Pochi の 神戸・大阪 行ったり来たり

旨い、美味しいなどの単語を使わずに、どれだけ表現できるか。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2009ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

 今は絶滅危惧種のドムドムハンバーガーにきました。湊川駅を出て、湊川商店街をキタに歩き、ダイエーの1階にあります。


イメージ 1


 ドムドムは、たしか、日本で一番最初のハンバーガーチェーン店だったっけ。エビカツバーガーが大ヒットしたなぁ。でも、今では全国で数えるほどしか残っていません。


イメージ 2


 東京チカラ飯とドムドムハンバーガー、どちらが先に消えるでしょう?


イメージ 3


 そんなドムドムバーガーですが、独自の進化を遂げており、ほかのハンバーガーチェーン店ではみることのない独特のメニューがあります。


イメージ 4


 その中の一つ、手作り厚焼きたまごバーガーを食べてみましょう。チェーン店で手作りというのがなんとも不思議です。


イメージ 6


 それと、普段は \190 のパイが \100 になっていましたので、アップルパイを頼みます。


イメージ 5


 注文しますと、5分ほど待ってください、お席までお持ちしますということです。それとともに奥にたまごバーガーのオーダーを通しますと「へぇ〜〜い」という返事が返ってきてます。
 そして、ドリンクを頼まなかったワタクシに紙コップに水を入れてくれました。


イメージ 7


 席で待ってますと、持ってきてくれました。


イメージ 8



イメージ 9


 手作り厚焼きたまごバーガー、オープン♪


イメージ 10


 ほぉ、たまごが厚いぞ。

 そして、解体ショー♪


イメージ 11


 たまごに芥子マヨネーズがかかっています。


イメージ 12


 玉子焼きがきれいに円筒です。枠にたまご液を入れて作るんだろうなあ。
 芥子の効いたマヨネーズと玉子焼きがあわさると、まるで、玉子サンドイッチです。
 これは、有り無しでいうと「有り」でございます。かなり積極的に「有り」です。


イメージ 13


 アップルパイは、かじるとめっちゃ熱いリンゴが吹き出してきて、舌を火傷しそうでした。






ドムドムハンバーガー 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

 ドムドムハンバーガー(DOMDOM)は、レンブラントホールディングスのグループ会社である株式会社ドムドムフードサービスが日本全国に展開するファストフードチェーン店。

 米軍統治下の沖縄県に1963年に開店していたA&Wを除けば、日本初のハンバーガーチェーン店である。2017年6月30日まではダイエー(現・イオン)の完全子会社である株式会社オレンジフードコートが運営していた。

 1970年2月に東京都町田市のダイエー原町田店(ダイソーギガ町田店・グルメシティ町田店を経て解体、現在はダイエー町田店)前に日本初のハンバーガーショップを出店する(のちトポス町田店閉店の際にともに閉店)。このために株式会社ドムドムが設立された。





ドムドムハンバーガー 湊川店 食べログ
住所 兵庫県神戸市兵庫区荒田町2-18-20
TEL 078-570-3535
営業時間 9:00〜20:00(L.O.)19:45 日曜営業
定休日 無
交通手段 湊川駅から182m
禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場 無
ホームページ http://domdomhamburger.com/
公式アカウント
 https://www.facebook.com/domdom.pr/
 https://twitter.com/domdom_pr
詳しい地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又ね















開く コメント(8)

開く トラックバック(1)

 最近おいしいカレーライスってないですね、と2年ほど前に知人が言ってこられて、そういえばそうだなと思ったワタクシです。

 今のカレーが決してまずいわけではないのですが、昔カレーを食べたときの感激が感じられないのでございます。

 大阪ではスパイスカレーが流行しております。10軒ほど食べ歩いたワタクシです。

 スパイスカレーは決してまずくはないです、まずくは。中にはとってもおいしくてもう一度訪問したくなるお店もあります。

 でも、ワタクシのイメージするカレーライスではありません。あくまでスパイスカレーという食べ物でございます。

 スパイスカレーはカレーソースがシャバシャバしている、まるでスープカレーを少量ご飯の周りに流したようなのが多いです。そして、そのカレーソース自体スパイシーではあるのですが、それだけのところが多いです。もっとたっぷりとカレーソースをかけてほしいと思うのです。
 少量の副菜をご飯とカレーソースの周りに添えてあるのも、いろいろな出汁やスパイスを使うことにより原価が上がって、副菜を添えることで割高感を解消しているのはわかるのですが、カレーソース自体で勝負しろよ、と思いながら食べてます。


