ここから本文です
趣味いろいろの戯れ
今年2018年は70歳を迎えますが、よろしくお願いいたします。

書庫全体表示


小笠原の観光を終え、仙台へ向けての出航となりました。

お世話になった島の漁師の方々が客船と併走し、見送ってくれます。

イメージ 1

これでお別れです。

イメージ 2

さようなら〜〜〜!

イメージ 3

こんな地図が貼ってあります。
時間はよく見えませんが、一番下が父島です。
やっぱり遠いですよね。

イメージ 4

最後の日の展望大浴場で、気になったことがあります。
大浴場へだけは室内スリッパで行って良いことになってますが、色が違いますよね。後で分かったのですが、私たちのデラックスルームは青で、ステートルームは白なんだそうです。
へぇ〜!
スイートルームはまた色が違うのでしょうか。

イメージ 5

これ、なんだと思いますか。
毎日、昼・夜・夜食とお酒を飲んでいたもので、レシートがこんなに貯まってしまっています。なお、精算は現金でも良いのですが、最初にクレジットカードの登録をしておいたので、最後に明細を確認するだけで済むのです。

イメージ 6

さぁ、仙台付近が見えてきました。

イメージ 7

いよいよ仙台港に入港です。

イメージ 8

そして、こんな風にお見送りされて下船となります。

イメージ 9

こうして楽しい小笠原豪華客船クルーズは、無事終了したのでありました。



この記事に

  • 船旅は、こうしたお見送りとかがとっても思い出に残りますね。
    僕はこんな大きな船旅はないんですが、島に渡って帰るとき、やっぱり見送ってくれる人がいて、感傷的な気持ちに。。

    しょーすけ

    2018/2/12(月) 午前 8:50

    返信する
  • > しょーすけさん

    クルーズ船は沖に停めるしかありませんので、そこから運んでくれたのが地元の漁船でした。もう何日もお世話になり、最後は見送ってもらって本当にありがたく、たしかに感傷的になってしまいました。

    OZ(オズ)

    2018/2/12(月) 午前 9:04

    返信する
  • いよいよ最終日でお帰りになられたんですね。
    桟橋から出航のお見送り受けられて
    また船旅も楽しそうでしたね〜♪

    さき

    2018/2/12(月) 午後 0:38

    返信する
  • > さきさん

    クルーズ船からは毎日、島の方々の漁船で送迎してもらったんです。そして、その方々が船をしばらく並走して見送ってくれたのですから、とても感動でした。

    OZ(オズ)

    2018/2/12(月) 午後 1:19

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事