Pochi の 神戸・大阪 行ったり来たり

旨い、美味しいなどの単語を使わずに、どれだけ表現できるか。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

 大阪の丸ビルは、円筒形のビルです。丸いから丸ビルと呼ばれています。

 台湾まぜそばは、名古屋のハナビというお店が味仙の台湾ラーメンにヒントを得て作りだしたまぜそばです。ワタクシはハナビの台湾まぜそばを食べたいと思っておるのですが、東京には支店を出しているみたいですが関西にはありませんので、なかなか食べる機会を得ることができません。

 台湾まぜそばがブームになったので、台湾まぜそばを出すお店がいくつもできております。


イメージ 1


 大阪の丸ビルの地下にあるダイキ麺も台湾まぜ麺という名で台湾まぜそばを提供しております。


イメージ 2


 店の外の食券販売機で台湾まぜ麺の食券を購入します。
 唐揚も興味をひきましたので一つ分食券を購入いたします。一つにしたのは、例のムネモモ問題です。ワタクシ鶏の唐揚は是非とももも肉で作ってほしい、もも肉原理主義なのです。もしこの唐揚が胸肉で作られていたらとても悲しいのです。
 最悪の場合を考えると、最悪を確実に避けることができる「頼まない」という方法があります。しかし、その方法でしたら、もも肉で作られていたときに得られる喜びを、最初から放棄してしまうことになります。
 ですので唐揚を一つだけ頼んだのでございます。


イメージ 4


 お店に入り席に着き、お姉さんに食券を渡します。そのときに辛さを聞かれます。


イメージ 3


 ノーマルから中辛、大辛、激辛もあるようです。大辛というのが、名古屋の台湾まぜそばの辛さなんだそうです。昔なら迷わず大辛を注文していたでしょうけれど、最近は辛さを追求する根性がなくなってきましたので中辛にしましょう。

 まぜそばは、西東京で発祥した食べ物です。太麺にラーメンのスープのかえしだけを入れ、食べるときにかき混ぜて、かえしと麺をよく混ぜ合わせて食べるのが基本形です。
 おみせによっていろいろなトッピングがあります。トッピングはこれと言った定型があるわけでなく、いろいろな種類ができています。


イメージ 5


 まぜそばに、ミンチを唐辛子で激辛に炒めたのをのせたのが台湾まぜそばです。


イメージ 6


 やってまいりました。少量のご飯がついてます。


イメージ 7


 太麺にミンチをのせ、中央に卵黄があります。


イメージ 8


 ニラ、ネギ、シナチク、海苔などがのせてあります。


イメージ 9


 ぐりぐりとかき混ぜていただきましょう。
 ワタクシにはちょうど良いぐらいですので、一般的にはかなり辛いです。塩辛さはそれほど強くないので食べやすいです。


イメージ 10


 鶏の唐揚をかじります。

 よかった、弾力があり、なおかつ柔らかく、歯切れがよいもも肉です。

 台湾まぜそばは、一生懸命ミンチも一緒に食べようと努力しますが、やっぱりだいぶん残ってしまいます。
 そこに少量のご飯を入れます。そしてミンチとご飯が均等に混ざるようにぐりぐりかき混ぜます。まんべんなく混ざったところでいただきましょう。





ダイキ麺 食べログ
住所 大阪市北区梅田1-9-20 大阪マルビル B2F
TEL 06-6343-8489 050-5590-5101 予約不可
営業時間 [平日]11:30〜22:30(L.O.22:00)[土日祝]11:30〜22:30(L.O.22:00)日曜営業
定休日 不定休(大阪マルビルの定休日に準ずる)
支払い方法 カード不可
サービス料・チャージ なし
席数 36席 (カウンター11席、テーブル25席)
禁煙・喫煙 完全禁煙
交通手段 JR 大阪駅より徒歩3分 西梅田駅から121m
駐車場 無
オープン日 2016年3月1日
地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す





















