Pochi の 神戸・大阪 行ったり来たり

旨い、美味しいなどの単語を使わずに、どれだけ表現できるか。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全16ページ

[10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]

[ 前のページ | 次のページ ]

 天満駅の近辺で、イッパイいただきましょう。選択肢は無限に広がっているような感じでございます。千葉のネズミーランドよりもわくわくいたします。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/16236/16236706.jpg

 今回は但馬屋にやってきました。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/16236/16236709.jpg

 ビール大瓶が350円って、たくさん飲まれる方にとっては天国のような価格でございましょう。ちょっとオサレなお店だと小瓶で500円とかします。

 のれんをくぐってお店に入りますと、カウンターがズドーンと奥まで続いていて、厨房と反対側にはテーブルが並んでいます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/16236/16236712.jpg https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/16236/16236711.jpg
(画像をクリックすると大きくなります)

 なにを頼もうか、壁の短冊が多すぎっ! 好き放題貼りまくってあって、だいたい近い種類のものが並んではいるのですが、目的のものがあるのかないのか、なかなか判明しません。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/16236/16236713.jpg

 とりあえず、酎ハイを頼みます。レモンで。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/16236/16236715.jpg

 つきだしは枝豆がやってきました。

 で、店員さんに、どて焼があるか尋ねます。あります。それと湯豆腐を頼みます。

 湯豆腐って、豆腐を湯で温めていると、今日、このときまで思っていたのでございます。豆腐の上のとろろ昆布が湯にいい味を出しているのだと。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/16236/16236718.jpg

 とろろ昆布がまだ乾いているうちに、湯の味をみてみますと、なんと、薄味の吸い物でございました。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/16236/16236721.jpg

 どて焼は、東京の方でいうところの煮込みで、それも、味噌の煮込みで汁気がなくドロっとなるまで煮込んであるもの、というと、想像できるでしょうか。

 こちらのお店はすじ肉とシロを煮込んでありますが、それぞれが弾力を残して仕上げてあります。モロモロの肉がこの上なく嫌いなワタクシ、こういう加減がとっても好きでございます。

 追加しましょう。ハタハタ唐など。

 ハタハタ唐って初めて頼みます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/16236/16236722.jpg

 やってきたのが、丸まま揚げられて口を開いているハタハタでございました。

 これは、どこから食べようか? 全部食べられるものかなと思って、頭からかぶりつきます。骨まで柔らかく揚げられていて、シャリシャリと無理なく食べることが出来ます。内臓は取り除いてありましたので、苦くなく、しっぽの先まできれいに平らげました。

 うーん、短冊をみながら悩んで、トン平焼を頼みました。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/16236/16236724.jpg

 これがまた、ボリューミーです。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/16236/16236726.jpg

 豚コマを炒めたのをオムレツの具にしたもの、といえばわかりやすかな。ほんま、玉子の中は肉ばっかりでございました。

 1960円なり。




但馬屋 (たじまや) 食べログ
住所 大阪市北区天神橋4-12-5
TEL 非公開
営業時間 9:00〜24:00
定休日 無休
交通手段 天満駅から77m
駐車場 無
禁煙・喫煙 全面喫煙可
詳しい地図はこちらをクリック



開く コメント(8)

 大阪梅田から一駅だけ行ったところでございますが、そこはめくるめくカオスな世界が広がっています。様々な職のパラダイスでございます。

 このエリアでは、オシャレとか見栄という単語は見あたりません。あくまでも、実質を追求するエリアでございます。そういうものを追求するならば、北新地へ行けばよろしいのでございます。東京へ行けばよろしいのでございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14338/14338302.jpg

 JR天満駅から、太い道を渡ったところにあります双龍居へ行ってまいりました。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14338/14338303.jpg

 天満には、いくつか中華料理の名店がございまして、ホテルで食べるような中華料理を、安価に食べることができるのでございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14338/14338304.jpg

 麻婆豆腐、ビーフン、炒飯、肉の包みなど、【ランチ】 にしては豪華なものを頼みまくります。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14338/14338308.jpg

