Pochi の 神戸・大阪 行ったり来たり

旨い、美味しいなどの単語を使わずに、どれだけ表現できるか。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 垂水駅の北側、イオンの東側に垂水センター街と駅前通りがあります。


https://tblg.k-img.com/diary/images/620/620031.jpg

 垂水センター街の西側の入り口です。


https://tblg.k-img.com/diary/images/620/620032.jpg

 駅前通りの西側の入口あたりです。



 そこを少し東に進みますと、二つの商店街の間に、垂水廉売市場があります。


https://tblg.k-img.com/diary/images/620/620033.jpg

 昭和の姿そのまま残っている商店街です。


https://tblg.k-img.com/diary/images/620/620034.jpg

 すごく細い、すれ違うのも、ぎりぎりの細い通路です。


https://tblg.k-img.com/diary/images/620/620035.jpg

 垂水センター街はたくさんの人が歩いていますが、垂水廉売市場の中はほとんど人通りがありません。

 半分以上シャッターが閉まっています。ポツンポツンとお店が営業されています。

 これだけ古い商店街ですが、クーラーがついてます。


https://tblg.k-img.com/diary/images/620/620036.jpg

 閉まっているシャッターが膨らんでいます。このタイプのシャッターは三宮の二宮市場とかでしか見たことがありません。

 危険なので立ち入り禁止のエリアもあります。


https://tblg.k-img.com/diary/images/620/620037.jpg

 魚屋の上に猫がいました。






https://tblg.k-img.com/diary/images/620/620038.jpg

 垂水駅の南に出て、ちょっと西に行くと、古い建物がありました。







じゃ、又ね























開く コメント(0)

 難波で行こうと思っていたお店が見つからず、困った困ったコマドリ姉妹。

 ふらふらとお店を探しながら歩いていますと、何ともぼろぼろのお店がありました。


イメージ 1


 日替わりランチの料理が「平目フライと鶏の生姜焼」\910でございます。


イメージ 2


 こんなお店で平目のフライ? 洋食屋さんなのかな?


イメージ 3


 それにしても、鶏の生姜焼って初めて見るぞ。生姜焼といったら豚の生姜焼しか知らないワタクシでございます。

 入ってみましょう。


イメージ 4


 まさに昭和歴史遺産、DEEPなお店です。


イメージ 6


 カウンターに座り、日替わりを頼みます。


イメージ 5


 おお、お水がヱビスビールのコップに入ってます。


イメージ 7


 きょろきょろ見てますと、テレビ番組の写真が貼ってあります。こういうお店なのに、いや、こういうお店だからか、何度もテレビが取材にきているみたいです。


イメージ 8


 きたなしゅらんまできてるぞ。


イメージ 9


 調理場で大将が調理を始めています。
 すごく焦げ付いた鍋でフライを揚げてます。鍋の外側を洗ったのはいつなんだろ?

 鶏の生姜焼も一緒に作っておられます。大きな鉄板で鶏肉を焼いて、別のフライパンでタマネギを焼いてます。この量はめっちゃ多いぞ。きっと日替わりを何食か分同時に作ってるんだろうな。


イメージ 10


 日替わりランチがやってきました。


イメージ 11


 この皿、給食の時の皿がこんなんだったぞ。


イメージ 12


 平目のフライは大葉が挟まってるのかな、白身に緑がきれいです。
 フライのタレかな、小鉢に入ってます。


イメージ 13


 鶏の生姜焼はどんなもんでしょう?
 うん、鶏も生姜焼にしていけるもんだな。




グリル清起 (セイキ) 食べログ
住所 大阪市中央区難波4-5-8
TEL 06-6643-6119
営業時間 11:30〜15:00 17:30〜21:00 日曜営業
定休日 土曜日
支払い方法 カード不可
禁煙・喫煙 全面喫煙可
交通手段 大阪難波駅から196m
駐車場 無
オープン日 1968年
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又ね






















開く コメント(6)

 兵庫県立美術館の海側の階段のところに、大きな少女が立っています。


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610394.jpg

 顔が、アニメ顔です。


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610395.jpg



https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610396.jpg

 高さ10mぐらいあるでしょうか、きらきらに太陽の光を反射してまぶしいです。


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610397.jpg

 写真の難しいところは、大きさがわからないことです。


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610398.jpg

 この足元の少女と大きさを比べてみてください。



https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610399.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610400.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610401.jpg






 さて、誰もが思うスカートの中はどうなっているのでしょうか?





 見たいでしょう?







https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610402.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610403.jpg






少女の巨大オブジェ、愛称「なぎさ」に決定 神戸・兵庫県立美術館南 出典: 『』より抜粋

 神戸市中央区の兵庫県立美術館南側に今年6月に設置された少女のオブジェ「サン・シスター」(高さ約6メートル)の愛称が「なぎさ」に決まった。

 オブジェは、阪神大震災から今年で20年を迎えたことに合わせ、同美術館と王子動物園(同市灘区)を結ぶ「ミュージアムロード」のにぎわいにつなげようと、同美術館と神戸県民センターが企画。現代美術作家、ヤノベケンジさんが制作した。