もつ焼 焼鳥 手羽先 クジラ 馬刺
じゃ、又ね



開く コメント(6)

 いつの間にかブームになっている台湾まぜそばでございます。名古屋の花火の台湾まぜそばが人気でございまして、いろいろなお店で食べられていたのですが、いつの間にか東京にも飛び火しております。

 台湾ラーメンは、くどいようですが、台湾の食べ物ではありません。立派な名古屋飯でございます。
 名古屋市の今池の「味仙」という中華料理店のまかないとして食べられていたのが、いつの間にか名古屋・岐阜で食べられるようになっているラーメンです。唐辛子と一緒に炒めたミンチを丸くのせた醤油ラーメンです。

 それのまぜそば版が台湾まぜそばです。名古屋にはまぜそばは、あることはあったのですが、それほど人気がありませんでした。せいぜいつけ麺のお店がたくさんでき、男系のラーメン、男のなんちゃらという店の名前の二郎インスパイア系があちこちにできていて、まぜそばの土壌ができていました。台湾まぜそばをきっかけにいっきにひろがったのでございます。
 残念ながら、ワタクシまだ花火の台湾混ぜそばを食べたことがありません。一度食べてみたい物です。

 久しぶりに台湾まぜそばを食べようと思いましても、そのブームは関西には届いておりません。まぜそばを食べるという下地がないので、台湾まぜそばという食べ物がいまいち理解できないのではないでしょうか。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173618.jpg

 さらに神戸の三宮になると、ラーメン店は数多くあります。つけ麺の三豊麺が何軒か集中的に出店していたりして、どうにかつけ麺まではあるのですが、二郎インスパイア系は、二軒しかありません。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173619.jpg

 そんなところに、台湾まぜそばをメインとする店がセンタープラザ地下に出店しておりました。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173620.jpg

 自販機で食券を購入いたします。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173621.jpg

 なんと、台湾まぜそばには大盛りの設定がございません。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173622.jpg

 普通盛りのみでございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173628.jpg

 夕ご飯時ですが、お客さんがパラパラです。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173626.jpg

 テーブルには、台湾まぜそばの食べ方が書いてあります。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173625.jpg

 テーブルの調味料に、ラー油とか昆布酢とかがあります。これらで味変できます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173629.jpg

 台湾まぜそばがやってきました。追い飯もついてます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173630.jpg

 まずは徹底的に混ぜくりたおします。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173631.jpg

 見た目に麺がつるっとしています。ワタクシは低加水の二郎っぽい太麺が好きなので、この時点で少し残念です。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173633.jpg

 果たして麺はどんなものでしょう。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173634.jpg

 いただきますと、見た目通りつるっとして、ごわごわした硬さがありません。辛さもそれほどではありません。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173635.jpg

 台湾ラーメンというからには、罰ゲームみたいな辛さを期待してしまうのは、名古屋の味仙の台湾ラーメンを経験してるからでしょうか。数段マイルドな台湾混ぜそばです。ちょっとニンニクを追加します。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173637.jpg

 どれだけ麺にミンチを絡めて食べようとしても、ミンチが残ってしまうのでございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173638.jpg

 追い飯システムはよく考えられたものでございます。


https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44173/44173640.jpg

 大量に残ったミンチを無駄にすることなく有効利用できます。






台湾まぜそば 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

 台湾まぜそば(たいわんまぜそば)とは、愛知県名古屋市にて提供されるラーメンの一種である。名古屋めしの一種とされる。

 台湾ミンチ(鷹の爪とニンニクを効かせた醤油味のピリ辛ミンチ)を極太麺に乗せた、汁無し麺の一種である。代表的な具は台湾ミンチ、生の刻んだニラ・ネギ、魚粉、卵黄。好みでおろしニンニクを入れ、よくかき混ぜて食べる。通常の麺だと汁が無いので具が絡まりづらいため、あえてざるの中で麺の表面を傷つけ、絡みやすくしているのも特徴。提供される店舗によっては「追い飯(おいめし)」と呼ばれる、麺を食べきった後に丼に残る台湾ミンチやタレに白めしを投入するサービスがある。

