Pochi の 神戸・大阪 行ったり来たり

旨い、美味しいなどの単語を使わずに、どれだけ表現できるか。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2008ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 世の中には二郎という食べ物があります。

 大ざっぱにいうとラーメンです。太麺で濃いスープ、山盛りの肉とモヤシ。とりあえずおなかいっぱいになります。
 慶應義塾大学のまえで、おなかを空かせた体育会の学生が満足できるように、と考え出されたラーメンです。
 そのお店の名前が「二郎」といい、そこで提供されるものを「二郎」と呼ぶようになりました。
 二郎で修行した人たちがのれん分けしたお店を「二郎系」とよび、二郎で修行していないけれど二郎そっくりのラーメンを提供しているお店を「二郎インスパイア系」と呼びます。

 この二郎の系統のお店は、複雑怪奇でございまして、きっちりと系統樹にまとめたものを見たことがありません。

 ワタクシは二郎インスパイア系は何件も食べたことがありますが、お店の名前に二郎とついているところでは食べたことがありません。


イメージ 1


 京都にも二郎インスパイア系のお店がありました。烏丸駅から四条通りを少し西に行った路地の奥です。


イメージ 2


 四条にぼ次朗というお店です。


イメージ 3


 次郎だけではなく豚骨系など何種類かのラーメンを提供しています。


イメージ 4


 麺の量ごとにメニューの名前が変えてあります。200gで○次朗、300gで○三朗というようになっています。


イメージ 5


 店の名前にもなっているにぼ次朗をいただきましょう。麺の量は300gのにぼ三朗の食券 \750 を購入いたします。麺300gまでが同じ価格です。それ以上を頼むときは麺追加の件\100を購入しなければいけません。


イメージ 6


 カウンターに座りオプションのオーダーをします。このお店のノーマルの量がわからないのですが、これまでの他店での経験から推測して注文しましょう、オプションには、野菜、背脂、タレの三種類があり、野菜マシ、脂そのまま、タレ薄目でお願いします。


イメージ 7


 やってまいりました。


イメージ 8


 野菜マシの迫力は並大抵のものではありません。


イメージ 9


 モヤシが富士山のようにそびえ立っています。

 食べる前に、秘技天地返しをします。
 モヤシと麺の位置を上下反転させるのです。

 二郎の麺は低加水麺極太麺ですから、スープを吸いやすくなっています。大盛の次郎を食べるのに時間がかかりますので、食べ終わる頃には麺がスープを吸って辛くなってしまいます。それを防ぐために麺をモヤシの上に引きずり出すのです。そうすれば麺がスープを吸うことが少なくなります。
 それとともに、モヤシがスープに浸かることによって味がしみこみ食べやすくなるのです。


イメージ 10


 これが、二郎を食べるときの秘技、天地返しでございます。

 タレを薄めでお願いしているので実に食べやすいです。

 チャーシューが、ちゃんと弾力が残っていたのがうれしかったです。

 途中で、コショウや唐辛子をかけて味変しながら完食いたしました。

 300gだと、ちょうどおなか一杯になります。



幻の中華そば加藤屋 四条にぼ次朗 食べログ
住所 京都市下京区月鉾町59-3
TEL 075-231-6999 予約不可
営業時間 11:30〜15:00 18:00〜22:30
定休日 無休(年末年始除く)※4月16日は臨時休業
支払い方法 カード不可 電子マネー不可
席数 14席 (カウンターのみ
禁煙・喫煙 完全禁煙
交通手段 阪急烏丸駅から徒歩3分 四条駅(京都市営)から209m
駐車場 無
オープン日 2011年9月23日
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又ね















開く コメント(6)

 JR神戸駅の北側にやってきました。

 ふつう、県庁所在地の名前の駅におりますと、その県で一番賑やかなエリアと思うのですが、兵庫県の県庁所在地、神戸駅の場合、南側は再開発も進み、高層ビルも並び、ちょっと行くとハーバーランドや神戸港もあり、まあまあの感じでございます。

