Pochi の 神戸・大阪 行ったり来たり

旨い、美味しいなどの単語を使わずに、どれだけ表現できるか。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

イメージ 1


 元町通り5丁目の一本南側の筋にある「シオン」でカレーをいただいてきました。


イメージ 2


 カレーとシチューのお店です。


イメージ 3


 旧オリエンタルホテル出身のシェフたちが作る神戸伝統の洋食カレーとビーフシチューの店、なんだそうです。


イメージ 4


 入りますと、カウンター席があって、奥にテーブル席があるようです。

 カウンターに座り、カレーを注文します。食後はコーヒーか紅茶のどちらにするか聞かれますので、ホットコーヒーをお願いします。


イメージ 5


 カウンターに、CROSS & BLACKWELLのカレー粉の缶が並んでいます。


イメージ 6


 そんなに待つことなく、料理がきました。


イメージ 7


 ビーフカレー、サラダ、三連皿にらっきょ、福神漬け、桃缶です。

 まずは、サラダを片づけます。ドレッシングが良い感じだな。みた感じは普通のフレンチドレッシングですが、酸味の押さえ具合がちょうど良いのです。

 カレーに行きましょう。


イメージ 8


 最初は甘みを感じます。
 よく煮込まれている、しっかりとしたカレーです。
 食べていると、最初の甘さは感じなくなり、ほんの少しの酸味を感じるようになってきます。

 しっかりと濃いカレーでございました。


イメージ 9


 食後のコーヒーをいただいて、ごちそうさま。





クロス・アンド・ブラックウェル 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

 クロス・アンド・ブラックウェル(Crosse & Blackwell、略称: C&B)は、1706年にイギリスで創業した食品会社。 

 もともとスープの仕出しなどをする「ウェスト・アンド・ワイアット」という会社を、従業員のエドモンド・クロスとトーマス・ブラックウェルが1830年に買い取り、現在知られる名前になった。以後会社の規模を拡大し、貴族のパーティー、議会の催し物、宴会などを受注したり、缶詰・瓶詰・乾燥食品などの保存食品、調味料、香辛料などの販売も手がけるようになった。
 日本ではカレー粉のメーカーとして知られているが、カレー粉はこの会社の数多い取扱い品目のひとつにすぎず、初めて販売したときの資料も会社に残っていないという。 

 1950年、スイスのネスレ社によって買収され、2002年に手放した。


C&B 純カレーパウダー 400g ネスレ業務用 ← Amazonで購入できます。





カレーライスのルー 出典:日本の西洋料理より

 日本では、「カレーのルー(ルゥ)」という言葉がよく使われます。
 レストランでも、カレーライスを注文されて、カレー部分を多くしたい場合、「ルー大盛り出来ますか?」と言われたりします。

 ですが、本来の料理用語としては、カレーのことを「ルー」と言うのは間違いで、インド料理的に言えば、カレー部分は「カレー」そのものであり、洋食の世界では「カレーソース」と言います。

 もっとも、インドには「カレー」という料理自体存在せず、イギリス人がインドの料理をそう呼んだことから定着した呼び名らしいので、単に「カレー」と呼ぶのも微妙な話で、やはり「ソース」という表現が一番しっくりくるように思います。

●「ルー」とは

 「ルー」というのは、そもそも古典フランス料理で、ソースや煮込み料理などにとろみをつけるために使う、バターと小麦粉を合わせて炒めたものの呼び名です。

 そもそもインドのカレーは、とろみのないサラっとしたものが多く、日本のとろみのあるカレーは、明治時代にイギリスから伝わった、イギリス式フランス料理をルーツとする「欧風カレー」が原点です。

 ドミグラスソースでもベシャメルソース(ホワイトソース)でも、古典フランス料理ではソースのとろみ付けにルーを使うので、イギリスから伝わったカレーも、肉・野菜を煮込んでカレー粉で風味をつけ、仕上げにルーでとろみをつける、という作り方でした。

●固形即席カレーの登場

 そこに、カレーそのものを「ルー」と呼ぶようになったのは、ハウス食品やエスビー食品が販売した、固形のカレーの素の影響だと考えられます。
 肉や野菜の旨味、カレー粉、そこに油脂分と小麦粉(つまり「ルー」)も合わせてひとかたまりにして、それを「カレーのルゥ」と称しました。

 完全に手作りで美味しいカレーを作るには、かなりの材料と手間がかかるので、簡単にカレーが出来上がる即席カレーは大ヒットしました。
 それが定着して、いつしかカレーのソースのことを、カレーのルーと呼ぶようになったようです。