 2008年10月に名古屋市中川区に本店を持つ麺屋はなび高畑本店が発祥店である。主人が愛知県名古屋市発祥の名物料理「台湾ラーメン」を作ろうと思い、具材の台湾ミンチを作るも当時のスープに合わず断念。そのミンチを捨てようとしたところ、当時勤務していたアルバイトの1人に「茹で上げた麺にかけてみたらどうでしょう?」と言われたのが始まりとされる。それをきっかけに研究し、何度もマイナーチェンジを繰り返し現在の台湾まぜそばが完成した。

 現在では台湾ラーメンと同様に、名古屋めしの一種となり、東海圏のみならず、関西圏・関東圏でも様々な店が各店の特徴を加えながら提供している。2013年の名古屋めし総選挙で準グランプリを受賞し、当時の名古屋市長である河村たかしから表彰された。




てっぺん 食べログ
住所 兵庫県神戸市中央区三宮町1-8-1 さんプラザ B1F
TEL 078-599-7978 予約不可
営業時間 11:30〜15:00(L.O.14:30) 16:30〜20:00(L.O.19:30) 日曜営業
定休日 火曜日・第三水曜日
カード 不可
席数 29席
個室 無
禁煙・喫煙 完全禁煙
交通手段 神戸三宮駅(阪急)から144m
駐車場 無(サンセンタープラザ駐車場有り)
ホームページ https://www.facebook.com/menya.teppen
オープン日 2014年12月17日
詳しい地図はこちらをクリック 周辺のお店を探す

じゃ、又









開く コメント(6)

 ありゃ、いつの間にこんな店ができたんだろう? 新しいラーメン屋がありました。


イメージ 1


 鳥白湯ラーメンと台湾混ぜそばのお店です。


 いやぁ、なんて取り合わせなんだ、この二つのメニュー。ほかにも種類があるのかな?


イメージ 3


 台湾まぜそばは、名古屋のはなびと言う店が、台湾ラーメンを元にしてまぜそばを作り出したそうなのです。台湾ラーメンと言えば名古屋のご当地グルメでございますから、名古屋や岐阜で台湾まぜそばをみても、ふーん、ぐらいでおわるのですが、これがなんと東京でも台湾まぜそばのお店が何軒もあって驚いたのがこの前で、こんどは奈良に発見したので、かなりびっくり、しゃっくり、ブロッコリでございました。


イメージ 4


 ま、台湾まぜそばを食べたいので、ほかのラーメンはなにがあっても同じなのですが。


イメージ 2


 お店に入って、自販機で台湾まぜそばの食券を購入します。台湾まぜそば780円、麺大盛り100円の二枚の食券を購入し、カウンターに座ります。ああ、つい、大盛り券を買ってしまった。


イメージ 5


 やってまいりました台湾まぜそばです。


イメージ 6


 熱い太麺の上にニラやネギや魚粉をのせ、その中央に激辛のミンチをのせ卵黄をトッピングしてあります。


イメージ 7


 まぜそばを食べる作法は、下品であろうが無かろうか、徹底的に混ぜくりたおして、麺にトッピングをすべて絡ませてからいただきます。


イメージ 8


 うん、辛い。ちゃんと辛い。味仙の台湾ラーメンほどではありませんがしっかり辛いです。でも、ヒーヒー言って水で冷やさなければならないほどの辛さではありません。汗もほとんど出ませんから、辛さはそれほどでもないのかもしれません。
 そして、東京の一般的なまぜそばほど塩辛くありません。東京発祥のまぜそばは、とっても塩辛くてのどが渇く手血圧が上がりそうなのでございます。
 その塩分を少な目にしているのは、ワタクシにとってはありがたいです。