 反対に、高速神戸方向に行きますと、そちらには湊川神社がありまして、そこは楠木正成公を祭神とした由緒正しい神社であります。

 その、高速神戸とJR神戸の間をちょっと西の路地にはずれますと、なかなか香ばしいエリアです。
 あくまでも想像ですが、神戸港の港湾労働者が闊歩していたエリアではないでしょうか?
 ここらへんは、ワタクシにとってまだ未開拓エリアでございます。

 駅から3分も歩いたところのラーメン屋さんを訪問いたしました。


イメージ 1


 ここは、関西ではまだまだ数少ない、二郎インスパイア系のお店でございます。


ラーメン二郎 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

 ラーメン二郎(ラーメンじろう)とは、東京都港区三田に本店を構えるラーメン店、および同本店の店主・創業者である山田拓美の登録商標。1968年(昭和43年)に創業し、2度の移転を経て1996年(平成8年)から三田で「ラーメン二郎 三田本店」の名称で営業する。

 創業は1968年(昭和43年)で、東京都目黒区の東京都立大学近くに当初「ラーメン次郎」の名前で開店した。
 1970年代前半、目黒区による下水道工事のために店舗を移転することとなり、客として来ていた慶應義塾大学の学生から情報提供された港区三田・三田通りの元洋食屋店舗にて営業を再開した。その際、ペンキ屋が新店舗の看板の「次郎」とすべきところを間違えて「二郎」と書いてしまったことから、以降はそのまま「ラーメン二郎」表記で通している。提供するラーメンのボリュームと味付け、山田の人柄が学生に受けたことから店は繁盛した。

 麺の上には、野菜(モヤシとキャベツ)と叉焼が載せられる。豚肉を主な材料とした出汁に、醤油味のタレを加えて調整する。三田本店を含めた殆どの店舗で自家製麺を行い、原材料として日清製粉の強力粉「オーション」を使用している。出来上がった麺は基本的に比較的太く、ごわごわした縮れ麺となっている。

 スープは豚肉や豚骨にキャベツの芯やニンニクなどの香味野菜を煮込んで作られる。豚の脂が混ざり脂肪分が多い。


 東京で食べる次郎系のラーメンは、いかにも醤油味が強く塩辛いのですが、それが関西に来てどうなっているでしょうか。


イメージ 2


 店の前のラーメンの写真は、いかにも二郎のマシマシって感じです。

 お店に入ったところの自販機で、ラーメン200gの食券700円を購入します。


イメージ 3


 カウンターに座り、例の二郎の呪文を唱えるところですが、もう、ワタクシ、マシマシを頼むほどの若さがありませんので、普通で行きましょうか。でも、野菜をチョイまし、カツオマシでお願いします。


イメージ 4


 カウンターに、どんっ! とやってきました。

 うんうん、この山盛りがすてきです。


イメージ 5


 手元に下ろして眺めましょう。

 ではいただきます。

 このままいただきますと、最初はモヤシばかりいただかなくてはいけません。麺にたどり着くまでにかなり苦労するのでございます。

 それを解決する秘儀があります。

 天地返し!


イメージ 6


 麺と野菜をひっくり返すのです。

 こうすることによりメリットがあります。

 すぐに麺を食べることができるとともに、モヤシがスープに沈むことにより、モヤシに味が付くのです。

 二郎の麺って太くてごわごわしているのですが、こちらの麺は、思ったより細く、ちょっと扁平な麺です。つるっとしています。


イメージ 7


 肉も薄くて小さいなぁ。

 スープも醤油がそれほど強くないので、ワタクシ的には楽です。

 全体的にマイルドな方向に抑えられています。






神起 (シンキ) 食べログ
住所 兵庫県神戸市中央区相生町4-2-24 サザン神戸品川 1F
TEL 078-351-6510 予約不可
営業時間 11:30〜14:00 17:30〜22:30 【日曜夜】17:30〜21:45 日曜営業
定休日 月曜
カード 不可
交通手段 ハーバーランド駅から165m
駐車場 無
ホームページ http://www.skyheart.jp/shinki/
オープン日 2009年11月15日
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又ね