イメージ 1


 元町のカレー屋さん「シャミアナ」にやってきました。


イメージ 3


 メニューはチキンカレーとキーマカレーのみです。


イメージ 4


 どちらも\780で、サラダやチャイのついてくるセットにしても\880とお値打ち価格です。


イメージ 2


 細い階段を上がるとお店があります。

 カウンター7席の小さなお店です。ワタクシが訪問したときは、年金世代にも見えるお父さん二人でやっておられました。

 チキンカレーかキーマカレーかで迷いますが、キーマカレーをセットで頼みます。


イメージ 5


 見たこともない骨董品みたいなラジオでインド音楽が流れています。手前に置いてあるのが、久坂部羊の「無痛」です。


イメージ 6


 サラダがきました。


イメージ 7


 レタスに、ニンジン、大根、キュウリのピクルスが付いてます。


イメージ 8


 キーマカレーがきました。


イメージ 9


 まずは一口。


イメージ 10


 おおお、スパイシーだ! これぞインドの景色が浮かんでくるようなスパイシーさです、インドには行ったこと無いけど。舌から脳を直撃するような攻撃的なスパイスです。決して激辛というわけではないです。インド料理店でしかなじみのないスパイスの味がビンビン伝わってきます。
 インドの方が作られているのかなと、お店のお父さん二人を伺いますが、お二人とも日本人に見えます。

 キーマカレーは日本風のカレーのようにドロリとしています。

 そして、カレーソースの量が多い!! ご飯と同量ぐらいあるのではないでしょうか。ありがたいな。カレーソースをケチらず、思う存分使って食べることができます。珍しくご飯が足りないと思えてきたので、スパイシーなキーマカレーを思う存分堪能することができたのでございました。

 食後のチャイは冷たいのでお願いしました。


イメージ 11


 このチャイも、かなりスパイシーでございます。いろんなスパイスが入っているようです。最初から砂糖も入っています。飲めば飲むほど舌が鋭敏になってくる感覚です。普段使っていない味覚の伝達路が活性化してきているのかな。




シャミアナ 元町店 食べログ
住所 神戸市中央区元町通2-3-7
TEL 078-333-9133
営業時間 11:00〜18:00 カレーがなくなり次第終了 日曜営業
定休日 無休
支払い方法 カード不可
席数 13席(カウンター7席、テーブル6席)
禁煙・喫煙 禁煙
交通手段 元町駅(阪神)から148m
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又ね











開く コメント(8)

2019年2月18日 2,220,000HIT を達成いたしました!





































開く コメント(0)

 大阪メトロ四つ橋線の肥後橋駅の東側のインド料理店に行きました。


イメージ 1


 メニューがいろいろあります。チーズナンのセットにもひかれるものがありますが、ナンとカレー二種類、それにチキンティッカがついてるBセット \980 にしましょう。


イメージ 2


 本日の日替わりはマッシュルームとチキンのカレーです。もう一種類はほうれん草のカレーを選びます。辛さは普通の辛さより一段階上のHOTにします。


イメージ 3


 まず、サラダがきます。


イメージ 4


 セットがやってきました。


イメージ 5


 すごくナンが大きい。モチっとしていい感じです。


イメージ 6


 ライスも少しついてます。


イメージ 7


 チキンティッカは小さいです。


イメージ 8


 カレーもしっかりと煮込んであり、どろりとしています。食べごたえがあります。
 マッシュルームってカレーに合うんだな。

 食後のチャイをいただきます。コーヒーや紅茶にお砂糖は入れないのですが、チャイだけはお砂糖を入れて飲みます。

 どんどんお客さんが入ってきて、満席になり、店の外には入れないお客さんが並んでおられます。

 このお店のしっかりと煮込まれたカレーが人気なんだろうな。





ナワ シャンティ (Nawa Shanti) 食べログ
住所 大阪市西区江戸堀1-4-23
TEL 06-6443-0678
営業時間 11:00〜15:00 17:00〜22:30 日曜営業
定休日
席数 40席
交通手段 肥後橋駅から138m
オープン日 2017年4月4日
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又ね

















開く コメント(6)

