Pochi の 神戸・大阪 行ったり来たり

旨い、美味しいなどの単語を使わずに、どれだけ表現できるか。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 鯛よし百番、それは知る人ぞ知る、とってもDEEPな建物です。

 そこでお食事をしてきました。


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610369.jpg

 場所は、飛田新地の中です。とっても香ばしいところにあります。

 その建物の由来は、遊郭です。飛田の遊郭として建設された、そのままの建物が残っているのです。

 2000年には「登録有形文化財」にも登録さたそうです。


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610370.jpg

 入ったところにあるのが「顔見世の間」です。


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610371.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610372.jpg

 目の前に太鼓橋があります。


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610373.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610374.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610375.jpg

 待合室「日光の間」です。


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610376.jpg

 奥の階段です。


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610377.jpg

 階段を上がると、そこは回廊になっています。小さな部屋がいくつもあります。


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610379.jpg

 今回寄せ鍋をいただいた部屋です。


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610378.jpg

 船を意匠してあります。


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610380.jpg

 もう一つの階段です。

 階段の横の壁には絵が描いてあります。酔っぱらいがぶつかったのでしょうか、はげてます。



https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610382.jpg

 男子用のお手洗いがすごいと予習していましたので、中に誰も入ってないことを確認して、パチパチします。



https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610383.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610384.jpg

 天井絵が豪華です。



https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610381.jpg


 トイレに行って迷ったふりで、中をさまよいます。



https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610385.jpg

 二階の回廊を一周しました。



https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610386.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610387.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610388.jpg

 ぐるりと一周いたします。



https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610389.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610390.jpg

 回廊は、外側に小部屋がたくさんあり、内側は中庭に面しています。


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610391.jpg

 二階からも中庭を見下ろすことができます。


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610392.jpg

 部屋の前にスリッパの置いてない部屋は使われていません。


https://tblg.k-img.com/diary/images/610/610393.jpg

 そっと、のぞいてみました。

 映画の中でしか経験できないような建物を、ふらふら歩くことができました。







鯛よし百番 (たいよしひゃくばん) 食べログ
住所 大阪市西成区山王3-5-25
TEL 06-6632-0050 完全予約制 メール(3日前)か電話(前日まで)で、要予約
営業時間 17:00〜23:00(L.O.22:30) 日曜営業
定休日 月曜(12月は営業)
支払い方法 カード不可
サービス料・チャージ 部屋代・サービス料なし
席数 120席
個室 有 (2人可、4人可、20〜30人可)
禁煙・喫煙 全面喫煙可
交通手段 近鉄南大阪線阿部野橋駅 徒歩10分 今船駅から385m
駐車場 無
備考 前日までに予約しないと入れません 料理の注文も予約です ドリンク類は当日発注です
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又ね



開く コメント(2)

 鯛よし百番というのは、普通のグルメガイドには紹介されていないお店でございます。
 でも、知る人は知っている、とても有名なお店でございます。

 予約客のみですので、当日ふらりと訪問しても、食事をすることができません。

 お店の場所は、蒼井そらが働いていたという伝説のある「飛田新地」の中です。この立地が、一般のグルメ雑誌では紹介されない要因でございましょう。

 飛田新地の中を通って訪問するのは、なかなかできないことでございます。
 地図を見ますと、大阪メトロ谷町線の阿倍野駅から行くと、どうにかそういう場所を通らずに訪問できそうです。

 阿部野橋駅から約10分ぐらいで到着いたしました。


イメージ 1


 ほぉ〜〜〜!

 このお店は、昔の遊郭の建物をそのまま使っています。重要文化財レベルの建物でしょう。
 そういう建物でしたら高級料亭になっていたりしそうですが、大衆鍋屋に使っているところが、いかにも大阪でございます。

 入口で靴を脱いで、靴箱に入れます。

 部屋に案内されます。案内してくださる方は、アフリカ系の方です。

 店内は、それは豪華でございます。


イメージ 2


 靴を脱ぐところの横から、こういう感じで圧倒されます。


イメージ 3


イメージ 4


 中に入ってすぐに目に付くのが太鼓橋です。室内にこのような意匠を凝らしています。


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


 控えの間でしょうか?


イメージ 8


 階段も。天国へ誘う階段と言うところでしょうか。


イメージ 9


 部屋に続く廊下です。


イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12


 部屋も、船をイメージしてあります。

 窓からは飛田新地の中が少しだけ見えます。

 とりあえずビール!


