ここから本文です
趣味いろいろの戯れ
今年2018年は70歳を迎えますが、よろしくお願いいたします。

書庫全体表示


みなさん、これはキーホールダーですが、こんなキップが話題になったのを覚えていらっしゃいますか。

愛国から幸福へのキップです。

イメージ 1

「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズで有名になった縁起の良い駅名で、1973(昭和48)年、NHKの紀行番組『新日本紀行』で『幸福への旅 〜帯広〜』として紹介されて知名度が急上昇し、愛国駅とセットで「愛国から幸福」と切符が爆発的に売れたのでした。

その駅があった広尾線は1987年に廃止され、これはその広尾駅だった建物です。

イメージ 2

現在は観光的なものに使われているようで、「夢をありがとう、さよなら広尾線」という展示がなされていました。

イメージ 3

愛国駅の説明です。

イメージ 4

幸福駅の説明です。

イメージ 5

記念写真を撮らずにはいられませんね。

イメージ 6

個人旅行で時間があれば、愛国駅も幸福駅も残されているので、行きたかったなぁ・・・!

「愛国から幸福へ」、こんな夢があったあの時代が懐かしいですねぇ・・・!!!



この記事に

  • 顔アイコン

    幸福駅の切符、むか〜〜〜し持ってました。本物の硬券の切符♪いまどこやっちゃったかなぁ。

    幸福駅は新しく建て替えられて、一応雰囲気は残してますが、なんとなく昔の感じが薄れてしまってます。観光地化しちゃってて、中国の人とかやたら多くなってたし。。(←、去年よってきたんです)

    愛国駅のほうが、ひっそりとして雰囲気よかったなって思いました♪

    しょーすけ

    2018/1/6(土) 午後 1:19

    返信する
  • > しょーすけさん

    当時からの歴史を感じてこられたようですね。だったらなおさらのこと、その象徴の切符がないとその歴史に浸れないですよね。
    ぜひ、探して、もう一度手にもってみてはいかがでしょうか。

    OZ(オズ)

    2018/1/6(土) 午後 2:02

    返信する
  • 私が行ったのはもう10年以上前ですが、当時も幸福駅は観光客が多くて、愛国駅はヒッソリという感じでした。切符はどちらかの駅で買えて持っていましたが、どこへ行ったかなあ?アルバムに貼ってあるかも。

    満つる

    2018/1/6(土) 午後 6:49

    返信する
  • > 満つるさん

    こういうのって、やっぱりその時だけになってしまいますね。さぁ、切符を探してみましょう。

    OZ(オズ)

    2018/1/6(土) 午後 7:43

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事