 冷たいお茶を頼みますと、このようなかわいい、まるで鶏のような形の入れ物に入って持ってきてくれます。

 麻婆豆腐の辛さを選べますが、一緒に行った人たちが辛さに弱いので、まずは、普通から始めます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14338/14338310.jpg

 ぴりっとした麻婆豆腐で、暑い夏でございますが食が進みます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14338/14338323.jpg

 パラパラっと炒めてある炒飯などと一緒にいただきますと、なおよろしいのでございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14338/14338324.jpg

 枝豆が入っているのが涼しげです。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14338/14338325.jpg

 長崎で角煮をはさんで食べたのを思い出す、なんとかのはさみでございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14338/14338326.jpg

 ピーマンとか豚肉を炒めたのを、パンにはさんで。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14338/14338369.jpg

 手に持っていただきます。ふわふわのパンに包むと、なんでも美味しいでしょう♪


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14338/14338370.jpg

 ビーフンも麺よりも野菜などの方が多い、野菜炒めビーフン入りでございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14338/14338373.jpg

 キヌガサ茸やキクラゲなどの茸も入っています。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14338/14338375.jpg

 イカが花びらのように広がっていました。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14338/14338376.jpg

 デザートに、揚げパンの練乳かけも頼みます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14338/14338410.jpg

 カラッとあげたパンが熱々で、これに練乳ってものすごくマッチします。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14338/14338411.jpg

 こんだけ食べても、4550円なり。

https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14338/14338414.jpg


中国食府 双龍居 食べログ
住所 大阪市北区浪花町1-24 JL天満駅前ビル 1F・2F
TEL 06-6377-8808
営業時間 11:00〜14:00 飲茶タイム14:00〜17:00 ディナータイム 17:00〜24:00(L.O23:00)
定休日 年中無休
個室 有
席数 100席 (1階テーブル33席、2階テーブル約70席(最大14名用円卓の半個室×2))
貸切 可
交通手段 JR天満駅 徒歩2分 天満駅から182m
駐車場 無(近隣に有料コインパーキングあり)
禁煙・喫煙 分煙
オープン日 2012年3月24日
備考 双龍居の新店舗になります。
http://r.tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27004401/
詳しい地図はこちらをクリック



開く コメント(10)

開く トラックバック(4)

 天満エリアには、奴寿司が3軒あります。どこも同じような店構えなので、容易に系列店だとわかります。

 店のシステムも価格も似たようなものでございます。聞いてみますと、親族でやられているようでございます。






 一般論として、寿司屋に入って「おまかせ」と声に出すことは、かなり勇気のいることでございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14336/14336225.jpg

 しかし、ここは天満でございます。お店の方にお任せしても、恐ろしいことにはならないのでございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14336/14336226.jpg

 では、店に入って「おまかせで」と言ってみましょう。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14336/14336227.jpg

 まずやってきたのが、うに、ひらめでございます。

 この少し西の北新地で、ウニやヒラメがやってきたら、とっても恐ろしいのでございます。
 ケツの毛まで毟られてしまうのではないかとビクビクしなければなりません。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14336/14336228.jpg

 カンパチ、もずく。

 もずくって自分から頼む寿司ネタではないのですが、ほぉ、寿司にするとこういう風になるのですね。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14336/14336230.jpg

 とり貝、いたや貝の貝のペアでやってきました。
 そういえば、くるくる回る100円均一の寿司屋ではとり貝って回ってきません。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14336/14336243.jpg

 カツオのたたき、鰯。

 ストップをかけるまで寿司がやってきますので、そろそろストップをかけます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14336/14336244.jpg

 最後にやってきたのはイクラ、サーモンです。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14336/14336248.jpg

 親子でやってきました。

 はっきり言って、当たり前といったら当たり前なのですが、くるくる回ってくる寿司と全然違う味わいでございます。

 で、お気づきでしょうが、一皿に二貫べつべつの寿司がのってくるのも、この店のおまかせの特徴でございます。とってもすばらしいサービスでございます。たくさんの種類を楽しめるのでございました。

