Pochi の 神戸・大阪 行ったり来たり

旨い、美味しいなどの単語を使わずに、どれだけ表現できるか。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

 日高屋の前の看板で、味噌チゲラーメンを大々的に宣伝しています。

 食べてみようかな。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/11172/11172882.jpg
(画像をクリックすると大きくなります)

 お店に入ってメニューを見ますと、大々的に宣伝しています。

 チゲ味噌ラーメン 560円を注文します。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/11172/11172972.jpg

 あああ、汁が濃い。ただひたすら塩辛いです。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/11172/11172970.jpg

 唐辛子の辛さならよいのですが、味噌を大量に投入してありますので、とっても塩辛いです。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/11172/11172974.jpg

 そして、どろりとしています。塩辛さが濃厚になってしまっています。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/11172/11172975.jpg

 あああ、頼んでしまったワタクシが悪いのか、頼ませた日高屋が悪いのか。




 これって、味を作った人の顔を見てみたい。


 これを旨いって書いてるブログもあるから世の中面白い。




チゲ味噌ラーメン
 11月26日より期間限定で販売開始。
 香味野菜と韓国白菜ポギキムチによって風味豊かなピリッと辛みの効いた味噌ラーメンです。


熱烈中華食堂 日高屋 浅草駅前店 食べログ
住所 東京都台東区浅草1-2-3 浅草プラザホテル1F
TEL 03-3843-3675
営業時間 07:00〜03:30
交通手段 浅草駅(東武・都営・メトロ)から92m
ホームページ http://www.hiday.co.jp/
総席数 29席
地図はこちらをクリック 大きな地図はこちらをクリック




開く コメント(11)

開く トラックバック(3)

 お酒の弱い私がちょこっと飲むのに、なんと便利なお店でございましょう。


イメージ 1


 レモンサワーとおつまみ唐揚を頼んで520円でございます。


イメージ 2


 鶏の胸肉もちゃんと調理すればジューシーな唐揚ができるのになぁ。

 ファーストフード店のチキンバーガー、ちょっとは日高屋を見習ったらどうやっ!






社名:株式会社ハイデイ日高
本社所在地:埼玉県さいたま市 大宮区大門町 3-105 やすなビル6F
工場所在地:埼玉県行田市野3341-26 (行田みなみ産業団地)
設立年月日:昭和53年3月22日
昭和48年 2月:現会長によって中華料理「来々軒」をさいたま市大宮区宮町に創業。



 低価格を売り物に急成長した外食チェーンの「餃子の王将」と「日高屋」の売り上げ低迷が続いている。

 既存店売上高は昨年半ばからマイナスが続き、東日本大震災後の消費自粛によりその傾向に拍車がかかった。足元では回復傾向もみられるものの、特に夜間帯の来店客の減少が目立つ。背景には健康志向、内食志向の高まりというライフスタイルの変化があるようだ。これは外食産業共通の課題ともいえ、再び成長軌道に乗るには新たな戦略が必要といえる。

■昨年から「陰り」

 「王将と日高屋、どっちにしようか」−。東京・水道橋では隣同士に並ぶ両店の前は、夕方からは会社帰りのサラリーマンやOL、東京ドームのイベント客らでにぎわい、外食チェーンがひしめき合う激戦区だ。

 「餃子の王将」水道橋店は王将では都内最大級。震災前は1日で1000人前のギョーザが供され、売上高は月商約2800万円だった。だが、震災後は東京ドームでのイベントが相次いで中止となった影響などで、売上高は3割も減少した。
 これに対応し、デザート付きの女性向け定食セット(735円)や、ギョーザ食べ放題の宴会プラン(2625円)を用意。午後4時スタートの場合は、サマータイム割引として1人200円を値引くなど新サービスも導入。努力の結果、6月の売上高は「震災前の水準に近づいた」(寺山典晃店長)という。

 「餃子の王将」を展開する王将フードサービスは、テレビ番組に相次いで取り上げられたことで既存店売上高が2010年5月まで34カ月連続で前年同月比プラスを記録したが、昨年6月を機にマイナスに転じる。
 その理由を鈴木和久専務は「ブームが落ち着いただけ」と冷静にみるが、「震災後は節電などで帰宅時間が早まり、夜9時以後の来店客数が減ったまま戻らない」と嘆く。今後は発祥の地である関西に比べ出店余地のある関東で、ショッピングモールなどに積極的に出店して売上高を確保したい構え。だが、夜間帯の回復には有効な打開策は見いだせていない。

