ここから本文です
ロックおたく

書庫全体表示

まずはフレット磨き!

指板やアバロンインレイを痛めないように
念入りにマスキング。

イメージ 4

弦交換だけのつもりが、ついでにと思い切って
宿題に取りかかった。

フレット端のバリ取り!

専用のヤスリが売ってるんだけど
けっこう値が高いので、手持ちの道具と
念入りな養生で、手間をかけることにした。

イメージ 5

指板保護プレートと念入りなマスキングで
指板を傷つけないように、注意しながら
ヤスリ掛け。

紙ヤスリは散らかるので、
代わりに研磨スポンジで磨く。

最後にコンパウンドで、仕上げ。

イメージ 6

角が丸まって、ピカピカになった。


マスキングテープを剥がしたら、
次は指板の掃除。

イメージ 7

専用のレモンオイルで、汚れを拭き取る。


そして、
塗装してないエボニー指板が乾燥しないように
レモンオイルを染み込ませる。

イメージ 8

ギター用ポリッシュクロスをつかって、
ボディーを磨く。

スプレータイプのポリッシュは
臭いし、塗装を痛めててしまう可能性があるので
あまり使わない。

普通のクロスで落ちにくい汗や脂も、
このポリッシュクロスならキレイになる。

でも、磨きスギ注意!


弦が張ってあると、磨きにくい場所を
念入りにキレイにしてから、
新しい弦を張る。

イメージ 1

ダンロップ製の枕と、電動ワインダーで
ラクをする。

さて、気づいた人いるかな?

ペグをGOTOH マグナムロックHAPM に
交換してある。

イメージ 2

アコギにロックペグ???
と、思うでしょ!

これが、すごくいい!

イメージ 9

「チューニングの安定」はもちろんだけど
ロックペグの隠れた利点は、
「弦のねじれが少ないこと」だとおもう。

事実、ペグを交換したら、
音量が増えて、サスティーンも長くなった。

なにより、弦交換が凄くラク!

イメージ 3

チューニングして完了!

イイ音してる。
フレットの引っかかりもない!

GOOD!!




www/kyohmitozai.com



この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事