 まぜそばを食べるこつを最近会得しまして、それは単純ですが、食べている間中、麺をまぜくりたおすのでございます。でないと、トッピングやタレが麺の下に残っていて、とってももったいない思いをするのでございます。

 台湾まぜそばの場合、そこにトッピングやタレが残るのを前提に、追い飯というシステムが構築されています。


イメージ 9


 麺を食べ終わると、少しだけご飯を入れてくれるのです。


イメージ 10


 これをまたまたかき混ぜていただきますと、残っていたミンチやタレを余さず食べることができます。

 ごちそうさま。





やまひで 食べログ
住所 奈良市大宮町6-3-29
TEL 050-5570-7630 (予約専用番号) 0742-34-1129 (お問い合わせ専用番号)
営業時間
定休日
オープン日 2014年11月4日
交通手段 新大宮駅から166m




開く コメント(4)

 ん、台湾まぜそば?


イメージ 1


 これを見たのが名古屋岐阜エリアならば、ナンの迷いもなく台湾ラーメンのまぜそばバージョンだなと思うのですが、ここは中京圏でなく、花のお江戸、新宿でございます。


イメージ 2


 台湾ラーメンは、台湾で食べられているラーメンではなく、名古屋のご当地グルメでございます。ラーメンにとても辛くしたミンチをのせてある、見た目以上に激辛のラーメンなのです。発祥もわかっていて、名古屋の味仙が発明したラーメンなのです。


イメージ 3


 店の前に貼ってあるポップを見ますと、名古屋発と書いてありますので、あの台湾ラーメンのまぜそばバージョンでございます。

 名古屋ではまぜそばという食べ物はあまり普及しておりませんので、ごく一部の店でしか台湾まぜそばを食べることができません。


イメージ 4


 台湾まぜそば850円の食券を購入します。


イメージ 5


 カウンターに座って食券を渡します。ニンニク抜きでお願いします。


イメージ 6


 カウンターの上には、ラー油、酢、マヨネーズなどがあります。


イメージ 7


 そして、ご飯用に「ゆかり」まで置いてあります。微妙に名古屋でございます。


イメージ 8


 7分ほど待って、ようやく台湾まぜそばがきます。


イメージ 9


 中央にミンチがあり、その上に卵黄がのっています。それを取り囲むように、ニラ、ノリ、ネギ、魚粉、塩昆布が置いてあります。


イメージ 10


 ニラと言うところが台湾ラーメンにルーツを置いているのだな、と感じさせます。


イメージ 11


 これらを食べる前に混ぜくりたおしすのが、まぜそばの作法です。麺の底にはタレがたまっていまして、これがずいぶん醤油辛いのでございます。この写真になるぐらいまぜたワタクシです。

 ちょっと山椒の味がします。でも、あまり辛くないのです。罰ゲームのように辛いのが台湾ラーメンなので、かなり肩すかしでした。

 食べている途中で飽きてきますので、マヨネーズを追加して味変します。


イメージ 12


 ご飯を無料でもらえますので、食べ終わった残りにご飯を入れることを推奨していますが、油もたくさんありますので、肉の部分をご飯にかけていただくことにしました。


イメージ 13


 こんな感じでご飯にのせて、いただきました。





台湾まぜそば 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

 台湾まぜそば(たいわんまぜそば)とは、愛知県名古屋市にて提供されるラーメンの一種である。

 台湾ミンチ(鷹の爪、ニンニクを効かせたしょうゆ味のピリ辛ミンチ)を極太麺に乗せた、まぜそばの一種である。提供される店舗によって「追い飯(おいめし)」と呼ばれる麺を食べきった後に丼に残る台湾ミンチやタレに白めしを投入するサービスがある。