 愛称は、地元の子供たちにオブジェに親しんでもらおうと、同センターなどが8〜9月に公募。県内外の3〜97歳から計1224件の応募があった。

 なぎさ公園や市立なぎさ小学校など、周辺に「なぎさ」を冠した施設が多いことや、柔らかく優しい響きが海(渚)に向かって立つオブジェのイメージと合うことなどから、同区の三浦典子さん(87)ら4人の応募作「なぎさ」に愛称を決定した。

 同センター県民交流室は「小さい子供にもわかりやすいよう、愛称はあえてひらがなにした。このオブジェが、子供たちが芸術に触れるきっかけになってほしい」としている。




じゃ、又ね



開く コメント(6)

 京阪の千林駅と大阪メトロ谷町線の千林大宮駅の間のエリアは、空襲でも焼け残ったところです。


https://tblg.k-img.com/diary/images/613/613415.jpg

 駅と駅は千林商店街でつながっています。


https://tblg.k-img.com/diary/images/613/613416.jpg

 商店街を離れたところは細い道が入り組んでいますが、ちょっと歩くと商店街に出ますので、よくわからないまま歩いても迷うことはありません。


https://tblg.k-img.com/diary/images/613/613417.jpg

 この土地は、ダイエーの発祥の地でございます。


https://tblg.k-img.com/diary/images/613/613418.jpg

 もうダイエーの店舗は閉店して取り壊されており、そのあとにパチンコ屋ができています。

 そのそばの路地をさまよい歩きますと、レトロな長屋があります。古い長屋と聞くと、文化住宅のような、クマさんはっつぁんの住んでいるような貧乏長屋を思い浮かべます。


https://tblg.k-img.com/diary/images/613/613419.jpg

 しかしこの長屋は、しっかりと瓦屋根で、二階の壁面はタイルが貼ってあり、一軒一軒は決して広くはありませんが、貧乏臭は全くなく、建った当時は高級住宅だったような雰囲気です。




千林商店街

 千林商店街は「大阪で好きな商店街ランキング」で常に上位に評価されております。
 また、「全国商店街30選」にも選ばれました。
 このことは皆様方のご愛顧によるものと組合員一同感謝しております。
 これから先、少子高齢化が進む中、ご年配の方々・ファミリー層や学生の方々にも支持されるよう、今後も「安心・安全」は勿論のこと、親しみやすい・買いやすい商店街をめざして日々頑張ってまいります。
 皆様のお越しを、心よりお待ち致しております。

・京阪電車「千林駅」下車すぐ
・京都(出町柳・三条・四条駅等)から京阪電車で淀屋橋方面「千林駅」まで約1時間
※当駅は普通のみ停車

・大阪市営地下鉄谷町線「千林大宮駅」下車1番出口すぐ
・大阪(東梅田)から大阪市営地下鉄 谷町線で大日方面「千林大宮駅」まで約15分



じゃ、又ね



開く コメント(2)

 本町のDEEPなお店を、もとこさんのブログ で知ったワタクシ、どうしても訪問したくなりました。


イメージ 1


 本町で待ち合わせて、赤ちゃん本舗の北側のビルの隙間のような通路野奥の赤提灯を目指して進みます。


イメージ 2


 カウンターの奥に座ります。


イメージ 5


 コの字型のカウンターの内側に、今日の食材がずらりと並んでいます。


イメージ 3


 メニューを見ると、値段がありませんっ!

 なんと恐ろしいことでしょう。


イメージ 4


 まずはチューハイで乾杯。


イメージ 6


 つきだしに枝豆があらかじめセットしてあります。


イメージ 7


 鮭ハラスを頼みましょう。


イメージ 8


 すごくとろけそうな脂ののったハラスです。


イメージ 9


 串に肉とプチトマトを刺してあるのがありましたので頼みます。


イメージ 10


 肉は豚肉と思っていたのですが、やってきたトマト串をかじりますと、なんとすてきなことにセセリでございました。ワタクシはもも肉よりもセセリの方が好きなのでございます。この料理の名前は何だろうとメニューを調べると、ネックプチトマトでした。

 国産ホルモンを頼みます。


イメージ 11


 小さな鉄鍋で焼いてやってきました。


イメージ 12


 黄色に包まれた物がありました。


イメージ 13


 それは何かききますと、春餅で、すき焼きの具を薄焼き玉子で包んだものです。

 蛤がきます。


イメージ 14


 醤油で味付けしてあります。殻で指をやけどしそうになりました。

 ワコーのミートパイです。


イメージ 15


 パイ生地じゃなくて、春巻きの皮みたいなんで、ミンチとトマトを包んでます。




 二人でいろいろ食べて、合計4800円なり。





炉ばたワコー 食べログ
住所 大阪市中央区南本町3-4-9 本町センター街
TEL 06-6252-2757 050-5869-2132 予約可
営業時間 平日(月〜金) 18:00〜26:00 土曜日・祝日【貸切のみ営業】 16:00〜23:00
定休日 日曜・祝日
支払い方法 カード不可 電子マネー不可
サービス料・チャージ 200円
席数 50席 (カウンター10席、テーブル40席(座敷を含む))
個室 有 (6人可、8人可、10〜20人可)
貸切 不可
禁煙・喫煙 全面喫煙可
交通手段 地下鉄本町駅徒歩4分 本町駅から131m
駐車場 無
オープン日 1972年11月3日
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又ね



開く コメント(2)

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事