Pochi の 神戸・大阪 行ったり来たり

旨い、美味しいなどの単語を使わずに、どれだけ表現できるか。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

 谷六の、空堀商店街に入ったところのたこ焼やさんの隣に唐揚のお店がありました。
 二年ほど前から唐揚のお店が大増殖しています。揚げ物は、煮物や炒め物や焼き物に比べて、調理のばらつきが少ないので、チェーン展開が容易なんだそうです。


イメージ 1


 このお店は、神田川俊郎監修、北新地神田川のからあげなんだそうです。


イメージ 2


 お店の前のメニューが、読めない・・・・日本語ちゃうやん!


イメージ 3


 日本語の方のメニューを見ますと、おおすばらしい! もも肉と胸肉、どちらもオーダーできるようになっているではないですか。

 ワタクシはもも肉原理主義者で、唐揚はもも肉であって欲しいと常に願っているものです。世の中には胸肉が好みであるという方少なからずいらっしゃるということも存じております。そういうなか、唐揚が、もも肉か胸肉かわからない、ムネモモ問題で悩んでしまうのでございます。

 京風唐揚にするか、塩唐揚にするか、悩みますが、神田川俊郎監修というのは、塩じゃなくて京風にポイントがありそうなので、京風唐揚、もも肉で、最小注文単位の4つ\480(外税)を頼みます。

 注文してから揚げてくださいます。


イメージ 4


 紙袋に入れてくれたもも肉の唐揚を、お下品ですが、歩きながら串に刺していただきます。

 塩だけじゃなくてなにやら出汁っぽい感じがするのが京風なんだろうな。





神とり本店 谷町店 (カントリホンテン) 食べログ
住所 大阪市中央区谷町6-4-8
TEL 06-6765-5533
営業時間 11:00〜22:00 日曜営業
定休日 木曜日
空間・設備 カウンター席あり
交通手段 谷町六丁目駅から218m
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又ね



開く コメント(2)

 meet'sの谷町特集の表紙に使われたお店にやってまいりました。谷六のからほりどーり商店街にある「そのだ」でございます。


イメージ 1


 コの字型のカウンターのみのお店です。立呑ではなく椅子がちゃんとあります。


イメージ 2


 店の中には、meet'sの谷町特集のポスターが貼ってあります。




https://tblg.k-img.com/diary/images/572/572866.jpg
 Meets Regional 2017年09月号 谷町特集 谷町469 ← このリンクをクリックするとamazonに飛びます♪
 書誌事項はAmazonを参照してください。






 昼間っから大人気でございます。カウンターがほとんど埋まってます。

 でも隙間があるもので、三人どうにか入ることができました。

 では、まだ太陽が高いですがドリンクを頼みましょう。



イメージ 5


 ワタクシはいつものようにハイボール\380を頼みます。


イメージ 4


 ご一緒さんは生スダチちゅー\450にします。もう一人はウーロン茶。


イメージ 3


 いろいろ頼みましょう。


イメージ 6


 まずは、レバーパテ\250です。


イメージ 7


 クラッカーにレバーパテをたっぷり乗せていただきます。

 ミンチカツ、いえ、このお店は東京スタイルですのでメンチカツです。 メンチカツ \250を頼みます。


イメージ 8


 かなり大降りのメンチカツです。

 チーズオムレツ\400です。


イメージ 9


 プルンプルンの柔らかいオムレツです。

 ラム串\150を三本です。


イメージ 10


 ちょっとカレーっぽい味付けで、辺縁料理みたいです。弾力があって、ナイスです。

 セロリナンプラー漬け\250です。


イメージ 11


 セロリを、ナンプラーという東南アジアの魚醤につけてあります。それだけでなくちょっと酸味があったので酢も入れているのかな?

 牛ハラミタタキ\550です。


イメージ 12


 ローストビーフより、中が生のタタキの方がずっとワタクシの好みでございます。


イメージ 14


 太モズク天\350です。これも大きい! 太モズクとタマネギをかき揚げにしてあります。


イメージ 13


 コーン天です。これもコーンとタマネギをかき揚げにしてあります。


イメージ 15


 空芯菜炒め\550です。

 三人で\4780でございました。





大衆食堂スタンド そのだ 食べログ
住所 大阪市中央区谷町6-3-7
TEL
営業時間 11:00〜23:00 日曜営業
定休日 無休
交通手段 谷町六丁目駅から239m
ホームページ https://twitter.com/chukasobasonoda
オープン日 2016年5月11日
詳しい地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す



じゃ、又ね




訪問者 524 1971269










https://tblg.k-img.com/diary/images/572/640x640_572866.jpg
 Meets Regional 2017年09月号 谷町特集 ← このリンクをクリックするとamazonに飛びます♪
 書誌事項はAmazonを参照してください。





https://tblg.k-img.com/diary/images/567/567895.jpg
 京阪神酒場の本 (えるまがMOOK) イマドキの立ち呑み ← このリンクをクリックするとamazonに飛びます♪
 書誌事項はAmazonを参照してください。

開く コメント(6)

開く トラックバック(1)

 谷町6丁目の道路の真ん中に木が生えていて、そこに神社があります。これってどういうことかな?