 愛知県名古屋市がその発祥で、名古屋めしの一種とされる。

 2008年10月に名古屋市に本店を持つラーメン店の主人が台湾ラーメンを作ろうと思い、台湾ミンチを作るも当時のスープに合わず断念。失敗したミンチを捨てようとしたところ当時勤務していたアルバイトの1人に「茹で上げた麺にかけてみたらどうでしょう?」と言われたのが始まりとされる。それをきっかけに研究し、何度もマイナーチェンジを繰り返し現在の台湾まぜそばが完成した。

※日本テレビの「人生が変わる1分間の深イイ話(2013年10月28日)」再現ドラマ参照。 愛知県名古屋市発祥のラーメン「台湾ラーメン」と同様に、名古屋めしの一種となっている。

 名古屋市中川区の麺屋はなび高畑本店が発祥店である。
 名古屋めし総選挙で準グランプリを受賞-当時の名古屋市長から台湾まぜそばで表彰される。
 台湾まぜそばは東海圏のみならず、関西圏・関東圏でも様々な店が台湾まぜそばを提供している。




あびすけ 西新宿7丁目店 食べログ
住所 東京都新宿区西新宿7-11-2 ASP西新宿ビル 1F
TEL 03-3362-1858
営業時間 10:30〜23:30(LO23:30)
定休日 ほぼ年中無休
カード 不可
席数 12席 (カウンターのみ)
禁煙・喫煙 完全禁煙
交通手段 新宿駅西口より徒歩3分 新宿西口駅から170m
駐車場 無
ホームページ http://www.abisuke.com
オープン日 2012年5月17日
備考
●ライス1杯無料。さらに加えて『追い飯』も無料。
●『追い飯』とは、麺を食べ終えた後に半ライスを投入してシメる作法。特に『台湾まぜそば』においては、追い飯は必須の作法。
●すなわち、麺メニューを注文すると、ライスが『1.5杯分』無料。



開く コメント(11)

 前回、つけ麺をいただいた俺めし55にまたまたやってまいりました。

https://album.yahoo.co.jp/image/8779186/

 こんどは、台湾まぜそば 800円 なるものを注文いたしました。

https://album.yahoo.co.jp/image/9370229/

 もちろん大盛りで。このお店、大盛りの追加料金は無料なんでございます。

 まぜそばは、油そばとか言われたりしています。wikiを調べてみますと、東京の北多摩地域が発祥のようです。

油そば出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 油そば(あぶらそば)とはスープのないラーメンの一種である。

 調味料を和えるラーメンであり、どんぶりの底にわずかに入った醤油やラードの入った濃いタレに、ラー油、酢などの調味料を好みでかけ、茹で上げた麺全体に絡めて食べる。具はメンマ、チャーシューなど少量。店によっては油そばではなく、「もんじゃそば」、「まぜそば」、「手抜きそば」、「あぶらーめん」などと称する。

<油そばの発祥>
 発祥は各説あり不明である。1952年に創業した国立市の一橋大学そばの「三幸」が、酒の肴として提供を開始したとする説、1958年に武蔵野市境の亜細亜大学そばの「珍々亭」で誕生し、その近くにある「丸善」との相乗効果により学生を中心に流行し発展したという説がある。古くからの油そばの店として知られている店として、小金井市の「宝華」、武蔵野市の「ぶぶか」がある。いずれにせよ東京の多摩地域、その中でも北多摩地域を発祥とする麺料理である。

<学生食堂での油そば>
 値段、ボリュームなどからが学生に人気の「油そば」が学生食堂の通年メニューに提供されている例もある。一部の学生食堂の名物メニューとなっている場合もある。(長岡技術科学大学広報141号)


 で、台湾まぜそばの台湾ですが、これは名古屋の今池にある味仙のまかない料理が発祥の、トウガラシをたっぷり使ったミンチ肉とニラをのせたラーメンでございます。


台湾ラーメン 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』]

