    層雲峡といえば銀河流星しか浮かばなかった。。まだまだでした、アハハ♪

    しょーすけ

    2017/12/2(土) 午後 2:03

    返信する
  • > しょーすけさん

    ハイ、そうなんですよ。このコースでないと楽しめないこともあるのです。
    北海道の観光地の滝は知床のオシンコシンもありますが、探せば、いろんな楽しみ方があるのでしょうね。
    あっ、それと冬の層雲峡の氷瀑まつりというのがあって、冬の花火もあって楽しかったです。

    OZ(オズ)

    2017/12/2(土) 午後 2:13

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事