Pochi の 神戸・大阪 行ったり来たり

旨い、美味しいなどの単語を使わずに、どれだけ表現できるか。

全体表示

[ リスト ]

 大阪でスパイスカレーのお店がどんどん増えてきています。

 しかし、スパイスカレーの流行は、神戸までやってきておりません。

 そういうなかで、垂水でスパイスカレーのお店ががんばっているというのを聞きつけましたので、訪問してきました。


イメージ 1


 垂水駅を北に出て、北西に二分ほど歩きますと「ころは」があります。あまりに、カレーの店に見えなくて一度は通り過ぎてしまいました。

 お店は、カウンターと小さなテーブル一つのこじんまりしたお店です。


イメージ 2


 メニューを見ると、いろいろなパターンがあります。


イメージ 3


 どれにしようか悩みます。


イメージ 4


 三種の相がけカレーを頼みます。キーマカレー、チキンカレー、日替わりの野菜カレーです。


イメージ 5


 やってきました。


イメージ 6


 野菜カレーはキノコのカレーです。


イメージ 7


 キーマカレーは汁無しのドライカレーです。
 ウズラの玉子がのっています。

 最初は別々に三種類のカレーを楽しみます。それから全部をぐちゃぐちゃとかき混ぜていただきます。
 全部のカレーが混じり混沌とさせた方がいい感じです。



イメージ 8


 ご一緒さんの「ころはスペシャル」です。
 チキンカレーとキーマカレーのあいがけで、温玉とチーズのトッピングです。キーマカレーがご飯の上にのっています。

 三種のあいがけ、ころはスペシャル、どちらも\1000でした。







カレーライスのルー 出典:日本の西洋料理より

 日本では、「カレーのルー(ルゥ)」という言葉がよく使われます。
 レストランでも、カレーライスを注文されて、カレー部分を多くしたい場合、「ルー大盛り出来ますか?」と言われたりします。

 ですが、本来の料理用語としては、カレーのことを「ルー」と言うのは間違いで、インド料理的に言えば、カレー部分は「カレー」そのものであり、洋食の世界では「カレーソース」と言います。

 もっとも、インドには「カレー」という料理自体存在せず、イギリス人がインドの料理をそう呼んだことから定着した呼び名らしいので、単に「カレー」と呼ぶのも微妙な話で、やはり「ソース」という表現が一番しっくりくるように思います。

●「ルー」とは

 「ルー」というのは、そもそも古典フランス料理で、ソースや煮込み料理などにとろみをつけるために使う、バターと小麦粉を合わせて炒めたものの呼び名です。

 そもそもインドのカレーは、とろみのないサラっとしたものが多く、日本のとろみのあるカレーは、明治時代にイギリスから伝わった、イギリス式フランス料理をルーツとする「欧風カレー」が原点です。

 ドミグラスソースでもベシャメルソース(ホワイトソース)でも、古典フランス料理ではソースのとろみ付けにルーを使うので、イギリスから伝わったカレーも、肉・野菜を煮込んでカレー粉で風味をつけ、仕上げにルーでとろみをつける、という作り方でした。

●固形即席カレーの登場

 そこに、カレーそのものを「ルー」と呼ぶようになったのは、ハウス食品やエスビー食品が販売した、固形のカレーの素の影響だと考えられます。
 肉や野菜の旨味、カレー粉、そこに油脂分と小麦粉(つまり「ルー」)も合わせてひとかたまりにして、それを「カレーのルゥ」と称しました。

 完全に手作りで美味しいカレーを作るには、かなりの材料と手間がかかるので、簡単にカレーが出来上がる即席カレーは大ヒットしました。
 それが定着して、いつしかカレーのソースのことを、カレーのルーと呼ぶようになったようです。

 レストランの世界では、カレーはソース・ポットよ呼ばれる金属の容器に入れて、ライスとは別添えで出すのが一般的なスタイルだったので、あくまでライスにかける「ソース」として、小麦粉とバターで作ったルーと区別するためにも、きちんと呼びわけていました。
 カレーソースをルゥなんて言ったら、「素人みたいな呼び方すんじゃねぇ」と怒られたものです(笑)。

 しかし最近では、「カレーのルー」という言葉があまりにも広まっているので、今ではレストランの職場でも、カレーのルーと言うことが多くなりました。
 お客さんからあまりにも「ルー」と言われることが多く、ホールスタッフもお客さんから言われるがままに「ルー多めで」とキッチンに伝えてくるので、こうなるともうルーと言ってやり取りした方が手っ取り早いからです。

 少し前までは、こだわる人の間で、「カレーをルーと言うのは誤り」という話が出たものですが、今や辞典にも「ルー」の説明として、「カレーやシチューの素」という記述があるくらい、日本語として市民権を得たようなので、今となってはこだわる必要はないかも知れません。 





ころは 食べログ
住所 兵庫県神戸市垂水区仲田1-1-6
TEL 078-708-8770 予約可
営業時間 11:00〜18:00(L.O) 日曜営業
定休日 水曜日(臨時休業有り)
支払い方法 カード可 電子マネー可
サービス料・チャージ チャージ料なし
席数 13席 (カウンター7席、テーブル6席)
個室 無
貸切 不可
禁煙・喫煙 完全禁煙
交通手段 山陽垂水駅から331m
駐車場 有 2台(2番,6番)[※近隣にコインパーキングあり]
ホームページ https://koroha.shop-pro.jp/
公式アカウント
オープン日 2015年7月4日
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又ね








閉じる コメント(6)

顔アイコン

ココも美味しそうな。

最近、ググッとカレーブーム!?

2019/2/11(月) 午後 9:14 SAM 返信する

アバター

ホント、選択肢多くて悩ましい〜(≧∇≦)
盛り付けもキレイ♪
3種類食べられるんが欲張りにはありがたい!!

2019/2/12(火) 午前 11:23 もとこ 返信する

3種類味わえるのって嬉しいですね♪(#^ー゜)v

どれもとっても美味しそうだけれども、別々に食べるよりも混ぜて食べる方がおいしいかもしれませんね〜〜☆ミ

2019/2/12(火) 午後 3:19 [ ☆ホワイトショコラ☆ ] 返信する

> SAMさん
そうですね。新しいカレーの店がどんどんできています。

2019/2/17(日) 午前 1:40 ぽち 返信する

> もとこさん
三種類いろいろ味わって、それから混ぜた味も楽しんで、何通りも楽しめます。

2019/2/17(日) 午前 1:41 ぽち 返信する

> ☆ホワイトショコラ☆さん
そうなんです。
結局は全部ぐちゃぐちゃに混ぜて食べてしまいました。

2019/2/17(日) 午前 1:42 ぽち 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事