Pochi の 神戸・大阪 行ったり来たり

旨い、美味しいなどの単語を使わずに、どれだけ表現できるか。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

 小豆島にもギネスブックに記載されているところがあります。

 世界一狭い海峡、土渕海峡です。

 大辞林によりますと、海峡と言うのは両側から陸地にはさまれ、二つの海をつなぐせまい海でございます。ドーバー海峡などが有名でございます。

 その海峡が世界一狭い、というのはどれぐらいでしょう。

 迷路の街を抜けて、土庄役場の近くまでやってまいりました。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/341/341003.jpg

 普通に川が流れていて、橋がかかっています。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/341/341004.jpg

 どこに海峡があるのだろうと思いますが、その細い川が海峡でございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/341/341005.jpg

 海峡の上に、ふれとぴあ公園というのができております。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/341/341006.jpg

 何度見ても、これが海とは思えません。川でございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/341/341007.jpg

 でも、海なんでございます。






https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/341/341008.jpg


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/341/341011.jpg


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/341/341009.jpg


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/341/341010.jpg




土渕海峡 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

 土渕海峡(どふちかいきょう)は、香川県小豆郡土庄町の、小豆島と前島の間にある海峡である。

 全長約2.5km、最大幅は約400m。最狭幅は9.93mで、1996年ギネスブック認定の世界一幅の狭い海峡。海峡部の南側にある土庄町役場では横断証明書を有料で発行している。また海峡の最狭部分には香川県道26号土庄福田線、永代橋(えいたいはし)が架けられている。




開く コメント(10)

 エンジェルロードの近くに、迷路のまちという標識があります。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340645.jpg

 ん、そうなのか?

 昔ながらの街が残っているんだろうな。

 細い路地が何より好物のワタクシ、迷うために入り込みます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340646.jpg

 なるほど、路地が入り組んでいます。家と家との間の道がきわめて細く、全く区画整理されていない昔のままです。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340647.jpg

 そこに、地蔵のような樹脂の物体が無数に配置されています。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340648.jpg

 これって、なになんだろう? わかりませんが、人形がこのエリアに百体以上置いてあります。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340649.jpg

 役場のそばにはこんな大々的なゲートまで作ってあります。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340650.jpg

 迷路のまちの中には西光寺という寺がありまして、立派な朱色の三重塔があります。
 朱塗りの三重の塔がどこからでも見えますので、方向感覚がなくなっても、その塔を見ますとある程度の位置がわかるのです。

https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340651.jpg

 三重塔が建っているところが高台になっておりまして、そこから迷路の街を俯瞰することができます。
 上から見ますと、家と家が密集しています。この隙間を道が通っているんだな。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340652.jpg

 路地から太い道に出るところに、飛び出し坊やならぬ、飛び出しじいさんが立ってました。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340653.jpg






https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/341/341014.jpg

≪迷路の恋唄 作詩:井上泰好(「放哉」南郷庵友の会会員)≫

迷路の町

はじめて逢た土庄の
迷路の町は花もよう
曲がりくねった路地裏の
迷路を行けばお地蔵が
あっちこっちと指をさす

迷い迷った二人でも
手と手をつなぎ肩よせて
歩く迷路は想い道
こころとこころ結び合い
行けば天使の散歩道

星が降る降るこの町の
迷った道は誓い道
そぞろ寄りそう黒髪に
胸もみだれて見上げれば
恋の迷路は想い月










迷路のまち 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

 迷路のまち(めいろのまち)とは、香川県小豆郡土庄町(小豆島)にある迷路のように入り組んだ地域と周辺散策路の名称である。

 南北朝時代、備前児島の佐々木信胤が南朝方に寝返り、小豆島へと押し入り星ケ城を拠点に構えていた。これを討ち取るため北朝方の細川氏の軍勢が小豆島に攻めこみ、南北両朝の軍勢が陸海での総力戦となった際に佐々木勢が攻防に備え路地を複雑に入り組んだものにした、というのが土庄町周辺に残る迷路型路地の起こりである。日本ではこのような路地は次第に姿を消したため、今では珍しいものとなっている。

 地区内には西光寺や小豆島尾崎放哉記念館などがある。




西光寺 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

 西光寺(さいこうじ)は、香川県小豆郡土庄町にある高野山真言宗の仏教寺院。山号は王子山、院号は蓮華院。小豆島霊場五十八番札所。

 三重塔 - 西光寺中興400年の記念事業の一環として昭和50年(1975年)に建立された。塔名称は「誓願の塔」。和様、木造、本瓦葺。塔内に金剛界大日如来安置。



開く コメント(10)