 一皿、二種類二貫のって315円でございます。

 5皿で、1575円なり。



奴寿司総本店 (やっこすしそうほんてん) 食べログ
住所 大阪市北区天神橋5-6-22
TEL 06-6358-4427
営業時間 12:00〜売切れまで(22時頃)
定休日 木曜
交通手段 天神橋筋六丁目駅から272m
駐車場 無
詳しい地図はこちらをクリック





開く コメント(12)

 またまた、DEEP大阪を味わえるエリア、天満にやってまいりました。

 エリア全体が横丁、路地裏の固まりみたいなところですが、その中もちゃんと名前が付いているらしく、天5横丁というところにある店にやってきました。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752597.jpg

 宮崎地鶏というお店です。

 2000円で飲み放題食べ放題という、とってもすてきなアイデアが提案されていますが、ワタクシ、今回トロモモを食べたかったので、残念ながら食べ放題はあきらめます。一緒に行った方々も生ビールを飲まれましたが、生ビールも飲み放題にすると2500円になります。
 なかなか、うまい価格設定だな。

https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752598.jpg https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752599.jpg
(画像をクリックすると大きくなります)

 店内の壁にはメニューが書いてあります。これを見上げながら何を食べようか協議いたします。

 レモン酎ハイを頼み、まずはトロモモを頼みます。

 そして、ズリ2人前、ハツ2人前、レバー、皮ポン酢、ポテトフライを頼みます。

https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752600.jpg https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752601.jpg
(画像をクリックすると大きくなります)

 こういうお店にも芸能人がやってくるみたいでございます。たくさんのサインが並んでいます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752632.jpg

 V6ってのはよくわかりませんが、坂本昌行というのも来たようでございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752634.jpg

 とりあえず乾杯っ!


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752637.jpg

 生つくねがきます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752638.jpg

 つくねを焼く前の、生肉です。細かく砕いた軟骨まで入っています。生で出すなんて大丈夫でしょうか? という不安も、一口いただきますと、どこかに飛んでいきます。
 うん、これを下痢をおそれて食べないのと、食べて下痢するんやったら、下痢する方を選ぶっ!
 醤油とか塩で試しますが、塩以外の選択肢は間違いでした。

 めっちゃ、酒の肴って食べ物です。こんなのを正規のメニューにしてるなんて、よっぼど肉の新鮮さに自信があるんだろうな。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752640.jpg

 ポテトフライ。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752686.jpg

 地鶏皮湯引きポン酢です。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752688.jpg

 ポン酢にネギを散らして、弾力たっぷりの皮をいただきます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752690.jpg

 で、得体の知れない物体がやってきました。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752692.jpg

 ん? なに? これ?

 聞きますと、ズリなんだそうです。一般には砂肝と呼ばれる部位です。
 へぇ〜〜っ! ズリを丸のまま焼いて出すなんてっ!
 そのまま箸でいただきます。すでに塩をしてあって、その塩梅がとてもいい感じです。で、ちょうどよい加減で火が通っていますので、なかなかむずかしいズリの歯ごたえも、ぴったりです。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752694.jpg

 で、またまたわけのわからんもんがやってきました。なにがなんやら想像できない形です。注文したものから類推するとハツです。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752707.jpg

 これまたズリと同じように丸のまま焼いてあります。簡単に言うと「心臓の丸焼」きです。先っぽに冠動脈までついています。
 身体の悪い部位を食べると治ると漢方で言われていますので、心臓の弱い方はぜひ召し上がってください。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752708.jpg

 レバーがやってきます。エリアによっては「血肝」と呼ばれたりしている、肝臓です。最近、牛の肝臓を生で食べることはまかりならぬ、とおふれがでたばかりでございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752710.jpg

 このレバーは、とってもレアに焼いてあって、トロリと、口の中でとろけて流れ出します。
 焼き場で大きな炎が立ち上っています。うんうん、私たちの頼んだ「トロモモ」を焼いてくれているんだな。まかせたっ!