 台湾ラーメン(たいわんラーメン)は、主に中京圏の中華料理店・台湾料理店にて供される、辛く味付けされたラーメンの一種である。愛知県名古屋市がその発祥で、名古屋めしの一種とされる。


<概要>
 豚挽き肉・ニラ・長ねぎ・モヤシなどをトウガラシで辛く味付けして炒め、醤油ベースのスープを加えて茹でた麺にかけたものである。ニンニクをたくさん入れるのも特徴の一つ。

 1970年代に、名古屋市千種区今池にある台湾料理店『味仙』(みせん)の台湾人店主が、台南名物の担仔麺を元に賄い料理として作ったのが起源とされる。名古屋人の好みに合わせて味付けを辛くしたもので、台湾人店主が考案したため『台湾ラーメン』と名付けられた。本場台湾では四川風などの辛い麺料理はあるが、同一の激辛ラーメンは存在しない。

 この麺は以前から店のメニューとして存在しており、一部の客の間だけで愛されていた。急激に広まったのは激辛ブームに沸いた1980年代中期からで、辛い料理として多くのテレビ番組で取り上げられた。「トウガラシに含まれるカプサイシンには痩せる効果がある」「具材のニラなどでスタミナが付く」などといった触れ込みによって人気に火が付いた。

 その後、台湾ラーメンは周辺の飲食店にも影響を及ぼすようになった。例えば、名古屋大学生協の学生食堂やトヨタ自動車の社員食堂などではレギュラーメニューとして取り扱っており、固定ファンが多い。
 現在では、名古屋市内の中華料理店のおよそ半分がメニューに置いている。台湾ラーメンは既に名古屋のご当地ラーメンの一つになっていると言える。しかし、中京圏以外の地方では台湾ラーメンを取り扱う店舗は殆どなく、大阪府などの一部の地方で若干取り扱っている店を目にする程度で、日本中で高く認知されているとは言えない状況である。 
 なお、台湾ラーメンが広く知られている中京圏内の中華料理店でも、台湾ラーメンを四川風の担担麺と混同している料理人もいる。その為、台湾ラーメンを担担麺と称して出す店もある。また非常に辛いため、辛さを苦手な人にも配慮した、アメリカンコーヒーと同じく辛さを薄くした「アメリカン」も存在する。名古屋に出展している博多ラーメン店においては、とんこつラーメンを台湾ラーメン風にアレンジして出す場合も見られる。



 この、北多摩地区と中京地区の合作の「台湾まぜそば」というのは、とっても珍しく、このお店で見かけたのが初めてでございました。

https://album.yahoo.co.jp/image/9370001 https://album.yahoo.co.jp/image/9370005

 注文しますと、すりごま、花山椒、カレー粉、液体マヨネーズなどの調味料をもってきてくれます。これらを好みでかけてくださいとのことでした。

 また、タマゴ等のトッピングも、レジのところに並んでいて、好きなだけ使って良いのでございます。


https://album.yahoo.co.jp/image/9370007/


 やってまいりました、台湾まぜそばでございます。

https://album.yahoo.co.jp/image/9370030/

 想像どおりの品物がやってきました。あまりに想像どおりだったのでございます。

https://album.yahoo.co.jp/image/9370032/

 これらをグチャグチャとまぜまぜいたしましていただきます。


 途中で飽きてきますので、マヨネーズ液とかカレー粉をかけますと、また、別の味わいになって、飽きることなくいただくことができたのでございました。




つけ麺・肉そば 俺めし55
住所: 岐阜県羽島郡岐南町上印食7-24-1
アクセス: 岐南インターより車で北へ2分
TEL: 058-240-6106
平均予算: 900円 営業時間:11:30〜15:00/17:00〜23:00
定休日: 無休
総席数: 78席
駐車場: 30台
URL: http://www.gifu-kassei.com/group/oremeshi55.html





ミシュランより 先に見つけたっ!

じゃ、又



開く コメント(5)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事