 レストランの世界では、カレーはソース・ポットよ呼ばれる金属の容器に入れて、ライスとは別添えで出すのが一般的なスタイルだったので、あくまでライスにかける「ソース」として、小麦粉とバターで作ったルーと区別するためにも、きちんと呼びわけていました。
 カレーソースをルゥなんて言ったら、「素人みたいな呼び方すんじゃねぇ」と怒られたものです(笑)。

 しかし最近では、「カレーのルー」という言葉があまりにも広まっているので、今ではレストランの職場でも、カレーのルーと言うことが多くなりました。
 お客さんからあまりにも「ルー」と言われることが多く、ホールスタッフもお客さんから言われるがままに「ルー多めで」とキッチンに伝えてくるので、こうなるともうルーと言ってやり取りした方が手っ取り早いからです。

 少し前までは、こだわる人の間で、「カレーをルーと言うのは誤り」という話が出たものですが、今や辞典にも「ルー」の説明として、「カレーやシチューの素」という記述があるくらい、日本語として市民権を得たようなので、今となってはこだわる必要はないかも知れません。 


Sion (シオン) 食べログ
住所 兵庫県神戸市中央区元町通5-2-18
TEL 078-335-6248 予約可
営業時間 11:30〜14:30閉店 金・土・日のみディナー営業18:00〜20:30(L.O.20:00) 日曜営業
定休日 月曜定休
支払い方法 カード不可
席数 24席 (カウンター10席、座敷14席(掘りごたつ))
個室 無
貸切 可 (20人以下可)
禁煙・喫煙 完全禁煙
交通手段 JR・阪神元町駅から徒歩10分弱 西元町駅から182m
駐車場 無
公式アカウント https://www.facebook.com/motomachi.sion
オープン日 2013年3月24日
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す




じゃ、又ね



開く コメント(2)

 御堂筋から新地本通りに入ってすぐのところのステーキ屋さんが、ランチにビーフカレーをやっています。


イメージ 1


 しかし、このカレーを食べるのはとてもハードルが高いのです。というのも、水曜日のランチタイムしかカレーを提供していないのです。


イメージ 2


 水曜日のお昼に、榊原まで行ってきました。


イメージ 3


 ビルの二階にあるお店です。
 入りますと、カウンターとテーブルが少しあるお店が、わりと早めに訪問したにも係わらず、お客さんでいっぱいです。

 カウンターの奥があいてましたのでそこに座ります。

 ランチはビーフカレーと野菜カレーがあります。

 どちらも \950 です。
 肉と野菜が同じ値段です。もう、なんのためらいもなくビーフカレーを注文します。

 ビーフカレーを注文して安心したら、辛さを聞かれました。まだ、注文の作業は終わってなかったのです。
 聞くと、辛さは8段階あり、1の甘めからはじまって8までどんどん辛くなっていくそうです。
 ここは悩みどころです。あまり辛いのを食べると、腸がやられそうです。次の日、黄門様がお怒りになるかもしれません。
 ここは、中庸で4を頼みます。


イメージ 4


 サラダがきます。


イメージ 5


 そして、ほとんど待つことなく、カレーがカレーポッドに入ってきます。これって懐かしいスタイルだな。


イメージ 7


 むかしは、レストランでカレーを頼むと決まってこれにはいってきたものです。


イメージ 8


 ごはんにカレーをかけます。一気に全部かけてしまいましょう。


イメージ 6


 漬物セットがきます。
 これは大いに驚きます。漬物セットの容器がライスの皿より大きかったのです。そこに何種類も入ってます。イカの塩辛まで入ってます。

 適当にかけていただきます。

 からさは、まあまあ辛いかな。5か6でもよかったかもしれません。

 料理がすぐにきて、お客さんの回転が速い。そういう、待つ時間がほとんどないのが、ランチタイムには一番のサービスです。















カレーライスのルー 出典:日本の西洋料理より

 日本では、「カレーのルー(ルゥ)」という言葉がよく使われます。
 レストランでも、カレーライスを注文されて、カレー部分を多くしたい場合、「ルー大盛り出来ますか?」と言われたりします。

 ですが、本来の料理用語としては、カレーのことを「ルー」と言うのは間違いで、インド料理的に言えば、カレー部分は「カレー」そのものであり、洋食の世界では「カレーソース」と言います。

 もっとも、インドには「カレー」という料理自体存在せず、イギリス人がインドの料理をそう呼んだことから定着した呼び名らしいので、単に「カレー」と呼ぶのも微妙な話で、やはり「ソース」という表現が一番しっくりくるように思います。

●「ルー」とは

 「ルー」というのは、そもそも古典フランス料理で、ソースや煮込み料理などにとろみをつけるために使う、バターと小麦粉を合わせて炒めたものの呼び名です。

 そもそもインドのカレーは、とろみのないサラっとしたものが多く、日本のとろみのあるカレーは、明治時代にイギリスから伝わった、イギリス式フランス料理をルーツとする「欧風カレー」が原点です。