イメージ 13


 モルツです。

 突き出しと刺身がきます。


イメージ 14


 シラスとイクラの甘酢です。


イメージ 15


 刺身はマグロと鯛です。


イメージ 16


 鍋の用意ができました。


イメージ 17


 用意をしてくださるのも、すべてアフリカ系の方です。アジア系の方はよくお会いするのですが、アフリカ系の方は少なくて、それだけで、ふだんの生活ではない異国情緒が感じられます。


イメージ 20


 寄せ鍋は、たくさんの魚介、肉です。

 いい出汁だな。


イメージ 21

イメージ 22


 〆にうどんと雑炊セットを頼みます。


イメージ 23


 うどんは細麺です。

 うどんを少し残して、雑炊セットを作ります。おじやうどんでございます。


イメージ 24


 おじやうどんは、キツネうどん発祥のお店「マツバヤ」でいただいたことがあるので、それを素人なりに再現してみました。

 海苔が味付け海苔でした。これをちょっと入れるだけで、おじやうどんが味付け海苔の味に変化してしまったので、二杯目からは海苔は無しでいただきました。



 4人で20500円ぐらいでした。




イメージ 18


イメージ 19



鯛よし百番 (たいよしひゃくばん) 食べログ
住所 大阪市西成区山王3-5-25
TEL 06-6632-0050 完全予約制 メール(3日前)か電話(前日まで)で、要予約
営業時間 17:00〜23:00(L.O.22:30) 日曜営業
定休日 月曜(12月は営業)
支払い方法 カード不可
サービス料・チャージ 部屋代・サービス料なし
席数 120席
個室 有 (2人可、4人可、20〜30人可)
禁煙・喫煙 全面喫煙可
交通手段 近鉄南大阪線阿部野橋駅 徒歩10分 今船駅から385m
駐車場 無
備考 前日までに予約しないと入れません 料理の注文も予約です ドリンク類は当日発注です
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又ね



開く コメント(8)

 この2、3年、カレーが流行しはじめました。昔ながらのCoCo壱番屋みたいなカレーでなく、スパイスのきいたインド風だけれど、ご飯にかけるところは日本的な、インドのカリーとと日本のカレーをミックスしたみたいなスパイシーカレーです。

 東京の方では、日本風のカレーは欧風カレーとして、インド風はインドカレーとして、スリランカはスリランカとして、それぞれがそれぞれのカレーを提供して、その領域を侵すようなことはなかったそうです。

 しかし、関西は従来のそういうしきたりにとらわれす、自由な発想で作りまくっています。

 関西でも有名なスパイスカレーのお店、旧ヤム邸が東京にお店を出して、好評らしいです。

 これまではスパイスを入手するのが難しく、なかなかスパイシーカレーを作るのは難しかったそうなのですが、最近はネットも発達したこともあり、さまざまなスパイスの入手が容易になってきたことも、スパイシーカレーの発展に寄与しているそうです。

 Kansai Walker などではしょっちゅうカレー特集を組んでいます。何度も特集ができるぐらい、新しい店ができているということです。

 もともと、カレーが大好きで、小学校の頃誕生日になにが食べたいときかれ、迷わず「カレー」と答えたぐらい、年季の入ったカレー好きでございます。ビーフ、ポーク、チキン、どれでもOKでございます。

 そのカレー特集で見つけたお店、Low Down を訪問しましょう。

 難波と日本橋の間、味園ビルの西側のユニバース横丁にあるようです。まずはユニバース横丁を探して歩きます。


イメージ 1


 味園ビルが見えてきましたのでその手前にあるはずでございます。


イメージ 2


 おお、これがユニバース横丁ですかっ!


イメージ 3


 なんともDEEPな横丁でございます。
 おいそれと入り込める雰囲気ではありません。


イメージ 5


 この薄暗い横丁の半ばに、Low Down がありました。スパイシーカレーの看板がやけに目立っています。


イメージ 6


 入りますと、めっちゃ小さなお店です。4畳半ぐらい?


イメージ 7


 正方形のお店で、「田」の字の左上のコーナーが厨房でマスターが座っておられました。厨房と客席をカウンターが区切っています。カウンターには5人も立てば、隙間無くいっぱいになるぐらいです。


イメージ 4


 カレーは、チキン、ポーク、キーマがあるそうです。


イメージ 8


 ワタクシ三種類のあいがけ \1000 を頼みます。辛さの程度を聞かれましたので、一番辛くしてくださいとお願いします。

 マスターは鍋を三つ、コンロ二つを駆使して作っておられます。

 このお店は夜はバーになっているようで、ボトルが並んでいます。


イメージ 9


 やってまいりました。


イメージ 10


 キーマもポークもチキンも渾然一体となっています。全体にスパイスが振りかけられています。


イメージ 11


 もともとカレーという食べ物はカオスですが、それ以上にカオス状態です。


イメージ 12


 カシューナッツやマカダミアナッツがゴロゴロ入ってます。

 カレーのベースの味もしっかりとしていて、満足度の高いカレーライスでございました。




スパイスカリー ロー ダウン (スパイスカリー Low Down) 食べログ
住所 大阪市中央区千日前2-3-16 ユニバース横丁 Barヨーヨー
TEL 080-4240-5825
営業時間 11:30〜15:00 (L・O14:30) 1日、限定20食 日曜営業
定休日 不定休
支払い方法 カード不可
席数 (6名ほどのスタンディングスタイル)
個室 無
禁煙・喫煙 完全禁煙
交通手段 近鉄日本橋駅から197m
駐車場 無
公式アカウント https://twitter.com/loveshy5825
オープン日 2016年8月1日
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又ね

























開く コメント(8)