開く コメント(8)

 久しぶりに二郎系のラーメンを食べたくなりました。神田には二郎インスパイア系がいくつかあります。


イメージ 1


 まだ行ったことのないのはこの立川マシマシです。


イメージ 2


 マシマシというのは、たぶん、トッピングを増量するときの符号を使っているのでしょう。


イメージ 3


 二郎は、ゴワゴワっとした低加水の太麺、醤油のビシっときいた濃厚なスープ、モヤシをメインとした大量の野菜、背脂、厚い肉で構成されています。慶応の体育会の学生が、とにかく満腹になるようにと設計されたラーメンです。あまりにも通常のラーメンのイメージと違うので「二郎はラーメンではない、二郎という食べ物である」という言葉まで生まれました。
 二郎のお店から暖簾分けした二郎系、二郎をイメージしたラーメンを出す二郎インスパイア系などありまして、二郎インスパイア系は、元の二郎と違った部分もあってバラエティーに富んでます。

 立川マシマシも、名前からすると二郎インスパイア系でしょうか、とりあえず二郎っぽいラーメンでおなかいっぱいにしたかったので行きました。

 時間をずらしたので行列がありません。店の前の自販機でメニューを確認します。


イメージ 4


 基本のラーメンをいただきましょう。200gの並、300gの中までが750円です。400gになりますと値段がアップします。なんと、ラーメンを豆腐にする変化球があります。これって、めちゃくちゃ意外な発想だな。うーんと悩みますが、基本のラーメン中を頼みましょう。


イメージ 5


 カウンターに座り、食券を渡します。そのときに野菜ましとかの呪文を唱えようとしますと、できてからにしてくださいといわれました。うーん、味を薄目でお願いしたかったのだけどできるのかな?


イメージ 6


 ラーメンができまして、野菜ふつう、あぶらふつう、味薄めでお願いします。


イメージ 7


 それでもこの山盛りの野菜でございます。麺にたどり着くまでにかなりの時間がかかりそうですが、ここで繰り出すのが天地返しです。


イメージ 8


 麺と野菜をひっくり返すのです。この手法を学んでから、二郎系のラーメンを食べるのが楽になりました。


イメージ 9


 野菜がスープにつかり自動的に味がつきますし、いち早く麺を食べることができるのでございます。

 うーん、昔は300gぐらい屁のカッパやったんですが、なかなかしんどくなってまいりました。
 肉が、出汁をとった後のすかすかの肉に醤油をしみこましたみたいでございます。脂の層がありまして、脂の部分は残してしまいました。




立川マシマシ 神田駅前店 食べログ
住所 東京都千代田区内神田3-8-10
TEL 03-5297-8083 予約不可
営業時間 平日 11:00-24:00(L.O.23:45) 土曜日 11:00-15:00/17:00-22:00 日曜祝日 11:00-19:00 日曜営業
定休日 無し
カード 不可
席数 8席 (カウンター席のみ)
個室 無
禁煙・喫煙 完全禁煙
交通手段 JR神田駅西口・徒歩1分 神田駅から194m
駐車場 無
ホームページ https://twitter.com/tachikawamashi2
オープン日 2015年9月1日
http://map.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/static?lat=35.41.15.386&lon=139.46.22.880&width=500&height=300&appid=AlaKEtixg65SDdLq131I378bWz9WKRhwucY9WQdYfw_CBGNegey3a1SeditWzTxuXeihgw--&datum=tky&logo=off&pointer=on&z=18
詳しい地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又









開く コメント(4)

 いつの間にかブームになっている台湾まぜそばでございます。名古屋の花火の台湾まぜそばが人気でございまして、いろいろなお店で食べられていたのですが、いつの間にか東京にも飛び火しております。

 台湾ラーメンは、くどいようですが、台湾の食べ物ではありません。立派な名古屋飯でございます。
 名古屋市の今池の「味仙」という中華料理店のまかないとして食べられていたのが、いつの間にか名古屋・岐阜で食べられるようになっているラーメンです。唐辛子と一緒に炒めたミンチを丸くのせた醤油ラーメンです。