 ドミグラスソースでもベシャメルソース(ホワイトソース)でも、古典フランス料理ではソースのとろみ付けにルーを使うので、イギリスから伝わったカレーも、肉・野菜を煮込んでカレー粉で風味をつけ、仕上げにルーでとろみをつける、という作り方でした。

●固形即席カレーの登場

 そこに、カレーそのものを「ルー」と呼ぶようになったのは、ハウス食品やエスビー食品が販売した、固形のカレーの素の影響だと考えられます。
 肉や野菜の旨味、カレー粉、そこに油脂分と小麦粉(つまり「ルー」)も合わせてひとかたまりにして、それを「カレーのルゥ」と称しました。

 完全に手作りで美味しいカレーを作るには、かなりの材料と手間がかかるので、簡単にカレーが出来上がる即席カレーは大ヒットしました。
 それが定着して、いつしかカレーのソースのことを、カレーのルーと呼ぶようになったようです。

 レストランの世界では、カレーはソース・ポットよ呼ばれる金属の容器に入れて、ライスとは別添えで出すのが一般的なスタイルだったので、あくまでライスにかける「ソース」として、小麦粉とバターで作ったルーと区別するためにも、きちんと呼びわけていました。
 カレーソースをルゥなんて言ったら、「素人みたいな呼び方すんじゃねぇ」と怒られたものです(笑)。

 しかし最近では、「カレーのルー」という言葉があまりにも広まっているので、今ではレストランの職場でも、カレーのルーと言うことが多くなりました。
 お客さんからあまりにも「ルー」と言われることが多く、ホールスタッフもお客さんから言われるがままに「ルー多めで」とキッチンに伝えてくるので、こうなるともうルーと言ってやり取りした方が手っ取り早いからです。

 少し前までは、こだわる人の間で、「カレーをルーと言うのは誤り」という話が出たものですが、今や辞典にも「ルー」の説明として、「カレーやシチューの素」という記述があるくらい、日本語として市民権を得たようなので、今となってはこだわる必要はないかも知れません。 








榊原(サカキバラ) 食べログ
住所 大阪市北区曽根崎新地1-8-3 遅ビル 2F
TEL 06-6344-0524
営業時間 [平日水曜のみ] 11:30〜13:30 [その他] 17:00〜22:00(L.O.21:45)
定休日 日曜・祝日
支払い方法 カード可(JCB、AMEX、Diners)
禁煙・喫煙 全面喫煙可
交通手段 大江橋駅から342m
駐車場 無
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す


















じゃ、又ね



開く コメント(4)

 昔日本一短い商店街って言ってたアーケード商店街がありました。しかし、維持費がかさむのでアーケードを取ってしまったのです。


イメージ 1


 アーケードを取り払うととっても明るくなりました。そこにあるライオンハートというお店に行ってきました。


イメージ 2


 ランチタイムはカレーのお店です。


イメージ 4


 中に入りますと、バーです。カウンター席の向こうにはボトルがずらりと並んでいます。


イメージ 3


 どのカレーにしようか悩みます。

 そういうときはメニューの一番最初のものを頼むことにしています。カウンターの内側にいらっしゃった美人のお姉さんにライオンハートカレー \850 を頼みます。
 ライオンハートカレー(ビーフカレー)です。水を使わずに作ったカレーだそうです。


イメージ 5


 サラダが来ました。


イメージ 6


 そして、カレーがわりと早くやってきます。


イメージ 7


 カレーが右でライスが左です。


イメージ 8


 ランチタイムはこのスピード感が大切です。
 カレーが右側にありましたので、180度回転させていただきます。

 いろいろなスパイスを使っていて、そしてパクチーも使っているみたいです。塩分控えめのカレーです。



ライオンハート (Lion Heart) 食べログ
住所 大阪市西区江戸堀1-11-12 損保ジャパン日本興亜肥後橋ビル別館 1F
TEL 06-6441-1112 予約可
営業時間 [月〜金]11:30〜13:30 (L.O.13:30)18:00〜24:00 (L.O.23:45)[土曜日]18:00〜24:00(L.O.23:45)
定休日 日曜日・祝日
支払い方法 カード可(JCB、AMEX、Diners、VISA、MASTER)
サービス料・チャージ 19:30〜、チャージ料250円(税別)
席数 25席(カウンター5席、テーブル20席)
個室 無
貸切 可
禁煙・喫煙 全面喫煙可 ランチ時間帯のみ、カウンター席が禁煙です
交通手段 肥後橋駅から111m
駐車場 無
公式アカウント https://www.facebook.com/pages/KitchenBar-Lion-Heart/734593523223004?fref=nf
オープン日 2011年6月6日
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又ね


















開く コメント(6)

