Pochi の 神戸・大阪 行ったり来たり

旨い、美味しいなどの単語を使わずに、どれだけ表現できるか。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

 堺には、ちょっと変わったお店があります。たとえば竹万というお店の蒸籠そばは、湯気が立ち上っている温かいそばです。ふにゃふにゃのそばです。竹万だけでなくあと二軒このようなそばを出すお店があります。

 それから、きんしカレーという、カレーの上にプレーンオムレツのような玉子がのっているのもあります。

 いろいろ変わった食べ物があるのですが、その中でも一番変わったのは、このプノンペンのラーメンでしょう。

 4年ほど前にいただきましたが、ふつうのラーメンに癖のある野菜がたっぷりのっているのでございます。ほかでは食べたことのないラーメンでした。

 また、そのラーメンを食べてみましょう。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/41841/41841066.jpg

 裏通りのわかりにくいところにお店があります。南海堺駅近辺の飲食店は、さすがに駅の周りには固まってありますが、どれだけ離れていても、ぽつんぽつんとお店があって、メインの道路でない細い道を歩いていても、なんでこんなところに? って思うのでございます。

 プノンペンも、そんな一本も日本も裏に入った道にあります。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/41841/41841067.jpg

 お店に入ります。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/41841/41841077.jpg

 メインメニューはプノンペンです。なにがどうプノンペンなのかさっぱりわかりません。プノンペン \900 とプノンペンそば \1100 があります。

 前はプノンペンそばをいただきましたので、今回はプノンペンとご飯をいただきましょうと思いますが、ライスがもう品切れでございましたのでプノンペンそばにいたします。

 ちゃっちゃっとフライパンで何かを炒める音がして、そしてプノンペンそばがやってきます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/41841/41841068.jpg

 そうそう、この葉っぱがたくさんラーメンにのっているのです。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/41841/41841070.jpg

 いただきましょう。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/41841/41841071.jpg

 プノンペンには、この見たこともない野菜が入っているのでございました。そして、独特の強烈な味はセロリでございます。曲玉みたいな形をしたセロリの茎の薄切りが入っています。肉は豚肉です。赤いのは生のトマトです。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/41841/41841072.jpg

 ラーメンとして食べると、セロリと醤油ラーメンの相性はどうなのだ、という疑問が多々湧いてきますが、これがプノンペンという料理なのだと言われれば、はいそうですかと納得するしかない、というような味でございます。

 プノンペンという料理、これ一本でもう何十年も営業されているプノンペンというお店、これは堺の隠れすぎたご当地グルメという存在なのでございます。




カンボジアの味にこだわり30余年! 名物料理・プノンペンで特許取得

 店長の平野さんがカンボジア料理と出合ったのは30年以上前。カンボジア帰りの人がひいていた屋台の味だった。以来、サラリーマン生活をしながらもカンボジアの味を忘れ難く、16年前に独立、3年にわたる試行錯誤を重ね、ついにオリジナル料理・プノンペンを完成させた。ほどよい辛みと野菜の旨味、手作り焼き豚の味−本当に旨い! そばの具にしてもグー。

一度食べたら忘れられない刺激的な味

 オレンジ色の暖簾がかかるこじんまりした店内。店長がカンボジアをイメージして作るエスニックな料理が人気。自家栽培の杓子菜、産地を限定したトマトやセロリ、ニンニクなどの野菜類、河内長野の岩湧山の湧水、別注のめんなど厳選した素材しか使わない。野菜がたっぷり入る野菜スープのプノンペンは、ピリッとした辛さが独特。自家製の焼き豚700円、プノンペンそば1100円。

プノンペン 東南アジア料理(その他)ラーメン 食べログ
住所 大阪府堺市堺区中之町西3丁2-33
TEL 072-238-3287
営業時間 11:00〜19:30頃(売切れ次第終了)
定休日 毎週木曜日と第3水曜日
個室 無
交通手段 阪堺電車 宿院駅から徒歩5分 南海電車 堺駅南口から徒歩5分 宿院駅から368m
駐車場 有(店前 6台)
禁煙・喫煙 全面喫煙可
料理 野菜料理にこだわる
ホームページ http://www.punonpen.com/
大きな地図はこちらから









https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/478/478147.jpg

 Meets Regional 2015年 12 月号 定食 ラブ
 出版社: 京阪神エルマガジン社; 月刊版



https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/474/640x640_474426.jpg

 Meets Regional 2016年 01 月号 神戸特集 ← このリンクをクリックするとamazonに飛びます♪
 出版社: 京阪神エルマガジン社; 月刊版


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/478/478144.jpg

 Meets Regional 2016年 02 月号 熱烈歓迎 天満   ← このリンクをクリックするとamazonに飛びます♪
 出版社: 京阪神エルマガジン社; 月刊版 (2016/1/4)






開く コメント(4)

 堺駅の近辺は、飲食店が固まっているところは駅の高架下ぐらいで、あとはポツンポツンと点在しているのでございます。堺東駅ならたくさん店があるのですが。

 この日も、グーグーなるおなかをどう処理してやろうと思いながら、気分は中華方向でうろついていたのですが、中華方向といってもラーメンではなく唐揚とかそっち方面だったのでございます。

 しかし、ワタクシの方向はとってもいい加減で、すぐに行き先を変えてしまうのでございます。

 グーグーいうおなかが、ついにはグーグーグーと言い始めて、これはどうしようもなくなってきたときに「プノンペン」が目に入りました。


イメージ 1


 プノンペンって何やっ?