 エンジェルロードのそばの小豆島国際ホテルでございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013406.jpg

 晩御飯はバイキングでございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013410.jpg

 バイキングへの会場への道が、なかなか素敵な雰囲気でございます。

 ホテルのバイキングでございまして、ホテルらしくさまざまな料理がずらりと並んでいます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013414.jpg

 とりあえず、ぐるりと一周しましょう。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013418.jpg

 天ぷらを目の前で揚げています。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013419.jpg

 刺身も、3枚ずつ椀に入っています。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013421.jpg

 醤油が3種類、おりぃぶ醤油、もろみ醤油、たまり醤油あります。おりぃぶ醤油はぽん酢みたいな感じ、もろみ醤油は半分味噌みたいです。たまり醤油は九州の醤油みたいにちょっと甘みを感じます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013422.jpg

 ここだけは、有料のお酒です。

 一杯ぐらい飲みましょうか。一番右の「海援隊」という焼酎をもらいましょう。ロックで。一杯600円でございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013423.jpg

 揚げ物。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013425.jpg

 焼きものや、骨付きソーセージまであります。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013426.jpg

 ささみのたたきもあります。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013427.jpg

 揚げたてのてんぷらがどっさり。とり放題です。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013428.jpg

 佃煮もこんなにたくさんの種類があります。

 さて、何をいただきましょう?



https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013430.jpg

 こんな皿に、ちょっとずつ。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013432.jpg

 味見をするように一番小さなのを獲ります。
 ハジカミなども綺麗ののせて、気分を出します。ローストビーフとか手羽先も綺麗に盛り付けましょう。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013433.jpg

 刺身は、タコとカツオ。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013434.jpg

 やっぱり、この骨付きウインナは外せません。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013435.jpg

 ウナギかと思って食べたら、なんか違う。ウナギじゃない魚の蒲焼でした。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013437.jpg

 スモークサーモンは二枚獲りましょう。枝豆とかオクラとかの夏野菜のピリ辛炒めです。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013439.jpg

 やっぱり、海老の天ぷらも外せません。カボチャの天ぷらと、大葉の肉詰めです。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013441.jpg

 これがサラダです。サラダのトッピングに、茹で豚とかイカなどがありまして、とってもぜいたくなサラダでございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013443.jpg

 タコの刺身、リターンっ!!


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013444.jpg

 もう一回えび天っ! えび天食べ放題!!! カボチャも一緒にリターンっ!


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013446.jpg

 蒸籠で蒸されていたシュウマイ。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013448.jpg

 寿司です。ばらずしとか巻き寿司とか。

 いなり寿司は関西風に三角です。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013449.jpg

 寿司を食べるなら味噌汁も。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013450.jpg

 ごはんと佃煮♪


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013452.jpg


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013453.jpg

 お茶漬けにして、ぞぞぞぞっ! といただきます。

https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013458.jpg

 ああ、お茶漬けが素敵です。もう一回佃煮を大量におかわり♪




https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013447.jpg

 お菓子も少しずつ。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013463.jpg

 ソフトクリーム。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013470.jpg

 ブドウ



 ああ、食べすぎて苦しい・・・・・






 のど元過ぎれば熱さを忘れる。

 次の朝も、バイキングです。朝からどれだけ食べることができるでしょうか。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013988.jpg

 バイキング会場へいそいそと歩きます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013990.jpg

 とりあえず、朝食らしくこれぐらいにしましょう。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013991.jpg

 ちょっとアップ。

 手前左から、ウインナ、高野豆腐、椎茸とカマボコ。

 むこう左から、鮭、タケノコ、出汁巻き玉子。甘くありません。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013994.jpg

 手前のジャコおろし、小皿に、なんやかなんや煮物。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013996.jpg

 温泉卵と漬物。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013997.jpg

 第二陣です。焼魚。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27013/27013999.jpg

 漬物や佃煮。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27014/27014000.jpg

 これはお茶漬けでいただきましょう。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27014/27014002.jpg

 食後にコーヒーで、これぐらいにしておいてやろうかっ!