 秘密のケンミンSHOWで大阪スパイスカレー特集をやっていたので、とってもスパイスカレーが食べたくなり、旧ヤム邸にやってきました。
 ケンミンSHOWでは、空堀の旧ヤム邸がかすりましたが(空堀商店街であそこの店と言われていたのが旧ヤム邸です)、取り上げられませんでした。これ以上お客さんが増えたら困ってしまうから取材拒否したんでしょうか? 旧ヤム邸こそ東京に出店して、東京にスパイスカレーの種をまいたお店でございますので、取り上げてほしかったのでございます。

 旧ヤム邸には、おどろくことに、日替わりカレーが二種類もあります。シェフが毎日考えているそうで、ここで鍛えられたので、東京の店の週替わりカレーだけだったら力を持て余しているそうです。

 スパイスカレーは、スパイスはたくさん使っていますが、唐辛子などの辛さのスパイスはあまり使っておらず、辛さが物足りないことがおおいのですが、旧ヤム邸のスパイスカレーはスパイスをたくさん使っていて、なおかつビシっとした辛さがあるのです。

 さてなにをいただきましょう。


イメージ 1


 日替わり二種のキーマカレーのあいがけもそそられますが、今週の肉肉カレー、スリランカ式ビーフカレー \978 のほうが、もっとそそられます。

 カレーの王道ビーフカレーを旧ヤム邸が作るとどのようになるのか、とても興味を持ちましたので、肉肉カレー、スリランカ式ビーフカレーを頼みます。ごはんはジャスミンライスにします。


イメージ 2


 サラダがきます。


イメージ 3


 ビーフカレーがきました。

 カレーとともに、ほんの少しのヨーグルトも来ます。

 やはり旧ヤム邸が作ると単なるビーフカレーではなくスパイスカレーになっています。


イメージ 4


 ご飯の手前に肉がごろごろ入ったビーフカレーです。ご飯の向こう右には空豆、向こう左にはキャベツです。奥にはピクルスがのっています。


イメージ 5


 とりあえず、混ぜる前に部分部分を味わいます。

 空豆のカレーの部分が印象的でした。よくある豆カレーは、レンズ豆とか洋風の豆を使っていて、あまり豆の感じがしないのですが、大きな空豆自体が存在感があり、豆のカレーというのがすごく感じられます。でも、それがメインにならないのは、やはり手前に肉がごろごろ入っているビーフカレーの部分がしっかりとしたカレーだからでしょう。ベースのスープはもちろん、スパイスの使い方など、シャバシャバすぎず、ビシっと辛くしてあり、トータルの味の調整がワタクシにぴったりでございます。





旧ヤム邸 中之島洋館 食べログ
住所 大阪市北区中之島3-6-32 ダイビル本館 2F
TEL 6-6136-6600
定休日 日曜日、祝日
席数 63席 (カウンター11席、テーブル6人掛け×5、4人掛け×4、2人掛け×3)
禁煙・喫煙 完全禁煙
営業時間 ランチ [月〜土] 11:15〜14:30(L.O.14:00) ディナー [月〜金] 18:00〜22:00(L.O.21:00) [土] 18:00〜21:00(L.O.20:00)
交通手段 京阪中之島線 渡辺橋駅より徒歩約3分 渡辺橋駅から165m
駐車場 有(ビルに地下駐車場(有料))
ホームページ http://kyuyamutei.web.fc2.com/index.html
オープン日 2013年7月6日
詳しい地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す





じゃ、又ね















開く コメント(6)

 JR天王寺駅の改札口を入ったところにエーワンベーカリーがありました。


イメージ 1


 ふらっと中に入ってしまいます。

 ワッサンバゲットがあります。クロワッサンとフランスパンを合わせたみたいな感じで、三日月の形のバゲットです。


イメージ 2


 それと、カレーパンを買ってしまいました。


イメージ 3


 カレーパンです。切ってみましょう。


イメージ 4


 しっかりとカレーが入っています。

 パンがちょっと少ない感じがしました。もうちょっとパン生地が厚い方がいいな。

 ワッサンバゲットです。


イメージ 5


 柔らかいフランスパンです。


イメージ 6


 チーズやゆで玉子やソフトソーセージをのせてオーブンレンジで焼きました。


イメージ 7


 ふんわりと柔らかいフランスパンでした。



エーワンベーカリー 天王寺店 食べログ
住所 大阪市天王寺区悲田院町 JR天王寺駅構内
TEL 06-6774-7225
営業時間 7:30〜21:00 日曜営業
定休日 年中無休
支払い方法 カード不可 電子マネー可 ICOCA
席数 (テイクアウトのみ)
個室 無
禁煙・喫煙 完全禁煙
交通手段 天王寺駅から124m
ホームページ http://www.a-1bakery.co.jp/index.html
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又ね



開く コメント(6)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事