p2k8 BLOG SKY

天文・自然の写真を中心にその他色々紹介*

全体表示

[ リスト ]

部分日食は曇り空の中

当地・熊本では部分日食が見られました。しかし本日の部分日食は曇天のため撮影はおよそ失敗です。終始、薄雲越しに太陽がおぼろに見えている状態でした。薄雲越しに見えているといっても水蒸気の多い雲だったのでしょうか、日食中太陽はずっとぼんやりしており輪郭が全く判りません。欠けたかどうかも確認できませんでした。


第一接触6分前

曇天の空にぼんやり浮かぶ太陽
イメージ 1
撮影日時 : 2007年3月19日 10時51分
カメラ : ニコン D70
露出時間 : 1/8000秒
レンズF値 : F5.6

この空模様が日食終了時まで続いておりました。薄雲越しの太陽とはいえ、このような状態では食分の小さな今回の日食は判らないはずです。

最大食分の頃

欠けた太陽(食分0.05)
イメージ 2
撮影日時 : 2007年3月19日 11時28分
撮影地 : 熊本県熊本市
カメラ : ニコン D70
露出時間 : 1/4000秒
レンズF値 : F13.0

今回は望遠鏡にカメラを取り付けての直焦点撮影に挑んだのですが全然ピントが合わせられず(薄雲越しなので太陽が暗いため)、結局一眼レフデジカメのズームレンズズーム端(70mm)にてノーフィルターで撮影。アンシャープマスクを強力にかけたら辛うじて太陽が欠けているのが判る画像になりました。

今月は4日に月食、19日に日食と、食の当たり月でした。3月4日の部分月食(満月)を写真に収めてからちょうど15日。今度は部分日食(新月)を撮影して両方の写真を揃えたかったのですが、本日は気圧の谷の影響で薄曇り。上のようなショボい写真しか得られませんでした。

次はいよいよ2009年7月22日に日本の屋久島周辺で皆既日食!とその前に2008年夏のシベリアか中国方面の皆既日食は遠征しようか迷い中。そろそろ1年を切るので決断せねばなりませんちなみに10年前の1997年3月9日には7割も欠けた部分日食で、人生初の日食デビューを果たしました。その次は1998年8月にほんの僅かだけかけた日食を、2002年6月4日は台風接近中の雲間から一瞬だけの日食、2004年10月14日は飛行機で遠征して食分を稼ぎました。今度は皆既デビューです

−−−−

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事