 阪急神戸三宮駅から北野坂を上がって、中山手通りを越えたところのビルの地下のイタリアン食堂へ行きました。


イメージ 1


 ランチは二種類、パスタ料理をメインにして、ひとつはドルチェとドリンクがついてるセット、もう一つはオードブルとパンが付いてくるセットです。


イメージ 2


 まだほかにもランチメニューに書いてありますが、値段が高いせいか読むことができません。


イメージ 3


 地下に降りてお店に入ります。


イメージ 4


 カウンターが6席、テーブル席が10席ぐらいのお店です。


イメージ 8


 テーブルには白いクロスがセットされています。予約の札が置いてあります。


イメージ 6


 カウンターに案内されます。


イメージ 5


 パスタ料理は4種類野中から選ぶことができます。活カレイとアサリのトマトソーススパゲティーにしましょう。


イメージ 7


 オードブルがきます。お姉さんの声が小さくて耳が遠くなってきたワタクシは聞き取りにくかったのですが、キッシュ、パテ、キズシ、タコのなんちゃら、小柱の何とかの5種類です。


イメージ 10


 パンが二種類、ゴボウのパンとイカスミのパンです。


イメージ 9


 オリーブオイルが付いてきます。


イメージ 11


 活カレイとアサリのトマトソーススパゲティーがきます。


イメージ 12


 神戸北野にあり、お店の場所もちょっとした隠れ家みたいだし、雰囲気も落ち着いているので、こういうお店を手札にそろえていると、なにかの時に便利そうでございます。






ペルドマーニ 食べログ
住所 兵庫県神戸市中央区中山手通1-24-4
TEL 078-231-0454 予約可
営業時間 11:30〜13:30(LO) 17:30〜21:30(LO) 日曜営業
定休日 不定休 前日までにご予約いただければ シェフに用事がない限り営業いたします。 お気軽にお問い合わせくださいませ。
席数 15席(テーブル席10席、カウンター5席)
貸切 可 (20人以下可)
交通手段 三宮駅(神戸市営)から354m
ホームページ http://www.perdomani.com/
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又ね



パスタの種類 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

 パスタは大きく分けると2種類に分類でき、スパゲッティに代表される麺状のロングパスタと、マカロニに代表される小型のショートパスタがある。他に団子状や板状のものもある。


<ロングパスタ>
スパゲッティ (spaghetti)
 デュラム小麦のセモリナを使った、円形の断面を持つロングパスタ。太さは様々だが、主に1.8mm前後。名称は「ひも(spago)」の指小形に由来する。

スパゲッティーニ (spaghettini)
 名称はスパゲッティの指小形で、「より細いスパゲッティ」という意味。太さはさまざまだが、その名の通りスパゲッティより細く、1.6mm - 1.7mm。

フェデリーニ (fedelini)
 細めのスパゲッティ。1.4mm - 1.5mm。

ヴェルミチェッリ (vermicelli)
 名称はミミズやヒルのような長い虫という意味の「ヴェルメ」(verme) の指小形で「小さいヴェルメ」の意。ナポリでは、スパゲッティやスパゲッティーニはヴェルミチェッリと呼ばれることの方が多い。スパゲッティよりやや太めの2.08mm - 2.14mm。英語読みの「ヴァーミセリ」としても知られている。

カペッリーニ (capellini)
 円形の断面を持つロングパスタのうち最も細い種類のもので、名称は細さを「髪の毛」(capelli) に喩えたところから来ている。カペッリ・ダンジェロ(capelli d'angelo、「天使の髪の毛」)の別名がある。スープや冷製に用いる。

リングイネ (linguine)
 楕円形の断面を持つパスタ。短径1mm、長径3mmほど。ブカティーニ (bucatini)中央に穴の開いているロングパスタ。スパゲッティよりもやや太い。名称は「穴」(buco) に由来する。

キタッラ (chitarra)
 四角い断面を持つパスタで、アブルッツォ州の郷土料理に用いられる。スパゲッティ・アッラ・キタッラとも言う。chitarra は「ギター」の意で、このパスタをつくる弦を張った道具の名でもある。

タリアテッレ (tagliatelle)
 フェットゥチーネ (fettuccine) と呼ぶ地域もある。卵を入れた練り粉をのばして、幅7 - 8mmで平たく切り分けたパスタ。乾燥パスタもある。

パッパルデッレ (pappardelle)
 薄い板状にのばした手打ちパスタを20 - 30mmの幅に切り分けたリボン状のパスタ。

ピッツォッケリ (pizzoccheri)
 蕎麦を主体とした練り粉を薄く伸ばし、きしめん状に切り分けた手打ちパスタ。

パッサテッリ (passatelli)
 パン粉とチーズ、ナツメグを混ぜ合わせて生地にし、専用の押し出す道具で太い短めのスパゲッティ状に成形したもの。

ストロンカテッリ (stroncatelli)
 スパゲッティ状のマルケ州アンコーナ地方の手打ち生パスタ。タリオリーニ(イタリア語版) (tagliolini)卵入りの練り粉を伸ばし、幅1 - 2mmに細長く切り分けた蕎麦状のパスタ。ピエモンテ州で人気のパスタで、同州ではピエモンテ語のタヤリン (tajarin) として知られる。タヤリンは一般的なタリオリーニよりほんの少し細めの場合が多い。

