Pochi の 神戸・大阪 行ったり来たり

旨い、美味しいなどの単語を使わずに、どれだけ表現できるか。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 阪急神戸三宮駅の西改札口をでて階段を下りて、マクドの前の広いコンコースの手前の階段を左に上がると、阪急楽天地です。阪急楽天地という名前ですがJRの高架下です。


イメージ 1


 1階は、多くの人が歩いているのですが、二階の廊下は閑散としています。


イメージ 2


 でも、その一番西の端のスタンドごんたでは、多くの人たちがわいわいと飲んでいらっしゃいます。このスタンドごんたは、あまりに人気で、どんどん支店ができているのでございます。支店、二号店のGONTA2にはだいぶん前に訪問いたしました。
 で、本店のほうに行こうと思いましたが、前に行ったとき、店の外まで人があふれ出していたのであきらめたことがあります。


イメージ 3


 今回訪問してみると、やっぱり人がたくさんいらっしゃいますが、カウンターの奥に隙間がありました。


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


 とりあえず、ビールっ!


イメージ 8


 ワタクシとしたらビールから始めるのは珍しいのですが、こちらの生中価格が\190(外税)でございますので、これは生中を頼まずにおられましょうか。


イメージ 9


 まずは、乾杯っ!

 甘鯛のフィッシュ&チップス\480(外税)を頼みます。ちょっと時間がかかるのですぐにできる物はどうですかと言われ、湯豆腐\220(外税)を頼みます。

 湯豆腐が来ました。


イメージ 10


 豆腐半丁ぐらいかな? 出汁の中に木綿豆腐が入っていて、とろろ昆布が大量にのっています。


イメージ 11


 甘鯛のフィッシュ&チップスが来ます。ビールとフィッシュ&チップス、目指すはイギリス、ブリティッシュな雰囲気でございます。


イメージ 12


 20cmぐらいあるかな、大きな甘鯛の天ぷらと揚げたポテトです。小皿にタルタルソースがたっぷり入ってます。それをかけていただきます。熱くて熱くて、吐き出しそうになりますが、ハーハーして我慢します。

 ステーキを追加しましょう。高架下のビフテキ\500(外税)です。レアでお願いします。


イメージ 13


 やってきました。


イメージ 14


 あ、スライスしてある。まるで牛肉のたたきかローストビーフみたいに切ってあります。これぐらいに切ってあったらすごく食べやすいです。
 とりあえず、そのまま一切れいただきましょう。


イメージ 15


 うん、いい感じの弾力があります。ちょっと塩味がついてます。

 ステーキソースの小皿に入れていただきましょう。明日も仕事だというのに、ニンニクチップスも食べてしまいました。

 \1580+税\126で、合計\1706でした。

 安っ! 安っ! 安っ!




Gonta (ゴンタ) 食べログ
住所 兵庫県神戸市中央区北長狭通1-31-26 三宮阪急楽天地 2F
TEL 078-391-1345
営業時間 [月〜金] 16:00〜22:30 [土・日] 15:00〜22:30 日曜営業
定休日 年中無休
席数 40席
禁煙・喫煙 全面喫煙可
交通手段 神戸三宮駅(阪急)から140m
駐車場 無
オープン日 2013年4月26日
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す













じゃ、又ね






開く コメント(6)

 阪神元町駅のちょうどホームの上のところに、有楽名店街があります。


https://tblg.k-img.com/diary/images/583/583540.jpg

 スナックみたいな中の見えない扉が並んでいて、一見さんには敷居の高いお店です。


https://tblg.k-img.com/diary/images/583/583541.jpg

 ワタクシは、安い居酒屋だったら知らないお店でも入ることができるようになりましたが、この並びのお店に入るのはためらってしまいました。


https://tblg.k-img.com/diary/images/583/583542.jpg

 ちょいのみセット1000円みたいなのがあると入りやすいんだけどな。


https://tblg.k-img.com/diary/images/583/583543.jpg

 阪神から立ち退きを勧告されているみたいで、反対の署名を集めてるようです。


https://tblg.k-img.com/diary/images/583/583544.jpg

 ここをを大改造して、鯉川筋に地下街を作って神戸大丸や元町通りやセンタープラザをつなぐと、人がたくさん歩くようになるんだろうな。





じゃ、又ね



開く コメント(0)

 和歌山県の加太にやってまいりました。加太の 淡嶋神社 の門前でお昼ご飯をいただきましょう。


イメージ 1


 一の鳥居と二の鳥居の間にお店が三軒並んでいます。その真ん中のお店が満幸商店でございます。幸いが満つるで「まんこうしょうてん」でございます。東京の方には口にするのをはばかられるようなお店の屋号でございます。