イメージ 1


 道を造うとして、そこにあった木を倒そうとしたら、事故ばっかり起こってどうしても木を抜くことができなかったので、木を残したまま道を造ったのかな? まあ、元々神社があって、道がそれを迂回したというのが普通そうです。


イメージ 2


 その神社の北側にリップルカフェがあります。おなかも空いたことですし、ランチをいただきましょう。

 生パスタとかピザのお店です。ランチメニューをみますと、生パスタと一品のセットが800円です。一品にはドライカレーとかカレーとかがあります。生パスタとカレー、なかなかすてきな取り合わせでございます。


イメージ 3


 お店に入ります。わりと古い、アメリカンな感じのお店です。

 生パスタの種類はいろいろあります。でも、私の大好物ミートスパがありませんので、その次に好きなカルボナーラにしましょう。カルボナーラとカレーのセットにします。

 ご一緒さんは、ジェノベーゼとドライカレーのセットにします。ジェノベーゼって何?


イメージ 4


 サラダがきます。


イメージ 5


 そして、カレーがきます。軟らかいご飯にタマネギたっぷりのカレーがかけてあります。残念ながらカレーの分量がやや少ないなぁ。


イメージ 6


 ご一緒さんのドライカレーは、ご飯の横の小鉢にカレー味のミンチが入れてあります。ちょっと味見させていただきますと、スパイスをたっぷり使ってます。でもひどく辛いということはありません。これも、ご飯の量に対して量が心持ち少ないです。


イメージ 7


 カルボナーラがきました。


イメージ 8


 生パスタらしくもちっとしてしこっとしております。できるだけパスタにクリームが絡むようにしながらいただきます。


イメージ 9


 ご一緒さんのジェノベーゼがきました。


イメージ 10


 ジェノベーゼというのがよく知らないワタクシですが、バジルとニンニクを使ったオイルパスタです。ちょっとだけ味見させていただきますが、とてもすてきな味付けです。



 お店から出たところの、道の真ん中の神社、きになるなぁ。



カレーの「ルー」? 出典: 『最近気になる放送用語』NHK放送文化研究所より抜粋

Q:カレーライスを注文するときに「ルーを多めにしてください」と言ったところ、変な顔をされてしまいました。なにかことばの使い方が間違っていたのでしょうか。

A:カレーの「ルー」というのは、固形や粉末の「カレーのもと」のことを指すことばです。料理として出来上がっている「カレーの汁(=ご飯にかかっている部分)」のことを「ルー」と言うのは、本来はあやまりです。ですが、この用法は若い年代を中心にかなり広まってきており、社会的にも認められる段階になっているのかもしれません。

「ルー(roux)」というのは小麦粉とバターを加熱しながらまぜあわせたものですが、もともとフランス語で「赤茶色の」という意味です。赤茶色になるように火を通したから、このように呼ばれたのでしょう。とろみがあり、シチューなどにも使われます。

 日本式のカレーを作る場合、戦前は各家庭で小麦粉を炒めてそこにカレー粉を加えていました。この手間を省くために、最初からカレー粉と「ルー」を合わせた商品が開発されたのです。これが、カレーの「ルー」です。

 では、あの「ご飯にかかっている部分」のことは、何と呼べばよいのでしょうか。かつて軍隊では「辛味入汁掛飯(からみいりしるかけめし)」と呼ばれた時期があることからもわかるように、むかしは「汁」ととらえられていたようです。しかし、いまの日本人の感覚では「汁」と呼ぶにはあまりに「とろり」としすぎているのではないでしょうか。「(カレー)ソース」という言い方もありますが、ご飯の上にあのように大量にかかっているものを「ソース」とは呼びにくい気持ちもあります。「カレー」だけだと、ライスが添えられたものなのかどうか、あいまいです。結局、適当な呼び名がないので「ルー」ということばがその役を務めるようになったのだと思います。もともとのフランス語にはない使い方ですが、日本語になじんだ外来語の用法として、認めてもよさそうです。

 インターネット上でのアンケートでは、「ルー」ということばは「カレーのもと」と「ご飯にかかっている部分」の両方とも指すことができるという人が、特に若い人の間では主流になっていました。

