ここから本文です
趣味いろいろの戯れ
今年2017年が古稀の多趣味な人間ですので、よろしくお願いいたします。

書庫全体表示


宿泊した大雪高原山荘は、林道のずっと山奥の秘湯の宿でした。北海道、そして大雪山の山奥ということは、ハイ、ここはヒグマの生息領域の中なのです。


と言うわけで、すぐ横には「ヒグマ情報センター」というのがあって、この辺一帯のヒグマを管理しているようです。


入口にはこんな看板があります。

イメージ 1

そういう場所なので、ここでの野営は禁止されています。


そんなですが、ここには「大雪山高原沼めぐり歩道」というのがあって、観光地になっています。


ただし、時間規制がされていますが、こういうことになっています。

イメージ 2

リアルタイムでヒグマを観察しているから大丈夫のようなのですが、ブルブルッ・・・、私は遠慮させていただきます。この日は7月1日でしたが、下の沼巡りコースの地図の青丸印のところに日にちが書いてありますよね。

イメージ 3

一番下の「6/28・30」と書いてあるのは、その日にここにヒグマが現れたという情報なのです。高原温泉からたった300mのところですよ。

と言うことで、しっかり管理されているから大丈夫ということで、みなさん沼巡りとか大雪山緑岳へ登山へと向かう中、私たちは温泉宿泊だけで退散してまいりました。
 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事