p2k8 BLOG SKY

天文・自然の写真を中心にその他色々紹介*

全体表示

[ リスト ]

土星【1月31日撮影】

去年11月より故障していたデジタルビデオカメラがこの度返ってきましたので(保障期間中に付き部品交換修理費1万6千円が無料です)、再び惑星撮影できるようになりました。空高く昇ったしし座の土星、夜明け前にアンタレスと並ぶ木星…。これからは木星と土星が旬です。

コリメート

土星
イメージ 1
撮影日時 : 2007年1月31日 21時40分頃
撮影地 : 熊本県熊本市
カメラ : ソニー DVR-HC90
望遠鏡鏡筒 : ビクセン R200SS (口径200mm 焦点距離800mm, F4)
アイピース : ビクセン LV5mm
撮影方法 : コリメート撮影
※RegiStax3にて処理: 500数十フレームをスタック&ウェーブレット変換処理
※Photoshop-E.にて処理: 縦横比、回転、トリミング等


さて、土星を撮影するのは1年1ヵ月ぶりです。しばらく見ない間に、土星の環がこんなに細くなっていました。まだまだ先のことだと思っていた「土星環消失」が近づいてきます。

土星の環の開きは、1995年に真横から眺める状態となり「消失」し、話題となりました。当時私も見ましたが、本当に真ん丸いだけの土星でつまらないものでした。

その後、環の傾きは徐々に開いていき、2002年に最大に開き、土星本体を取り囲むほどとなりました。現在は、再び土星が細くなっている最中、というわけです。

そんな近年の土星環の経年変化を見てみましょう。
土星2003-2007
イメージ 2

年々環の傾きが小さくなっているのが判りますね。2003年のものはコンパクトデジカメによる撮影です。あまり解像度はよくありませんが、このような惑星撮影においては反射望遠鏡よりも屈折望遠鏡のほうが高コントラストでシャープに撮影できるようです。

今年の土星シーズンではシーイングの良い夜と南中時を狙って撮影を繰り返し、画質のレベルアップを図り、当ブログでも随時画像をご紹介したい所存であります。
−−−−

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ビデオカメラが直って良かったですね。土星が衝の時期だし、木星もこれからなので、グッドタイミングですね。

2007/2/1(木) 午前 8:50 ヨネヤン 返信する

顔アイコン

実は、昨シーズンの土星・木星は面倒臭がって1〜2度しか撮っていませんでした…。なのでこれからDVでの土星・木星撮影を頑張っていくつもりです。目指すはカッシーニの空隙!

2007/2/3(土) 午前 8:56 p2k*_n*t 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事