トレネッテ (trenette)
 幅3 - 4mm、厚さ1 - 2mmの断面が長方形のリグーリア州のパスタ。


<ショートパスタ>
マッケローネ (maccherone)
 日本ではマカロニという表記が一般的。マッケローニはもともと、穴のあいた棒状のものを指す。

ペンネ (penne)
 ペン先のように斜めに切られた筒状のパスタ。表面に波状の筋が入ったものはペンネ・リガーテ (penne rigate)、小型のものはペンネッテ (pennette) と呼ばれる。

リガトーニ (rigatoni)
 外側に波状の筋が入った、太めのショートパスタ。

ファルファーレ (farfalle)
 イタリア語で「蝶」の意味。蝶の形をしたパスタ。

コンキリエ (conchiglie)
 イタリア語で「貝」の意味。貝殻のように小さく巻いたパスタ。大型のものをコンキリオーニ (conchiglioni)、小型のものをコンキリエッテ (conchigliette) とも言う。

フジッリ (fusilli)
 螺旋(らせん)状のショートパスタ。

ルオーテ (ruote)
 車輪のような形をしたパスタ。中国では、この変型として、内側を「福」や「壽」などの漢字に変えた物が作られている。日本では、ハローキティなどのキャラクターマカロニとして市販されている。

オレッキエッテ (orecchiette)
 「小さな耳」を意味する。プッリャ州で作られる。

ガルガネッリ(イタリア語版) (garganelli)
 ロマーニャ地方産の手打ちマカロニ。

ガッセ (gasse)
 十文字に結んで結び目を作り、両端を密着させたリグーリア地方のパスタ。

ステッリーネ (stelline)
 星形をしたパスタ。

ツィーテ (zite)
 マカロニより太い管状のパスタ。

カサレッチェ (casarecce)
 切り口がS字状で2本のパスタが絡み合っているようなパスタ。シチリア島生まれで主に南イタリアで食される。



<その他>
ラザーニェ (lasagne)
 縁が波打った板状のパスタ。日本国内では「ラザニア」という呼称が一般的。さらにこれを小さくしたようなラザニエッテというパスタも存在する。

ニョッキ (gnocchi)
 潰したジャガイモ、ホウレンソウ、リコッタチーズ、カボチャなどを混ぜて作られるダンプリング(団子)状のパスタ。

クスクス (cuscus)
 デュラム小麦のセモリナに水をふりかけ、粟粒大に丸めたもの。アメリカ以外ではパスタとして扱わない。起源は北アフリカで、ベルベル人の伝統料理とされ、モロッコ料理などで用いられる。イタリアではシチリア、サルデーニャ、リヴォルノで作られる。

リゾーニ (risoni)
 米粒状のパスタ。元々オオムギを原料に作られていたことから、イタリアではオオムギを意味する「オルゾ(またはオルゾー)」(Orzo)と呼ばれることもある。しかし日本では、イタリアのバリラ社が日本製粉を通じて「risoni」(イタリア語で大きな米の意味)という商品名で販売していることからこの名が定着している。現在ではセモリナ粉を原料としており、マカロニの一種として分類されることもある。

マルタリアーティ(イタリア語版) (maltagliati)
 変則の梯形状に切った細長い手打ちパスタ。

パスタ・ミスタ (pasta mista)
 「混ぜたパスタ」の意。「パスタ・ミスキアータ」(pasta mischiata) とも。パスタ・ミスタとはパスタの種類ではなく、形や大きさの異なるパスタを取り混ぜたもので、主な用途はパスタを使ったミネストラ(minestra、スープの一種)である(「料理法・ソース」で後述)。第一次世界大戦後に包装されたパスタが広く市販されるまでは、パスタは食料品店で量り売りされていた。少量残ったパスタは、欠けたり折れたりしたパスタと混ぜて「ミヌッツァリア」(minuzzaglia) または「ムンネッツァリア」(munnezzaglia) と呼び、安い値段で売った。現在では「パスタ・ミスタ」という名称で、箱入りや袋入りの混合パスタが市販されている。












開く コメント(6)

全2009ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事