小豆島国際ホテル 食べログ
住所 香川県小豆郡土庄町甲24-67 小豆島国際ホテル
TEL 0879-62-2111
営業時間
定休日 無休
禁煙・喫煙 分煙
駐車場 有
詳しい地図はこちらをクリック



開く コメント(8)

 エンジェルロードにやってまいりました。

 エンジェルロードって島に続く道があるのですが、これが潮の干満で消えたり現れたりするのです。

 ちょうど干潮の時に到着しまして、島へは太い道が続いています。

 この道(砂州)が細くなっていく様子を見てください。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340630.jpg


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340631.jpg


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340632.jpg


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340633.jpg

 時間が経つと、潮が満ちてきて、このように島まで歩いていけなくなります。いや、行けるか。濡れずに行くことができなくなります。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340634.jpg


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340635.jpg


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340636.jpg

 もうちょっと別の画角で撮りました。



https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340637.jpg


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340638.jpg


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340639.jpg





 潮の満ち引きって思ったより早くて、みるみるうちに、景色が変わってくるのでございます。




https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340642.jpg

 手前の山から見ると、砂州の様子がよくわかります。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340641.jpg

 では、この砂州を歩いてみましょう。潮干狩りをされている方もいらっしゃいます。
 ここを歩いていても、水面下になる場所ってイメージができません。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340643.jpg

 島の岩肌でございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340644.jpg




エンジェルロード 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

 エンジェルロードとは、香川県小豆郡土庄町銀波浦地区にある砂洲である。景勝地になっている。

 小豆島の前島から沖に浮かぶ中余島を経て大余島(総称・余島)へと続く約500mの細長い砂州の道。『天使の散歩道』とも呼ばれ、潮の干満により道があらわれたり海に消えたりする(トンボロ現象)。このため1日に2回干潮の時のみ渡ることができる。ただし、大余島は島全体が神戸YMCAの私有地(YMCA余島野外活動センター)のため歩いて行けるのは大余島の手前までである。

 「道の真ん中で手をつないだカップルは結ばれる」と口コミで噂が広がり、恋人の聖地、縁結びスポットとして小豆島のパンフレットにも載る観光地となった。

 国土交通省四国地方整備局による「四国のみずべ八十八カ所」に選定されている。

 なお、エンジェルロードの先にある余島は郵便事業株式会社から交通困難地に指定されている。瀬戸内海に所在する島で交通困難地に指定されているのはこの島が唯一である。



エンジェルロード
住所:香川県小豆郡土庄町余島
お問合わせ:0879-62-5300(小豆島観光協会)
交通:土庄港から小豆島バス小瀬行きで11分、国際ホテルで下車して徒歩5分。無料駐車場あり。
HP: http://www.shodoshima-kh.jp/angel/




開く コメント(8)

 小豆島オリーブ公園です。ここは、道の駅になっていて、入場料は無料です。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340583.jpg

 明治時代にはじめてオリーブの栽培に成功したのがこの小豆島です。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340584.jpg

 昭和59年にはオリーブ王国が建国されました。国王はキダタロー、宴会大臣がやしきたかじんなんだそうです。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340585.jpg

 オリーブ記念館から瀬戸内海の風景です。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340586.jpg

 ギリシャから地中海を望む景色が思い浮かぶそうでございますが、エーゲ海と似てるのかな?


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340587.jpg







 姉妹島であるギリシャ・ミロス島から贈られた風車があります。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340589.jpg

 この風車って、どうやって風で回るんだろう? 風車の先の小さな布に風をはらむのだろうか? こんなんで回るとは思えないんですけど・・・

 ハーブ園も併設されています。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340590.jpg

 その庭には、よくわからない植物があります。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340591.jpg

 毛がもやもやっと生えていて気色悪いです。


https://tabelog.ssl.k-img.com/diary/images/340/340592.jpg



小豆島オリーブ公園 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

 小豆島オリーブ公園 (しょうどしまオリーブこうえん)は香川県小豆島町にある小豆島町立のオリーブをテーマとする公園、テーマパーク。 明治時代に日本で初めてオリーブの栽培に成功したオリーブ園に隣接して、小豆島とオリーブの歴史文化を紹介する施設群が建設されている。

 ギリシャ風車 - 小豆島の姉妹島であるギリシャ・ミロス島から贈られた風車。平成4年建設。

小豆島オリーブ公園 → http://www.olive-pk.jp/map/index.html





開く コメント(6)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事