イメージ 2


 三軒中、一軒はシャッターが降りていて、営業しているのは2軒でした。お店の前にたくさんの人がたむろしているのはなになのかと思ったら、満幸商店で食事を待っているお客さんでした。
 ワタクシ達も店の前のノートに名前を記入し待ちます。
 いすが置いてあり、お店のおばちゃんが女子に膝掛けを渡してくださいます。

 時間がありますのでなにを食べるかメニューを詳細に検分し、熟考します。


イメージ 3


 ようやくお店に入ります。


イメージ 4



イメージ 5


 あわしま丼ノーマルサイズ \1500 が来ました。


イメージ 6


 サザエ、アサリ、おく貝などをショウガで煮込んだのを丼にかけてあります。


イメージ 7


 しらす丼ノーマルサイズ \800 がやってきました。


イメージ 8


 小振りの丼に山盛りのしらすです。とってもフォトジェニックでございます。いまではこう言うのをインスタ蠅というそうでございます。


 しらす丼もあわしま丼も、取り皿に分けていただきます。

 ウニトースト \500 です。


イメージ 9


 バゲットにウニを塗って焼いてあります。フランスパンとウニがこんなに相性がいいんですね。


イメージ 10


 ガスコンロにわさびスープが来ます。うどん付きで\1000です。


イメージ 11


 鯛の骨を一昼夜煮込んでとった出汁なんだそうです。


イメージ 12


 それを椀にとりわさびを少し入れていただきます。

 あ”〜〜〜っ! あまりの心地よさに音が漏れ出てしまいます。見た目はただのわかめの味噌汁にしか見えませんが、とってもいい出汁が出ています。


イメージ 13


 では、うどんをいれましょう。


イメージ 14


 これは頼んでよかった。満幸商店に訪れると、これを頼むべきでございましょう。




イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21




満幸商店 食べログ
住所 和歌山市加太118 淡嶋神社境内
TEL 073-459-0328 予約可
営業時間 9:00〜17:00 17:00〜(夜は二日前までに要予約。コースのみ) 日曜営業
定休日 無休(悪天候時は休業)
支払い方法 カード不可
席数 40席
個室 無
貸切 可
禁煙・喫煙 全面喫煙可
交通手段 南海電気鉄道加太線 加太駅から徒歩約20分 加太駅から1,291m
駐車場 有 店舗前に有料駐車場あり。夜間は無料で使用可能
ホームページ http://www.eonet.ne.jp/~sakanahime/
オープン日 1960年
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又ね



開く コメント(6)

 和歌山県の一番大阪よりの加太に淡嶋神社があります。

 人形を奉納するというので有名な神社でございます。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588792.jpg

 奉納した日本人形の髪の毛が伸びる、などという都市伝説の方がもっと有名でございます。

 普通に鳥居をくぐってお参りをいたします。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588793.jpg

 本殿の中には雛人形が飾ってあります。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588794.jpg

 あれ、なんか多い。雛壇にところ狭しと雛人形が並んでいます。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588795.jpg

 よく見ると拝殿の廊下にたくさんの人形が置いてあります。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588796.jpg

 なんか、不気味でございます。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588797.jpg

 昼間だからいいものの、夜だったらかなりくるでしょう。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588798.jpg

 ハイホーハイホー!


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588799.jpg

 廊下の下にも。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588800.jpg


 横に回りますとそこにもここにも。



 お侍さんも並んでます。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588801.jpg

 数え切れません。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588802.jpg

 東京の豪徳寺でもたくさん奉納してあった招き猫、こちらにもありました。



https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588803.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588804.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588805.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588806.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588807.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588808.jpg

 お面も並んでいます。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588809.jpg

 干支の人形もずらりと。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588810.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588811.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588812.jpg

 達磨も人形です。



https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588813.jpg

 吉原で言うところの、まあ、ごりっぱ! な逸物も並んでいます。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588814.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588815.jpg

 女性のパンティーも奉納されています。パンティーそのままでなく袋に入れて奉納しているのが乙女心でございましょう。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588816.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588817.jpg

 ゲロゲロ!