 それのまぜそば版が台湾まぜそばです。名古屋にはまぜそばは、あることはあったのですが、それほど人気がありませんでした。せいぜいつけ麺のお店がたくさんでき、男系のラーメン、男のなんちゃらという店の名前の二郎インスパイア系があちこちにできていて、まぜそばの土壌ができていました。台湾まぜそばをきっかけにいっきにひろがったのでございます。
 残念ながら、ワタクシまだ花火の台湾混ぜそばを食べたことがありません。一度食べてみたい物です。

 久しぶりに台湾まぜそばを食べようと思いましても、そのブームは関西には届いておりません。まぜそばを食べるという下地がないので、台湾まぜそばという食べ物がいまいち理解できないのではないでしょうか。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173618.jpg

 さらに神戸の三宮になると、ラーメン店は数多くあります。つけ麺の三豊麺が何軒か集中的に出店していたりして、どうにかつけ麺まではあるのですが、二郎インスパイア系は、二軒しかありません。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173619.jpg

 そんなところに、台湾まぜそばをメインとする店がセンタープラザ地下に出店しておりました。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173620.jpg

 自販機で食券を購入いたします。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173621.jpg

 なんと、台湾まぜそばには大盛りの設定がございません。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173622.jpg

 普通盛りのみでございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173628.jpg

 夕ご飯時ですが、お客さんがパラパラです。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173626.jpg

 テーブルには、台湾まぜそばの食べ方が書いてあります。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173625.jpg

 テーブルの調味料に、ラー油とか昆布酢とかがあります。これらで味変できます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173629.jpg

 台湾まぜそばがやってきました。追い飯もついてます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173630.jpg

 まずは徹底的に混ぜくりたおします。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173631.jpg

 見た目に麺がつるっとしています。ワタクシは低加水の二郎っぽい太麺が好きなので、この時点で少し残念です。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173633.jpg

 果たして麺はどんなものでしょう。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173634.jpg

 いただきますと、見た目通りつるっとして、ごわごわした硬さがありません。辛さもそれほどではありません。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173635.jpg

 台湾ラーメンというからには、罰ゲームみたいな辛さを期待してしまうのは、名古屋の味仙の台湾ラーメンを経験してるからでしょうか。数段マイルドな台湾混ぜそばです。ちょっとニンニクを追加します。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173637.jpg

 どれだけ麺にミンチを絡めて食べようとしても、ミンチが残ってしまうのでございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173638.jpg

 追い飯システムはよく考えられたものでございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173640.jpg

 大量に残ったミンチを無駄にすることなく有効利用できます。






台湾まぜそば 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

 台湾まぜそば(たいわんまぜそば)とは、愛知県名古屋市にて提供されるラーメンの一種である。名古屋めしの一種とされる。

 台湾ミンチ(鷹の爪とニンニクを効かせた醤油味のピリ辛ミンチ)を極太麺に乗せた、汁無し麺の一種である。代表的な具は台湾ミンチ、生の刻んだニラ・ネギ、魚粉、卵黄。好みでおろしニンニクを入れ、よくかき混ぜて食べる。通常の麺だと汁が無いので具が絡まりづらいため、あえてざるの中で麺の表面を傷つけ、絡みやすくしているのも特徴。提供される店舗によっては「追い飯(おいめし)」と呼ばれる、麺を食べきった後に丼に残る台湾ミンチやタレに白めしを投入するサービスがある。

 2008年10月に名古屋市中川区に本店を持つ麺屋はなび高畑本店が発祥店である。主人が愛知県名古屋市発祥の名物料理「台湾ラーメン」を作ろうと思い、具材の台湾ミンチを作るも当時のスープに合わず断念。そのミンチを捨てようとしたところ、当時勤務していたアルバイトの1人に「茹で上げた麺にかけてみたらどうでしょう?」と言われたのが始まりとされる。それをきっかけに研究し、何度もマイナーチェンジを繰り返し現在の台湾まぜそばが完成した。