 一方、「熱烈中華食堂 日高屋」を展開するハイデイ日高も既存店売上高は昨年半ばから下降線だ。今年6月は前年同月水準に戻したが、これは昨年6月がサッカーのワールドカップが開かれた影響で顧客数が激減したことによる特殊要因という。
 震災後の3月は夜9時以降の売上高が震災前の3割減、5月も同12%減と振るわない。利幅の大きいアルコール類を注文する顧客が減り、客単価も下がった。ハイデイ日高の島需一経営企画部長は「売上高は昨秋からマイナス基調。夜は自宅で食事をする人が増えたからではないか」と分析する。
 同社は女性顧客を中心に新規開拓を目指す。成人が1日に摂取が必要とされる野菜量、350グラムを入れた「野菜たっぷりタンメン」(490円)は一番人気。開店時間も早め、今後は朝食需要を開拓しようと「朝ラーメン」を導入する計画もある。

 ライフスタイルの変化を感じ取っているのは、イタリアンレストランを展開するサイゼリヤも同じ。同社は5月末までに全店で24時間営業を打ち切った。「深夜の客は以前から減っており、いまも夜間の来店者は減少傾向」(IR担当)のためだ。

 低価格で「イタメシ界の『王将』」(外食業界関係者)ともいわれるサイゼリヤの既存店売上高も、今年6月を除き昨年秋から前年割れが続く。同社も、生野菜をトッピングする「サラダピザ」など女性向け新メニューで新規顧客の開拓を急ぐ。

■安い・多いだけでは

 外食産業総合調査研究センターによると、2010年の外食産業の市場規模は前年比微減の約23兆6000億円。35年前の1975年(約8兆6000億円)の2.7倍に成長した。女性の社会進出や核家族化に伴って家庭内の食事を取り込む形で市場を拡大してきたが、今年は震災による自粛の影響もあってマイナス成長となる可能性が高い。

 同センターの中井尚事務局長は外食産業について「高齢化社会を迎え、若い人に安くてボリュームある食事を提供するビジネスモデルだけでは難しい。消費者が望む健康・安全・安心にどう応えていけるかが課題」と話している。(藤沢志穂子)






開く コメント(0)

 期間限定という言葉に弱いワタクシ、日高屋の汁なしラーメン(油そば)があると言うことを知ったら、やっぱりきてしまいました。


イメージ 1


 汁なしラーメン(油そば)というのは、東京都の西のほう、多摩地区で発祥したらしいのでございます。


イメージ 2


 まぜそばがやってまいりました。温泉卵が別皿でやってきます。


イメージ 3


 上には、チャーシューという名の煮豚、シナチク、ネギ、海苔などがのっています。


イメージ 4


 そして、温泉卵を割ってのせます。


イメージ 5


 真ん中にくぼみをつけるのを忘れていたので、だらだらっと丼の淵にまで流れ落ちてしまいました。


イメージ 6


 ラー油を5秒ほどかけまわします。



 太麺はまあまあチェーン店で出す麺として、こんなもんかなと思えます。

 ま、油そばなんで、醤油辛いのは、そのルーツから考えて、食べている現在のこのエリア事情も考えてこういうものです。



 この期間限定 汁なしラーメン(油そば)は、もう終了しているみたいです。




 油そば(あぶらそば)とはスープのないラーメンの一種である。

 調味料を和えるラーメンであり、どんぶりの底にわずかに入った醤油やラードの入った濃いタレに、ラー油、酢などの調味料を好みでかけ、茹で上げた麺全体に絡めて食べる。具はメンマ、チャーシューなど少量。店によっては油そばではなく、「もんじゃそば」、「まぜそば」、「手抜きそば」、「あぶらーめん」などと称する。

<油そばの発祥>
 発祥は各説あり不明である。1952年に創業した国立市の一橋大学そばの「三幸」が、酒の肴として提供を開始したとする説、1958年に武蔵野市境の亜細亜大学そばの「珍々亭」で誕生し、その近くにある「丸善」との相乗効果により学生を中心に流行し発展したという説がある。古くからの油そばの店として知られている店として、小金井市の「宝華」、武蔵野市の「ぶぶか」がある。いずれにせよ東京の多摩地域、その中でも北多摩地域を発祥とする麺料理である。

<学生食堂での油そば>
 値段、ボリュームなどからが学生に人気の「油そば」が学生食堂の通年メニューに提供されている例もある。一部の学生食堂の名物メニューとなっている場合もある。(長岡技術科学大学広報141号)


社名:株式会社ハイデイ日高
本社所在地:埼玉県さいたま市 大宮区大門町 3-105 やすなビル6F
工場所在地:埼玉県行田市野3341-26 (行田みなみ産業団地)
設立年月日:昭和53年3月22日
昭和48年 2月:現会長によって中華料理「来々軒」をさいたま市大宮区宮町に創業。






開く コメント(7)

