ここから本文です
趣味いろいろの戯れ
今年2018年は70歳を迎えますが、よろしくお願いいたします。

書庫全体表示

 
山頂神社は本当の鳥海山山頂ではなく、ここから新山と呼ばれる本当の山頂へアタックということになります。

こんなところを、両手両足を使って登ります。

イメージ 1

うちの奥さんの勇姿です。

イメージ 2

基本は登りなのに、こんな岩の間を下らなければならないことも・・・。

イメージ 3

最後はこんな急峻な壁を登って、

イメージ 4

ついに、標高2236mの鳥海山山頂を制覇です。

イメージ 5

畳1枚ぐらいの狭い山頂ですが、ハイ、いつもの証拠写真です。

イメージ 6

山頂から四方の眺めですが、ガスが出ていて景色は何も見えなくて岩ばかりです。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

その後、下ってくると、やっと山頂神社と山頂小屋が見えてきました。
まだここを降りるのですが、登りより下りの方が怖いような気もします。

イメージ 11

登り・下りが各20分となっていますが、私たちは登り35分、下り25分の所要時間でした。

それにしても登山らしい登山で、鳥海山山頂の新山

                 最高〜〜〜〜〜・・・!!!
 


この記事に

  • 顔アイコン

    岩場を行く、登山とは景色だけでなく、緊張して登ったり降りた後の達成感も爽快なのですね。 削除

    [ むかご ]

    2018/4/14(土) 午前 5:34

    返信する
  • > むかごさん

    朝早くからお越しいただき、ありがとうございます。

    ゆったり歩ける登山が基本的には良いですが、たまにはこんな山頂アタックの経験も、そうです、達成感があって爽快です。

    OZ(オズ)

    2018/4/14(土) 午前 6:08

    返信する
  • 顔アイコン

    鳥海山登頂おめでとうございます〜〜!
    そうそう、こういう感じの山頂でしたね〜〜。岩がゴツゴツゴロゴロ。どの岩が一番高いだろうってじっくり比較して、その岩の上に立ったのを思い出しました♪

    しょーすけ

    2018/4/14(土) 午前 10:38

    返信する
  • > しょーすけさん

    ありがとうございます。
    お陰様で、なんとか鳥海山最高峰の新山登頂となりました。
    えっ、他の岩の上にも立ったんですか。まさか、そっちの方が高いなんてことはないでしょ・・・。

    OZ(オズ)

    2018/4/14(土) 午前 11:26

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事