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588818.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588819.jpg

 七福神も、これだけ密集していたらありがたみを越えて、あなをかし。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588820.jpg

 割れた顔の隙間にコインがねじ込んであるのがシュールです。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588821.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588822.jpg

 紀国屋文左衛門のみかん船の帆柱です。
 紀文の帆柱に穴が開いていて、祈願しながらくぐると願いが叶うと伝えられています。

 つまって、抜けなくなったら困るので、くぐるのは遠慮いたしました。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588823.jpg

 人形の納め方も書いて貼ってありました。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588826.jpg

 北海道の木彫りの熊もいます。

 カメも積み重なっています。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588827.jpg

 これらの人形を荼毘にふくす窯もありました。


https://tblg.k-img.com/diary/images/588/588829.jpg

 手水舎は、カエルが細い水を出していました。




淡嶋神社 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

 淡嶋神社(あわしまじんじゃ)は和歌山県和歌山市加太にある神社。加太淡嶋神社、加太神社とも。
 全国にある淡島神社(淡嶋神社)・粟島神社・淡路神社の総本社である。式内社「加太神社」の比定社の一つ(もう一社は加太春日神社)。旧社格は郷社。
 2月8日の針祭、3月3日のひな流しなどでも有名だが、特筆すべきはに境内一円に奉納された2万体ともいわれる無数の人形であり、その様はひとえに壮観である。

<祭神>
 少彦名命(すくなひこなのみこと)、大己貴命(おほなむじのみこと)、息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)(神功皇后)を祀る。ただし、淡島神の本体については諸説ある。


<由緒>
 淡嶋神社系統の神社は日本国内に約1000社余りあるが、当神社はその総本社であり、和歌山県内でも屈指の歴史を誇る。
 神話において日本を創造したと伝えられる少彦名命(すくなひこなのみこと)と大己貴命(おほなむじのみこと)の祠が加太の沖合いの友ヶ島のうちの神島(淡島)に祀られたことが始まりとされる。社伝によれば、三韓出兵の帰途瀬戸の海上での突然の嵐に遭遇した神功皇后が、船中で祈りを捧げたところ、「船の苫を海に投げ、その流れのままに船を進めるように」とのお告げにより友ヶ島に無事入港できたことを感謝し、持ち帰った三韓渡来の宝物を先述の二神に奉納した。その数年後、神功皇后の孫である仁徳天皇が友ヶ島に狩りに来た際、その事実を聞くにおよび、島では不自由であろうと考え、社を対岸の加太に移し、現在のような社殿を建築したことが淡嶋神社の起こりとされる。

 淡島神は住吉神の妃神で、婦人病にかかったため淡島に流され、そこで婦人病を治す誓いを立てたとする伝承もあるが、これは、淡島が住吉大社の社領となっていたことによる後世の附会と考えられている。このことにより、淡嶋神社は、婦人病を始めとして安産・子授けなど女性に関するあらゆることを祈願する神社となった(ただし、加太淡嶋神社では少彦名命が医薬の神であるからと説明している)。

<人形供養>
 人形供養の神社としても有名で、境内には供養のために納められた、無数の雛人形や市松人形、はてはフランス人形までもが所狭しと並べられており、そのため心霊スポットとしてマスコミに取り上げられることがある。

<婦人病祈願>
 淡島神は婦人病にかかったため淡島に流されたという伝承から、婦人病を始めとして安産・子授けなど女性のあらゆる下の病を快癒してくれる神社とされている。かつては祈願のため男根形や自身の髪の毛などが奉納されていたが、現在はそれらに代わって自身の履いていた下着(パンティー)を奉納する女性が多い。境内奧の末社には絵馬などと共に多数の女性用下着が奉納されている。




じゃ、又ね



開く コメント(4)

 日本一長い商店街の天神橋筋商店街の1丁目を出たところで左を見ますと、なんとも古いビルがありました。


https://tblg.k-img.com/diary/images/587/587356.jpg

 調べてみると大正時代に建てられたビルのようです。


https://tblg.k-img.com/diary/images/587/587357.jpg


https://tblg.k-img.com/diary/images/587/587358.jpg






フジハラビル 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

 フジハラビル(ふじわらびる)は、大阪府大阪市北区にある建造物。


 現オーナーがDIYで補修してギャラリーを設け、演劇や音楽などのアート活動の場とした。

 2009年から2010年にかけてNHKで放送された連続テレビ小説「ウェルかめ」のロケ地としても使用された。同ドラマで登場する「ゾメキトキメキ出版」が入る徳葉ビルの外観映像は、このフジハラビルの外観に一部手を加えたものである。

構造形式 鉄筋コンクリート造
階数 地上4階・地下1階
竣工 1923年
所在地 大阪府大阪市北区天神橋1丁目10-4



じゃ、又ね



開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事