ここから本文です
趣味いろいろの戯れ
今年2018年は70歳を迎えますが、よろしくお願いいたします。

書庫全体表示


第111作の 五月の風 です。

五月のある日の気持ちだったのでしょう。
   
   

           五月の風

                                                OZ第111番
 
                                                     1975年5月25日作詞・作曲・

     五月の雨が僕に語りかけてくる 恋人も今は遠い一人ぼっちのこの僕に

     けだるい今日という一日が過ぎる むなしい心の中に雨の音がして

     五月の風が僕にほゝ笑みをくれる 悲しい恋の後で泣いているこの僕に

     古い日記は風が持ち去って 白い日記帳を僕に運んでくる

        「このまっ白な新しい日記に きっと現れるすてきな娘(こ)のこと

        思いっきり書いてみるんだ」そんなふうに風は僕を勇気づける

     五月の空は高く青く広がり 新しい緑は明るい太陽に輝いて

     僕にもきっと新しい恋の芽が明日(あした)にでもすぐにできるでしょう

        きっときっと五月の風が運んでくる 運んでくる 運んでくる



この記事に

  • 失恋された歌なんでしようか?
    でも希望があることで素晴らしい人生がまた開かれる
    ようで素敵な曲ですね〜♪

    さき

    2018/5/17(木) 午前 10:43

    返信する
  • > さきさん

    ありがとうございます。
    5月の今にぴったりの曲、な〜んて思っています。

    連載ブログの合間にこのシリーズを順番にアップしてきたのですが、ちょうどぴったりタイトル通りの5月にということで、偶然の恐ろしさを感じています。

    OZ(オズ)

    2018/5/17(木) 午前 11:44

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事