リップルカフェ 食べログ
住所 大阪市中央区谷町7-1-24
TEL 06-6761-5025
営業時間 11:30〜16:00 17:00〜23:00(L.O22:30) 日曜営業
定休日 水
席数 23席
交通手段 谷町六丁目駅から410m
駐車場 無
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

開く コメント(2)

 谷町筋にイタリアの国旗があって、てっきりイタリア料理店かと思ったら、当たらずとも遠からず、ジェラートのお店でございます。


イメージ 1


 なんかの大会で優勝したとか、トロフィーまで飾ってあります。


イメージ 3


イメージ 4


 看板のメニューを見ますと、いろいろあります。


イメージ 2


 乳脂肪分を少なくして、なおかつクリーミーさは損なっていないという、相反する事象を取り入れたアイスクリームでございます。
 どれにしましょう。


イメージ 5


 こういうときは決まっております。基本のメニューをいただきましょう。別の言い方をすると、一番安いメニューをいただきましょう。ちょっとトッピングとか味を加えるだけで、2割、3割高くなります。昨今の低金利自体、2割もうけるためにはいかほどの年数がかかるでしょうか? お店のあの手この手に引っかかってはいけません。

 クリーミークリーミー230円を頼みます。


イメージ 6


 カップに入れて、ちょっとだけイチゴのジェラートをサービスしてくれました。


イメージ 7


 ワタクシ、普通のジェラートを食べ慣れておりませんので比較はできないのですが、うん、低脂肪であるに関わらずしっかりとジェラートしてます。
 ちまたで売っている低脂肪乳は、やっぱり牛乳と違った飲み物でしっくりとこないのでございますが、こちらの低脂肪は大丈夫でございます。




ジェラテリア・チルコドーロ 食べログ
住所 大阪市中央区谷町7丁目3-4 新谷町第三ビル114
TEL 06-6767-0515
営業時間 11:00〜19:00 日曜営業
定休日 水曜
カード 不可
席数 4席 (テーブル2つ 、店先に椅子席もあり)
個室 無
貸切 不可
禁煙・喫煙 完全禁煙
交通手段 地下鉄谷町線「谷町六丁目」駅(4番出口)より徒歩4分 谷町六丁目駅から368m
駐車場 無
ホームページ http://circodoro.jp/index.html
オープン日 2005年3月1日
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

開く コメント(2)

 おなかが空きました。久しぶりにラーメンでもいただきましょう。


イメージ 1


 交差点のところにちょんまげ食堂という、ふざけた名前のラーメン屋さんがありました。


イメージ 2


 夏ですので冷たいラーメンもあります。


イメージ 5


 通常メニューの最初は鶏パイタンです。醤油と塩がありますので塩\680にしましょう。


イメージ 3


 ランチタイムはセットご飯があります。ラーメンを注文したときだけこの価格で提供してます。


イメージ 4


 たくさんの種類があって迷いますが、名物唐揚丼\270にします。


イメージ 6


 まず名物唐揚丼がやってきます。


イメージ 7


 唐揚にタレが絡めてあり、タルタルソースがかかっていて、その上に春雨や水菜がトッピングしてあります。

 さて、この唐揚はもも肉でしょうか、ムネ肉でしょうか。いつものムネモモ問題です。

 まずは唐揚をがぶり。ああよかった、もも肉だ。甘辛いタレとタルタルソースでこってりした唐揚丼です。


イメージ 8


 ラーメンがやってきます。


イメージ 9


 鶏パイタンスープが牛乳みたいに真っ白です。油と水が乳化しているので、しくみは牛乳と一緒です。


イメージ 10


 麺は中細ストレートです。ま、こんなもんかな。

 チャーシューはゆで豚を薄く切ってバーナーであぶってあります。ワタクシの嫌いなもろもろタイプです。

 スープがこってりしております。鶏から作ってるんだろうけど牛乳みたいなにこってりしております。塩気がちょうどですので、ラーメンを食べ終えても、スープをどんどん飲んでしまいました。

 ごちそうさま。



ちょんまげ食堂 ラーメン部 食べログ
住所 大阪市天王寺区上本町1-1-18 武島ビル 1F
TEL 06-6191-1356
営業時間 月〜日 11時30分〜1時00分 日曜営業
定休日 不定休(年末年始の3日〜4日間はお休み)
カード 不可
席数 16席
禁煙・喫煙 全面喫煙可 (ランチ15時までは禁煙)
交通手段 谷町六丁目駅から368m
駐車場 無
オープン日 2012年6月6日
http://map.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/static?lat=34.39.80.350&lon=135.31.25.525&width=450&height=350&appid=AlaKEtixg65SDdLq131I378bWz9WKRhwucY9WQdYfw_CBGNegey3a1SeditWzTxuXeihgw--&datum=tky&logo=off&pointer=on&z=15
詳しい地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す


開く コメント(4)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事