 京都駅から梅小路へ行く間に人形供養と大きくかかれたお寺がありました。


https://tblg.k-img.com/diary/images/604/604677.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/604/604678.jpg

 この手の神社や寺では、和歌山の淡嶋神社や東京の豪徳寺などが、なかなかDEEPな雰囲気でございました。


https://tblg.k-img.com/diary/images/604/604679.jpg

 入ってみますと、小屋の中に人形が奉納されています。


https://tblg.k-img.com/diary/images/604/604680.jpg

 これぐらいの量だったら、異様な感じは受けませんでした。


https://tblg.k-img.com/diary/images/604/604681.jpg

 なんかよくわからない像があったり・・・賓頭盧(びんずる)尊者っていうんですって。



賓頭盧 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

 賓頭盧(びんずる、ピンドーラ・バーラドヴァージャ、音写:複数あり)は、釈迦の弟子の1人。獅子吼(ししく)第一と称される。名がピンドーラ、姓をバーラドヴァージャである。名前の意味は、不動、利根という。十六羅漢の第一。バーラドヴァージャはバラモン十八姓の中の一つである。

 漢訳では、賓頭盧跋羅堕闍(びんずるばらだじゃ)、賓頭盧突羅闍(びんずるとらじゃ)、賓頭盧頗羅堕(びんずるはらだ)、賓度羅跋?惰闍(びんどらばらだじゃ)などと音写する。略称して賓頭盧(尊者)と呼ばれる。

 博識であり慈悲深く十善を尊重し、阿羅漢果を得て神通力を得た。白髪長眉の相があったといわれる。

 彼の説法が他の異論反論を許さずライオンのようであったため獅子吼第一といわれるようになった。優填王が仏教に帰依したのは、夫人の勧めという説もあるが、賓頭盧尊者の説法によるとも伝えられる。



https://tblg.k-img.com/diary/images/604/604682.jpg

 弁財天が祀ってあったり。


https://tblg.k-img.com/diary/images/604/604683.jpg

 稲荷神社があったり。






https://tblg.k-img.com/diary/images/604/604684.jpg


<粟嶋堂のご由緒>
 粟嶋堂は西山浄土宗に属する宗徳寺境内のお堂です。昔より「あわしまさん」と呼ばれ、親しまれてきました。宗徳寺は応永年間(1394?1427)に行阿上人がこの地に開山し、ご本尊は阿弥陀如来です。粟嶋堂は宝徳年間(今から約600年前)に南慶和尚が紀伊の国、淡島にて虚空蔵菩薩像を感得せられて上洛の途上、俄かにこの辺りで重くなったのを、ご神意として鎮守・粟嶋明神としてお祀りしたのが始まりといいます。
 江戸時代には粟嶋明神の霊験は広く伝わり、孝明天皇、光格天皇は度々ご代参され、歴代の后妃も篤くご信仰されました。また俳人の与謝蕪村や文人画家の富岡鉄斎も当堂にお参りし、今もその足跡を残しています。



粟嶋堂宗徳寺
住所 〒600-8257 京都市下京区三軒替地町124
TEL/FAX 075-371-2332
年中無休 午前9時〜午後5時

じゃ、又ね



開く コメント(4)

 岡山県総合グラウンドのジップアリーナ岡山の前に、いかにも昭和な大衆食堂がありました。


イメージ 1


 入口の藍で染めた暖簾の渋さに、この近辺のどこの店よりも気になります。


イメージ 2


 入ってみましょう。

 ショーケースの中におかずが並んでいる昔ながらの正当な大衆食堂です。まだこういう店が生き残っているんだな。

 4人がけのテーブルが二つ、奥にカウンターが3席、まだテーブルといすがあるのですが、残りの席はどうにも使えません。


イメージ 3


 壁にペナントが貼ってあります。

 懐かしいっ!

 小学生の頃、旅行先でどこのお土産屋さんにもペナントを売ってました。ペナントを買ったもんです。それを部屋の壁に貼ったものです。

 最近って、こんなペナントは見なくなったなぁ。


イメージ 4


 親子丼\500にしようか、玉子丼\400にしようか迷います。
 ここは奮発して、お店の大将に親子丼\500を頼みます。


イメージ 5


 やってきました。


イメージ 6


 とろとろの玉子です。つゆだくで軟らかいご飯全体に親子丼の出汁がいきわたっています。


イメージ 7


 さて、親子丼の鶏肉は胸肉でしょうかもも肉でしょうか。こういうところでも気になるムネモモ問題です。もも肉原理主義のワタクシ、できる限りもも肉で調理してほしいと切に願うものでございます。

 細く切られた鶏肉は・・・・・

 胸肉でした。


イメージ 8


 ああ、胸肉を使っているのなら玉子丼にすれば良かった。




みかづき食堂 食べログ
住所 岡山市北区南方5-6-4
TEL 086-252-1398
営業時間
定休日
席数 15席
個室 無
禁煙・喫煙 全面喫煙可
交通手段 法界院駅から1,006m
駐車場 無
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又ね



開く コメント(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事