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752711.jpg

 ようやく、トロモモがやってきました。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13752/13752712.jpg

 ハサミがついてきます。一口大に解体していただきます。わりとレアに焼いてありますが、それでもしっかりとした歯ごたえで、噛めば噛むほど肉の味が口中に広がります。
 さては親鳥だな、と若い女給さんに聞きますと、こちらの行っている意味を理解できないらしく、うら若き女性店長(推定ハタチ)に聞きに行ってます。
 とっても小柄な、身長を超えるような炎をあげてもも肉を焼いていた人とは思えないお姉ちゃんが「はい、親鳥です」と教えてくれます。
 なるほど、親鳥はしっかりと焼くと、とても硬くなって人によっては食べられないこともあるので、焼加減を調節してだれでも問題なく食べられように焼いているんだな。

 よく見れば、店員さんは全員女性、客も半分以上が女性でございます。

 最近のOLさんがたくましくなったのか、それとも、この店だけなのか、いや、天満を歩いているとOLさんが闊歩しているし、天満もおっさんが飲んだくれる街からOLさんが飲んだくれる街になってきたことを実感したしだいでございます。

 三人で7500円ぐらい。


宮崎の地鶏 トロモモ 天満店 食べログ
住所 大阪市北区天神橋5-6-23 一松食品センター内
TEL 06-6354-8989
営業時間 [火-日]11:00-14:00(L.O13:30) 17:00-23:00(L.O22:30)
定休日 昼営業(月曜日) 夜営業(年中無休)
席数 20席
交通手段 JR天満駅より徒歩3分(180m) 天満駅から278m
ホームページ http://www8.plala.or.jp/rinkuru/ichimatsu.htm
オープン日 2011年5月10日
詳しい地図はこちらをクリック





開く コメント(10)

開く トラックバック(1)

 大阪にもつけ麺のお店が増えてまいりました。洛二神も、むかしはラーメンだけのお店だったのでしょうが、いまではつけ麺もメニューにラインナップされています。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13341/13341559.jpg

 天神橋商店街から道を渡ったところの、すごく間口が細いラーメン屋です。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13341/13341561.jpg

 この細さですから、カウンターだけだろうなと想像しましたが、やっぱりカウンターだけのお店でした。入る前に顔だけいれて「つけ麺まだあります?」と聞いて、売り切れていないことを確認してから入ったのでございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13341/13341609.jpg

 一番奥から座ってください、と言われます。なるほど、手前に座ったら狭くて奥に行きにくいです。それぐらい細いお店です。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13341/13341684.jpg

 カウンターの向こうの壁に「魚濃つけめん」と貼紙がしてありますが、価格は\900です。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13341/13341681.jpg

 魚濃って、どんなんかな?


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13341/13341564.jpg

 やってまいりました魚濃つけ麺です。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13341/13341566.jpg

 やっぱり、魚介豚骨でございました。東京ではわりとスタンダードなスープです。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13341/13341573.jpg

 麺を一本食べます。麺の上には刻み海苔と青紫蘇がのっていますので、これを避けて一本とるのがちょっと苦労しました。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13341/13341576.jpg

 麺自体に少し塩味がします。こういう麺に味のあるタイプのつけ麺は、これまでの経験から食べていて飽きがこないのです。ぜいたくを言わせていただければ、小麦の味が広がるタイプが良かったのですが。



 青ジソがのっているので、時々それを絡めていただきますと、紫蘇の清涼感が広がって、こってりしたつけ麺を食べていながら味の変化が明確になって飽きがきません。

 全部食べ終わって、スープ割りをお願いします。

 少し時間がかかります。やってきたスープ割りはむちゃくちゃ熱いです。鍋で沸かしなおしているのでしょう。

 やっぱり、つけ麺の後は、このスープ割りでいただかないことには、しまりがつきません。

 食べ終わりますと、お勘定です。


洛二神 (らくにじん) 食べログ
住所 大阪市北区浪花町4-22 藤ビル 1F
TEL 06-6371-1088
営業時間 [月〜金]11:30〜14:30 18:00〜23:50(L.O) [土]12:00〜14:30 18:00〜23:50(L.O)
定休日 日曜
カード 不可
個室 無
席数 9席 (カウンターのみ)
交通手段 大阪市営地下鉄「天神橋筋六丁目」徒歩3分 天神橋筋六丁目駅から268m
駐車場 無




https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13341/13341685.jpg




開く コメント(11)

開く トラックバック(3)

全16ページ

[10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事