p2k8 BLOG SKY

天文・自然の写真を中心にその他色々紹介*

全体表示

[ リスト ]

星雲内部を白飛びさせずに中間域強調

前回の記事でご紹介した数十秒間の手動追尾による星雲撮影(M42)の画像を使っての画像処理。露光中は脳内追尾ですので、撮影結果として星はグチャグチャに踊って見苦しくなりますが、もともとぼんやりしている星雲のほうはあまり影響を受けません。そこで、このブレまくりの画像を3枚コンポジット合成して、トーンカーブ調整、色合い調整、ウェーブレット変換などの処理を施し、美しいM42の写真に仕上げました。


夢と挑戦

自分で撮ったM42…。幼少からの夢が叶ったようで感慨深いものです。なお、今までの天体写真は専らはガイドの必要のない月惑星ばかりでした。画質や恒星像の乱れを見ても判るように芸術作品としてはかなり失格ですが、星雲内部のディテールはよく写っています。今まで本でしか見たことのなかったM42のピンク色の広がりを自分で描出できたことは大きな達成感です。この勢いで来年はガイド撮影デビューを目指します。


画像処理後

M42 オリオン大星雲
イメージ 1
撮影日時 : 2006年12月18日 22:36, 22:54, 22:55
撮影地 : 熊本県熊本市
カメラ : ニコン D70
露出時間 : 18秒, 48秒, 15秒の3枚合成
望遠鏡鏡筒 : ビクセン R200SS (口径200mm 焦点距離800mm, F4)
赤道儀 : ビクセン GP赤道儀
撮影方法 : 直焦点・手動追尾撮影(赤経微動ハンドル手動)
※Photoshop-E.、RegiStax3にて画像処理: 回転、レベル調整、色調整、トリミング

この調子でいつかM31も撮りたいですが、北の空は建物の影になっており導入できません。

−−−−−−−−
p2k6◇手動追尾魂

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事