p2k8 BLOG SKY

天文・自然の写真を中心にその他色々紹介*

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

1枚目:月と金星と飛行機
撮影日時 : 2005年8月8日 19時18分
撮影地 : 愛知県常滑市
カメラ : ニコン D70
撮影方法 : 手持ち撮影
露出時間 : 1/3秒
レンズF値 : F4.0
露出制御モード : マニュアル設定
レンズ : Nikkor 18.0-70.0(mm) F3.5-F4.5
レンズの焦点距離 : 31.00(mm)
ISO設定 : 320

※Photoshop-E.にて画像処理:トリミング、レベル補正、アンシャープマスク

2枚目:月と金星と飛行機
撮影日時 : 2005年8月8日 19時25分
撮影地 : 愛知県常滑市
カメラ : ニコン D70
撮影方法 : 手持ち撮影
露出時間 : 1/2秒
レンズF値 : F4.0
露出制御モード : マニュアル設定
レンズ : Nikkor 18.0-70.0(mm) F3.5-F4.5
レンズの焦点距離 : 29.00(mm)

※Photoshop-E.にて画像処理:トリミング、レベル補正、アンシャープマスク


【星景】セントレア空港展望デッキにて

8月8日に見られた月と金星の接近の様子です。中部国際(セントレア)空港展望デッキにて撮影しました。「固定撮影」と言いたいところですが、実は三脚は使っていません。手持ちでの撮影です。旅行の荷物がゴチャゴチャしていて三脚を出すのが億劫だったのと、展望デッキの柵の隙間が小さいため、三脚を使うと写野に柵が被る可能性があったためです。こんな時、手ブレ補正機能の付いたCPUレンズの存在が恋しくなります。薄明時の星景写真では三脚を使うか塀にカメラを押さえ付けて撮るか、微妙な判定基準です。この画像でも、手すりの棒にカメラをくっつけただけの固定なので、ブレてしまっています。特に2枚目はブレが酷いので解像度を下げることで誤魔化しています。今思えば、ISO感度を上げておけばよかった、と後悔してしまいます。D70はISOの設定値を1000ぐらいまで上げてもあまりノイズは目立たないのです。2枚目の画像は、三脚に固定してさらに露出時間を長くすれば、地球照が写ったと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
今シーズンの宵空の金星はあまり高くなりません。p2k5

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事