 現在では台湾ラーメンと同様に、名古屋めしの一種となり、東海圏のみならず、関西圏・関東圏でも様々な店が各店の特徴を加えながら提供している。2013年の名古屋めし総選挙で準グランプリを受賞し、当時の名古屋市長である河村たかしから表彰された。




てっぺん 食べログ
住所 兵庫県神戸市中央区三宮町1-8-1 さんプラザ B1F
TEL 078-599-7978 予約不可
営業時間 11:30〜15:00(L.O.14:30) 16:30〜20:00(L.O.19:30) 日曜営業
定休日 火曜日・第三水曜日
カード 不可
席数 29席
個室 無
禁煙・喫煙 完全禁煙
交通手段 神戸三宮駅(阪急)から144m
駐車場 無(サンセンタープラザ駐車場有り)
ホームページ https://www.facebook.com/menya.teppen
オープン日 2014年12月17日
詳しい地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又









開く コメント(6)

 新橋駅の近くの薄暗い通りを歩いてますと、ラーメン新橋店と書いてあるお店がありました。


イメージ 1


 このお店はなんて言う名前なんだ? 新橋店ってあるからには、ほかにもお店がありそうなもんです。

 しかし、この黄色い店構えは、ある有名なラーメン店を思い起こさせます。そうです、二郎です。
 ラーメンという食べ物の常識を大きく変えた二郎です。

 二郎で修行した人が店を出した子二郎、その店が二郎の名前を消してしまった元二郎、二郎を意識してよく似たラーメンを出している二郎インスパイア系など、いろいろな二郎に分類されますが、ここはきっと元二郎でございましょう。

 二郎は、極太麺、とても醤油辛いスープ、厚い煮豚、山盛りの野菜から構成されています。背脂やカエシを追加したり、野菜や煮豚を増量したりするときに独特の符丁で伝えます。


イメージ 2


 食べてみましょう。


イメージ 3


 お店に入りますと、自販機があります。いつもならば基本となるラーメンを選ぶところですが、豚肉の入っている豚ラーメンを頼みました。

 カウンターの端っこに座ります。


イメージ 4


 店の中を見回してみますと見つけました。野菜とか脂とか追加できるようです。これは、二郎だな。

 ワタクシ以外の客が一人しかいないのに、なぜか、大将が食券を取りにくるまで時間がかかります。

 ニンニク抜き、ヤサイマシを注文します。


イメージ 5


 やってまいりましたラーメンです。


イメージ 6


 このモヤシを中心とした山盛りの野菜、まさに二郎のビジュアルです。


イメージ 7


 ふつうに上から食べていると、麺にたどり着くまでにかなりの時間がかかります。やっぱり早く麺を食べたいものです。

 そのときに繰り出す荒技が「天地返し」です。


イメージ 8


 麺と野菜の上下をひっくり返すのです。


イメージ 9


 こうすれば、野菜にもスープの味がつきますし、麺がいたずらにスープを吸って延びてくるのを、少しは防ぐことができるのです。


イメージ 10


 スープが思ったより塩辛くありません。ワタクシが東京の塩辛い食事に慣れてきたのか、それともこのお店のスープが塩辛くないのか?
 どちらにしても、塩辛く感じないのはありがたいことです。

 極太の麺やたっぷりのモヤシをもぐもぐといただきました。





ラーメン 新橋店 (【旧店名】ラーメン二郎) 食べログ
住所 東京都港区新橋3-3-7
TEL 03-3595-7247 予約不可
営業時間 11:00〜14:00 17:00〜21:00
定休日 日曜・祝日
カード 不可
席数 18席
禁煙・喫煙 完全禁煙
交通手段 新橋駅烏森口から徒歩5分、内幸町駅から徒歩5分 新橋駅から368m
駐車場 無(近隣にコインパーキングあり)
空間・設備 カウンター席あり


じゃ、又








開く コメント(8)

全2008ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事