開く トラックバック(2)

 日高屋の前を通り過ぎようとしましたら、東北応援、盛岡冷麺というのが目にとまりました。

https://album.yahoo.co.jp/image/10256498/

 盛岡冷麺というのは食べたことがありませんが、韓国冷麺に似ているというのは聞いたことがあります。

https://album.yahoo.co.jp/image/10256499/

 一度食べてみましょう。

 盛岡冷麺、590円を注文します。

 焼肉屋でさんざん韓国風冷麺をいただいたので、それと比較してしまいます。

https://album.yahoo.co.jp/image/10256500/

 ワタクシ、この手の冷麺の麺は、とても弾力が強いのを好みます。糸コンニャクでもいいぐらいです。ですので、その希望にはあまり添っておりませんでした。

https://album.yahoo.co.jp/image/10256501/

 また、スープは、薄味でありながら、出汁がきいていて一本筋が通っている微妙な味わいを好みます。

https://album.yahoo.co.jp/image/10256502/

 それと比べてしまいますと、方向性がよくわからないぼんやりした味付けでございます。

 キムチも、浅漬けなのかな? 味わいに膨らみがありません。


 太平麺をいただいたときと同じように、ま、チェーン店やからしゃあないか、と思って店を出たのでございました。





熱烈中華食堂 日高屋のホームページ

<岩手盛岡冷麺>

 〔東日本大震災で影響を受けた会社を応援しよう!〕
 「盛岡冷麺」の麺は東北地方の会社から仕入れた特製の麺を使用しています。

 ※通常のラーメンは自社工場で製造した麺を使用しています

 〔復興応援メニュー〕岩手盛岡冷麺  590円


社名:株式会社ハイデイ日高
本社所在地:埼玉県さいたま市 大宮区大門町 3-105 やすなビル6F
設立年月日:昭和53年3月22日
資本金:1,625,363,422円
取引銀行:みずほ銀行 武蔵野銀行 三菱東京UFJ銀行 埼玉りそな銀行 三菱UFJ信託銀行

<経営理念>
1.〔貢献〕 私たちは、地域社会に必要とされる店作りに努めます。
2.〔挑戦〕 私たちは、夢に向かって挑戦し、進化し続けます。
3.〔感謝〕 私たちは、常に感謝の心を持ち、人間形成に努めます。

<経営ビジョン>
 駅前に「日高屋」がある、そんな当たり前の風景を夢見て、お客様においしい料理を、低価格で提供し、ハッピーな一日(ハイデイ)を過ごしていただく、そして、このことを通じて、会社の発展、従業員の幸せと社会への貢献を実現します。







開く コメント(11)

 関東地方だけで出店数を増やしている日高屋に行ってまいりました。

https://album.yahoo.co.jp/image/9461445/

 とりあえず、レモンハイ260円。

https://album.yahoo.co.jp/image/9461446/

 おつまみから揚げ260円。ふつうのから揚げの半量をおつまみから揚げとしてメニューに入れてあるのは、とっても素敵な顧客サービスです。限られた予算と胃袋でたくさんのメニューを楽しみたいという、孤独でさびしい一人呑みのニーズを的確に捉えています。

https://album.yahoo.co.jp/image/9461447/

 唐揚を260円でいただけるなんて、なんていい店なんだ。
 マヨネーズも付いているのはうれしいです。

 追加っ! ジューシーメンチカツも頼みましょう。190円っ! できるまで8分待ってくださいって、どんだけ大きいんや?

https://album.yahoo.co.jp/image/9461448/

 やってきたのは、ワタクシ的にはふつうの大きさでした。ん、メニューにはどこにもジャンボとは書いてありません。ワタクシの早とちりでございました。

https://album.yahoo.co.jp/image/9461469/

 かじったメンチカツの写真はお下品でございますので、食べる前に割ってみました。

 おつまみから揚げもジューシーメンチカツも、同じ大きさの皿、同じ量のキャベツの千切り、同じくマヨネーズがついてきています。

 あー、710円でございました。



熱烈中華食堂日高屋
 社名「ハイデイ日高」にちなんだ業態名を冠した、当社の主力業態で、当社が長年培ってきたノウハウが結集されています。看板メニューであるラーメンは、とんこつと鶏がらをベースとした秘伝のスープや麺、チャーシューにもこだわり、誰からも親しまれるおいしさを390円という低価格で提供しています。中華鍋を使い調理するニラレバ炒めなどの定食類も豊富に揃え、また、仕事帰りにも気軽に立ち寄れる店を目指し、アルコールやおつまみなども低価格で揃えています。

 いつ東京圏以外に進出するかな?











 

開く コメント(9)

開く トラックバック(1)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事