p2k8 BLOG SKY

天文・自然の写真を中心にその他色々紹介*

全体表示

[ リスト ]

金星【2月20日撮影】

この日はシーイングが良かったので、宵の明星・金星を望遠鏡にて撮影しました。それでも低空の為、金星の像は絶えず揺ら揺らしていましたが、140フレーム使用していますので、綺麗な金星の形が浮かび上がりました。しかし輪郭がはっきりしないので、ピントは正確にあっていなかったのかもしれません。


低空の金星

金星
イメージ 1
撮影日時 : 2007年2月20日 18時45分
撮影地 : 熊本県熊本市
カメラ : ソニー DCR-HC90
望遠鏡鏡筒 : ビクセン R200SS (口径200mm 焦点距離800mm, F4)
アイピース : ビクセン LV5mm
撮影方法 : コリメート撮影
※RegiStax3にて処理: 約140フレームをスタック&ウェーブレット変換

金星が月のような形をしているのが判ると思います。最近は、立て続けに木星と土星を撮影し、当ブログで写真を掲載してきましたが、金星はそれらの惑星に比べ面白みに欠けます。なぜなら、表面模様が一切写らないからです。金星の表面は二酸化炭素の厚い雲に覆われており、のっぺらぼうなのです。探査機ならば話は別ですが、我々が望遠鏡を用いて撮影する金星の写真から得られる情報は、せいぜい色と満ち欠けの形ぐらいでしょう。

これから金星は近づきながら半月、そして三日月状へと変化していき、見頃を迎えます。当ブログでも金星の満ち欠けの過程を追って行きたいです。
−−−−

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事