 カンボジアの首都がプノンペンです。プノンペン料理って、聞いたことも食べたこともありません。
 一度経験しておいても損はないでしょう。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/10415/10415335.jpg
(画像をクリックすると大きくなります)

 お店に入りましてメニューを探しましたが、テーブルの上にはありませんし、店の中の貼り紙もプノンペンそば\1000と焼き豚などのトッピングについてしか書いてありません。


       イメージ 2   イメージ 3

 どうしたもんかと悩んでいますと、店のおばちゃん、もとい、お姉さんが「そばにする?」というような意味のことを簡潔に質問してきます。否定する材料もありませんから「Yes」という意味のことを伝えます。

イメージ 4


 お店の中には、来店した有名人の写真が引き延ばして貼ってありますし、有名雑誌に掲載された記事も貼ってあります。

 紹介されるのがうれしいみたいでございます。


イメージ 5


 やってきたプノンペンそばでございます。


イメージ 6


 大きなラーメン鉢に、一面の野菜でございます。普段ラーメンに入っていないようなセロリやトマトが見えるのがプノンペンなのでございましょうか。麺の量と野菜の量が同じぐらい入っています。
 スープは、醤油をベースにした、台湾ラーメンのピリ辛を弱くしたみたいな感じです。炒めた豚バラ肉が、ふつうのラーメンらしいと言えばラーメンらしいだけで、あとは野菜スープにラーメンを入れたみたいなものです。
 とっても変な味を想像しそうですが、わりとまとまっているのがプノンペンなんでしょうか。
 麺はよくある昔ながらの細い縮れ麺です。

 野菜を食べながら麺をすすり、麺をすすりながら野菜を食べます。
 野菜は炒めてあってそれをラーメンに乗せてある感じなので、シャキシャキとしています。チンゲンサイにも似ていますが、ちょっと違うし・・・・

 なかなか変わったラーメンをいただきました。

 かなり昔からプノンペン一本勝負をしているようで、食べている間に次々とお客さんが入ってきてふつうに頼んでいるところをみると、こちら堺市になじんだ料理になっているのかもしれません。

 お店の中にプノンペンの材料を書いた紙がはってあります。豚肉、セロリ、トマト、ニンニク、杓子菜を使っているそうです。

 杓子菜って何?


 この麺抜きのメニューを「プノンペン」と呼ぶそうです。プノンペンとご飯で食べても美味しいそうです。


 帰ってからネットで調べてみると、結構有名なお店なのね。


カンボジアの味にこだわり30余年! 名物料理・プノンペンで特許取得

 店長の平野さんがカンボジア料理と出合ったのは30年以上前。カンボジア帰りの人がひいていた屋台の味だった。以来、サラリーマン生活をしながらもカンボジアの味を忘れ難く、16年前に独立、3年にわたる試行錯誤を重ね、ついにオリジナル料理・プノンペンを完成させた。ほどよい辛みと野菜の旨味、手作り焼き豚の味−本当に旨い! そばの具にしてもグー。

一度食べたら忘れられない刺激的な味

 オレンジ色の暖簾がかかるこじんまりした店内。店長がカンボジアをイメージして作るエスニックな料理が人気。自家栽培の杓子菜、産地を限定したトマトやセロリ、ニンニクなどの野菜類、河内長野の岩湧山の湧水、別注のめんなど厳選した素材しか使わない。野菜がたっぷり入る野菜スープのプノンペンは、ピリッとした辛さが独特。自家製の焼き豚700円、プノンペンそば1000円。

プノンペン 東南アジア料理(その他)ラーメン 食べログ
住所 大阪府堺市堺区中之町西3丁2-33
TEL 072-238-3287
営業時間 11:00〜19:30頃(売切れ次第終了)
定休日 毎週木曜日と第3水曜日
個室 無
交通手段 阪堺電車 宿院駅から徒歩5分 南海電車 堺駅南口から徒歩5分 宿院駅から368m
駐車場 有(店前 6台)
禁煙・喫煙 全面喫煙可
料理 野菜料理にこだわる
ホームページ http://www.punonpen.com/






開く コメント(10)

開く トラックバック(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事